5年ぶり10連勝!でも、喜べる内容ではない?

7/30 巨人−中日(東京D)

中日 | 0 2 0 | 5 0 0 | 2 0 1 | 10
巨人 | 1 0 0 | 0 0 1 | 2 0 3 | 7

中日:○マルティネス(5勝2敗)岡本、平井、落合、高橋聡、S岩瀬(1勝1敗27セ)−谷繁
横浜:●野間口(3勝3敗)内海、シコースキー、前田−小田

HR:井上 7号(2回2点野間口)福留 16号(9回1点前田)
   仁志 7号(9回1点落合)

 中日は初回に先制されるも、2回 井上の7号2ランで逆転。
4回には福留、アレックス、荒木の適時打など打者10人の猛攻で一挙5点。
終盤に巨人の反撃には遭ったが、8回、9回にダメを押したのが効き
最後は岩瀬で締めくくり5年ぶりの10連勝をマークした。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

e0022461_1342251.jpg試合には勝ったものの…
最後は読売の反撃に遭い不細工な形での逃げ切り勝ち。
今は勝って阪神とのゲーム差を縮めることが大事とはいえ、余りにも醜い勝利だった。
先発マルティネスもやはり足を絡められると、まだまだ不安。
鈴木、矢野といった読売新生1・2番コンビにいいように振り回された格好。
味方が大量点を取ってくれていたからいいようなものの
マルティネスは巨人が相手なら大丈v(笑)はもう通用しないと思ってもいい。
そしてマル以上に不安なのが、平井と落合。
去年のドラを支えてきたこの二人だが、今年は前半戦からの不調をまだ脱しない様子。
点差があったからいいようなものの、接戦でこの二人はとても使えない。
高橋聡がここ数試合調子が落ちている状態なだけに
岩瀬に繋ぐ掛け橋が岡本だけでは、これからの戦いは厳しいと言わざるを得ない。

実力あればこその運
昨日の試合は本来負けていても全く不思議ではなかった。
「運がいい」とか「運が悪い」とよく言われるが
これは結果を見て後から都合よく使う言葉であって適切な表現ではない。
昨日、運が悪いと誰もが思った江藤の屋根直撃にしても
いい当たりを打ったにも関わらず、そこに屋根があったというのは運かもしれないが
それが「レフトフライになった」というのは運ではないと僕は思う。
先日のオールスター第一戦で西武ドームの屋根当たった清原の打球を
その時レフトの守備に着いていた西武和田は落球してしまう。
このように本拠地で守っていた和田でも難しい屋根に当たったボールを
昨日の英智は落下ポイントが分っていたかのように待ち構えていた。
もし英智の判断が誤っていたら・・・
当然読売に1点が入り、その後の展開ではさらに追加点ということも考えられた。
江藤の打球に運よりも英智の実力を感じた昨日の試合だった。

それにしてもニ岡ってあんなに守備が下手でしたか?
昨日は二岡と作戦上の理由で起用(笑)の小田に助けられました。
ありがとうw


にほんブログ村 野球ブログへ
でらDra を応援して下さりありがとうございます。
打って 打って 打ちまくりの昨日のドラゴンズ。
たくさんのドラファンが集まるブログ村、ブログランキングを見てみよう!

[PR]

# by kuunn_17 | 2005-07-31 13:44 | '05 Dragons 観戦記

もう、どうにも止まらない〜9連勝♪♪

7/29 巨人−中日(東京D)

 中日 | 0 0 0 | 0 0 2 | 1 1 0 | 4
 巨人 | 0 0 0 | 0 0 0 | 0 0 0 | 0

中日:○川上(10勝3敗)− 谷繁
巨人:●工藤(8勝6敗)前田、ミアディッチ、岡島 − 阿部

HR:中日 ウッズ 21号(7回1点前田)川上 1号(8回1点ミアディッチ)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

e0022461_23594066.jpgチーム一丸!自分がやるべき事
中日は憲伸の開幕戦以来の完封勝利で、引き分けを挟んで連勝を9に伸ばした。
勝利の立役者は憲伸はもちろんだが
6回二死一二塁でタイムリーツーベース大西を忘れてはいけない。
前の打席(4回二死満塁)での凡退の鬱憤を気合いで見事に晴らしてくれた。
しかし、この大西の活躍も目を見張るものがあるのだが
僕が今のドラゴンズの強さを垣間見たシーンは他にあった。
それは7回表ドラゴンズの攻撃時である。

この回は2番の井端から始まる好打順。
ファンの誰もがこの回の攻撃に期待しているその裏で
井端が打席に入っている時、すでに川相がウォーミングアップを始める。
さらに驚いた事のは、ベンチの中で澤井までもがヘルメットをかぶって準備していた事。
川相の場合は2点リードで立浪にも打順が回る為、当然な事かもしれないが
澤井の場合は代打ではないし、立浪もしくはウッズが出塁しなければ出番はない。
先に書いた久々のスタメン起用の大西も然りである。
自分の役割をきっちり理解し、準備ができる事が、
いざという時に気持ちの余裕を生み、力を発揮できることに繋がる。
4月はなんとなく勝った感があったドラゴンズだったが
今は勝つべくして勝っている…そんな気が今日の試合だった。

連勝中のプレッシャー?
9連勝でドラゴンズの強さを再認識した今日の試合でもあったが
強さを感じた反面、連勝というプレッシャーを感じた試合でもあった。

そのひとつは4回一死満塁、アレックスのライトフライでのことである。
サードランナーの立浪は一度スタートを切ったものの途中で自重。
たしかにアウトになると流れが相手にいってしまう可能性もあるし
次打者がチャンスに強い大西なので悪い判断だとは思わないのだけれど
読売のライトが川中という事を考えれば少し消極的だった気もした。

もうひとつは5回二死二塁での井端の打席。
4回にチャンスを潰し嫌な流れの中で、5回の攻撃はあっさりツーアウト。
しかし、荒木がヒットで出るとすかさず盗塁をして相手にプレッシャーを掛ける。
去年のような本当に強い時のドラゴンズならば
ここで井端が返すもしくは四球を選んで繋いでいた。
しかし、今日の井端は一球もバットを振る事なく三球三振・・・
その三球全てがボールとも言える球だったので仕方がない気もするが
結果が同じ三振でも粘るなり、振るなりして欲しかった。

井端はその後の打席でも全く手が出てこないというような感じで連続三振。
ひとつのプレーで金縛りのような状態に陥ってしまう事はよくある事で
以前の立浪も井端と同じように手を出す事もできず打率を落としていった。
これがただ単に手が出なかっただけならいいのだが
手が出てこないということだと、しばらくの間は苦労するかもしれない。

立浪も井端も「連勝中だから大事にいこう」という考えがあったのではないだろうか?
僕自身もこんな大舞台ではないが連勝中のプレッシャーを味わった事がある。
そんな時には得てして負けるのが嫌で大事にいこうとしてハマるものである。
今日は憲伸という事で負けるわけにはいかない試合だったから仕方がないが
明日はマルティネスでまずカード勝ち越しを決めて
明後日の野口辺りで負けてもいいやくらいの気持ちで戦ってみるのも
気を楽にする秘訣だと思うんだけどな(笑)
せっかく読売が相手なんだし楽に行こうぜ〜♪♪



にほんブログ村 野球ブログへ
でらDra を応援して下さりありがとうございます。
当ブログはランキングに参加してます。
管理人の頑張る意欲にもなりますので、投票していただければ嬉しく思います。

[PR]

# by kuunn_17 | 2005-07-30 00:03 | '05 Dragons 観戦記

ドラゴンズファンに100の質問

今回はSweetest Moonさんの制作
「プロ野球 中日ドラゴンズのファンに100の質問」をやらせていただきました。


More
[PR]

# by kuunn_17 | 2005-07-28 17:20 | プロフ・100質

両チーム合わせて9併殺...ひょっとして記録?

7/27 横浜−中日(山形)

中日|020|000|000|000|2
横浜|101|000|000|000|2

中日:朝倉、チェン、平井、高橋聡、落合、岩瀬、鈴木、岡本−谷繁
横浜:三浦、木塚、クルーン、川村−相川

HR:福留 15号(2回1点三浦)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

5時間に及ぶ総力戦も勝敗つかず
両チーム合わせて22安打も4得点・・・
それもそのはず、併殺がなんとドラ4、ベイ5の合わせて9個...ヽ(-o-;
しかし、試合自体はとても締まった守りあいのナイスゲームだったように感じた。
とくにドラゴンズはピリッとしない朝倉からチェンに早めのスイッチ。
そのチェンの好投を皮切りに平井聡文落合が自分に与えられた仕事をこなしていく。
そして同点で迎えた10回裏には守護神の岩瀬を早々と投入。
この登板には、10回表、川相(8回から立浪に代わってサード)の
三振判定をめぐる嫌な流れを断ち切るんだという強い意図があったように感じる。
その後、登板した鈴木岡本もピンチは作るが要所を締め無失点で切り抜けた。
投入した投手8人。ベンチには先発要員の野口しか残っていない状態だった。

なにがなんでも勝つ
投手8人投入でもその姿勢は見て取れるが、川相のあるプレーにもそれが見えた。
それは・・・隠し球

11回裏一死二塁、ベイ代打 鈴木尚典の右飛で二塁ランナーの万永がタッチアップ。
孝介からの送球を捕った川相は、ピッチャーの鈴木に投げると見せかけてボールをグローブの中へ(これはTVで明らかに目撃した)
その後、鈴木へ近づくように歩いていき、また守備位置へ戻る。
この時にボールを渡したかどうかが、はっきりとはわからないが
鈴木のグラブの抱え方が不自然だった為、まだボールは川相が持っていたと思う。
ドキドキしながらTVを見ていたが、落合監督が出てきて隠し球は不発。
真実は川相と鈴木にしかわからない。。。しかし、川相は明らかに狙っていた。

打席では2打席連続三振と振るわなかった川相だったが、
打てなくてもなんとかチームに貢献することはできないか。。。
今日はそんな川相の姿勢をバント以外で目撃することができたような気がする。
12回表、川相が三振ではなくフォアボールだったら・・・
次の岡本に代打を送ったのかなぁ??? みなさん、どう思いますか?

今日の三浦の調子からして勝てなかったのは痛いですが
それでも先攻で延長になって負けなかったことは評価していいと思います。
明後日からは連勝が始まった読売戦!
頑張って応援して再び連勝街道に突入しましょう!!


にほんブログ村 野球ブログへ
でらDra を応援して下さりありがとうございます。
当ブログはランキングに参加してます。
管理人の頑張る意欲にもなりますので、投票していただければ嬉しく思います。

[PR]

# by kuunn_17 | 2005-07-28 00:57 | '05 Dragons 観戦記