連勝も11でストップ 勝負の8月黒星発進

8/2 中日−ヤクルト(ナゴヤ)

ヤクルト | 2 0 1 | 0 0 0 | 2 0 0 | 5
 中日  | 0 0 1 | 0 0 0 | 1 0 0 | 2

ヤクルト:○ガトームソン(5勝4敗)吉川、五十嵐、S石井(2勝2敗23セ)−古田
 中日 :●山本昌(6勝5敗)落合、高橋聡−谷繁

HR:ガトームソン 1号(7回1点山本昌)


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
e0022461_132527.jpg
<写真:時事通信>

攻守にわたり精彩欠いた立浪
今日の立浪は攻守にわたりり全くいい所がなかった。
ヤクルトに2点を先制された初回の第一打席はセカンドゴロ併殺。
井端のタイムリーで1点を返し、なお二死一三塁で迎えた第二打席は三邪飛。
6回先頭の井端は四球で歩き、無死一塁での第三打席はライトフライ。
そして守備では7回宮出の打球をイレギュラーしたような感じだったが
捕球体制に入りながらグラブの下をボールが抜けていくという
痛恨のミス(記録はヒット)で決定的な5点目を献上してしまう。

ここで僕が一番気に入らなかったのは
初回の併殺でも7回の守備でもなく、6回裏一塁に井端を置いての打席である。
点差は2点、しかも先頭打者フォアボール、打順はクリーンナップ。
相手が「どうぞ同点にして下さい!」という局面。
しかし、立浪はカウント2−3からのスライダーをライトへ打ち上げてしまう。
この時、一塁ランナーの井端がスタートを切っていた事を考えると
最低でも転がしてランナーを二塁へ進めて欲しかった。

「たられば」を言うのはタブーとわかっているがあえて言わせてもらうと
ランナーを進めてさえいれば、併殺だったタイロンの結果も違っただろうし
続く孝介も7回には鋭い当りのスリーベースを打っているだけに
同点、もしくは逆転の可能性も多いにあったのではないだろうか…。

マサの初回、2−0から不用意に投げた宮本への投球。
同じく初回、ラミレスの打球のクッション処理を誤った井上。
3回、二死から宮出ヘの四球。ガトームソンに投じた一球。
9イニング中6度先頭打者が出塁しながら返せないチグハグさ...
数々の敗因があるとは思うが、この立浪の拙攻がこの日最大の敗因だと僕は感じた。

幸いに阪神も横浜に敗れてゲーム差は3のまま。
連勝ストップも朝倉や野口ではなくて最年長のマサだったのも救いかもしれない。
大事なカード初戦をミスが重なり落としてしまったが
済んだ事はあれこれ考えても仕方がない事。
連勝が止まったのもプレッシャーがなくなったといい方に考えて
明日からの試合を頑張っていってもらいたい。

僕自身もこのブログに移転してきて初の敗戦
やっと肩の荷が降りたというか、なんというか…
悔しい気もしますが、少しホッとしていたりもします(笑)
さぁ、明日からまた頑張っていこ〜〜!



にほんブログ村 野球ブログへ
でらDra を応援して下さりありがとうございます。
連勝ストップがなにさ!たくさんの仲間が集まるブログへgo!!

[PR]

# by kuunn_17 | 2005-08-03 01:09 | '05 Dragons 観戦記

8月攻勢といこまいか!

「勝負の8月」落合監督、奪首準備OK
 先発6番手にチェンを指名

 落合監督が位置付けた『勝負の8月』がいよいよ今日から始まる。
最大8ゲームあった阪神とのゲーム差も、中日の11連勝もあり今では3ゲーム。
気の早いことに今日から竜10連勝、阪神9連敗でマジック点灯の可能性!
とまで書かれてある記事を見つけたりもしたが(笑)
そもそもこの11連勝なんていうものが出来過ぎ。
阪神 赤星選手が「竜の勢い衰える」 と言うのはもっともの事で、
このまま中日が連勝し続けるとは、誰も思っていないだろう。(熱烈ドラキチ除く…笑)
僕も当然20連勝や30連勝も続くとは思っていない。
しかし、逆に5連敗や10連敗もするとは今の状態からしてあり得ないと思う。
となると、この竜虎の一騎討ちと化したペナントの行方はどうなって行くのか?

当たり前のようだが、下位チームに取りこぼした方が脱落すると考える。
そういった意味で、直接対決前のこの一週間はとても大事な試合となってくる。
中日はヤクルト3連戦に横浜3連戦。
阪神は横浜3連戦で一日間を空けて広島との2連戦。
順当ならば両チームとも勝ち越して直接対決となりそうなのだが、果たして・・・

まず、阪神から先発予想を見てみよう
VS. 横浜
第一戦 井川−門倉 第二戦 福原−三浦 第三戦 安藤−龍太郎?
VS. 広島
第一戦 下柳−黒田 第二戦 杉山−デイビー

あまり詳しくはないので、これで合っているかどうかはわからないが
注目なのは横浜、広島ともにいわゆる表ローテをぶつけてくるということである。
相手が首位チームなので当然と言えば当然なのかもしれないのだが
これに対して阪神はどうやって戦っていくのか。

まず横浜戦においては阪神もエース井川を初戦に充てて必勝体制。
続く2戦目は逆に横浜の先発予想がエースの三浦。
阪神には滅法強い三浦だけに苦戦が予想される。
3戦目は横浜が誰なのかははっきりわからないが、阪神とすれば勝たなければならない。
この3連戦は阪神が2勝1敗で乗り切ると読む。

問題なのが次の広島戦で、相手はエースの黒田に、前回抑え込まれたデイビー。
阪神も9勝の下柳、防御率2点台の杉山で挑むと思うのだが
慣れない松山、相手もエースをぶつけてくる・・・
この2試合ばかりはどちらが勝つか全く予想も出来ない。
ここを連勝するのか、1勝1敗なのか、はたまた連敗してしまうのか
2試合しかないだけにポイントになる試合になるだろう。


一方の中日はというと…
VS. ヤクルト
第一戦 山本昌−ガトームソン 第二戦 朝倉−石川 第三戦 チェン?−ゴンザレス?
VS. 横浜
第一戦 川上−土肥 第二戦 マルティネス−セドリック 第三戦 野口−斉藤隆

こちらも7月は6連戦がなかったので先発予想が曖昧だが
ヤクルト戦では相性のいい山本昌と朝倉を投入。
山本昌は対ヤクルト防御率が4点台ながら
先日の福井でもガトームソンと投げあって勝っているだけに期待が持てる。
朝倉はと言うと何故かヤクルトには滅法強い。(防御率 1.35)
その証拠に今季上げた3勝はいずれもヤクルトから勝っている。

となると、問題は3戦目。
憲伸が中5日で登板し、月末の甲子園に標準を合わせる案もあると思うのだが
この案にはいささか疑問を感じる。
なぜならば、去年の相性が悪い為、憲伸はヤクルト戦に今シーズン一度も投げていない。
しかも憲伸が不得手とする地方球場。(エースがそれでは困るのだが…苦笑)
ここは万全を期す為にも、中6日で横浜戦初戦にぶつけた方が望ましいと思う。

じゃあ誰か?
僕は中スポにもあったように、今の時点ではチェンを一番手に挙げたい。
防御率は4点台後半とパッとした成績ではないのだが
先日の横浜戦では3回2/3を1安打に抑える好投をしチームの敗戦を防いだし
なによりもこの浜松のオープン戦で読売相手に素晴らしい投球をしたのが大きい。
競馬の右回り左回りではないが、少しマウンドが変化しただけで
ピッチング自体が変わる程ピッチャーの感覚は繊細なのである。
ここはひとつ浜松で好投したチェンに期待するのが面白いと僕は思う。

こうなるとチェンの活躍次第では3連勝、悪くても2勝1敗にしたいヤクルト戦。
次の横浜戦では、土肥・セドリック・斉藤隆といった
今シーズン先発では対戦していない投手(斉藤隆はあるが)が相手なので
どのような結果になるかは未知数と言える。
しかしそれでも憲伸、マルティネスが登板するだけに最低ふたつは勝ちたい。
となると、少なくとも中日は今週4勝。
仮に阪神が広島に連勝したとしてもゲーム差は3.5ゲームである。
今週が終わって3.5ゲームで直接対決なのか、
広島に阪神が敗れてゲーム差が2.5以下になるのか…。
今週末の横浜、松山のゲームは目が離せなくなりそうだ・・・。

しかし、これはあくまで僕が考えた空論に過ぎない。
ドラ選手はとにかく目の前の一試合に集中して、確実に勝利をもぎ取って欲しいと思う。


にほんブログ村 野球ブログへ
でらDra を応援して下さりありがとうございます。
いよいよ8月攻勢がスタート!熱く語るドラファンのブログを見てみよう!

[PR]

# by kuunn_17 | 2005-08-02 17:07 | 中日ドラゴンズ

何を考えてんだか┐('〜`;)┌

仰天提案…中畑「監督を選挙で…」“清”き票を!?

 読売次期監督は選挙で決まる?
夕刊フジの記事を見て思わず呆れ返ってしまった。
なんでも読売の来期監督は選挙で決めたらどうかと中畑氏が立案?したらしい。
まぁ、冗談だとは思うけど、何を考えてんだかさっぱりわからん。
そもそも誰が投票をするんだろう? ファン? 首脳陣?
首脳陣だったら投票する必要もないわけで、
恐らく中畑氏の構想ではファンに投票を…と、考えているとは思うが
あの「たかが選手が」と言った某腐れ会長がそんな事を許すわけがない。
仮に天地がひっくり返って許したとしても
結果が付いてこなければすぐにでも監督を失脚させるのは目に見えている。
ま、それはそれで、読売ファン VS ツネオ が見れておもろいかもしれんけどね。
どんどん、やれやれ〜〜!!
っていうか、だんだん読売ファンが可哀想になってきた。
ファンの心境としてはどうなんでしょうか?
もし、これがドラゴンズだったらって思うとどうだろう?
ん〜...立浪に一票?(笑)
たしかに監督が選べるのは嬉しいかもしれんけどさ、でも・・・ねぇ。

そもそも氏にほぼ決まりってどうなのよ?
一昨日に解説していた時も聡文が欲しいような発言していたし
もうすっかり監督になった気でいるのでは?
一昨年にあれだけの屈辱を受けて、まだ読売の監督をやるとは…。
考えてもみて...ドラの監督を来年から山田氏がやるようなもんなんですよ?!
山田氏なら100% 断ると思うんだけど・・・。
まぁ、原氏もそんだけの人間だったっていうことか。。。

と、いうかなんでこんな記事書いてんだろ(ぁぅ)


にほんブログ村 野球ブログへ
でらDra を応援して下さりありがとうございます。
中畑、原、kuunn...さてどっち?(笑)ポチッと投票お願いします♪

[PR]

# by kuunn_17 | 2005-08-01 21:21 | 酔いどれ野球論

わっしょい♪ Gを3タテ11連勝!!

7/31 巨人−中日(東京D)

中日 | 0 0 0 | 0 3 1 | 0 0 0 | 4
巨人 | 0 0 0 | 0 0 0 | 1 0 0 | 1

中日:野口(3勝4敗)S岩瀬(1勝1敗28セ)−谷繁
横浜:マレン(5勝6敗)ミアディッチ、久保、林−小田

HR:小久保 22号(7回1点野口)

中日先発は野口、巨人の先発は中2日のマレンで始まったこの試合
序盤は予想外のマレン先発に戸惑ったのか、ランナーは出すものの
あと一本が出ず、得点できないもどかしさがあった中日打線だったが
5回に相手のミスに乗じて、井端の2点適時三塁打、立浪の適時打で3点を先制。
この回でマレンをマウンドから引きずり下ろすと
続く6回には一昨日憲伸がHRを打ったミアディッチから
谷繁がスクイズを決め1点を追加、4点差に広げて勝利をぐっと引き寄せた。

D先発の野口も初回、2回は四球を出すなど不安もあったが
3回に小田、マレン、鈴木を3者連続三振に打ち取ると投球が一変。
なんと7回2アウトから小久保にHRを打たれるまでノーヒットに抑える快投を見せた。
9回からは岩瀬が登板。
ヒットを2本打たれHRが出れば同点という場面を作ってしまったが
最後のバッターローズをPゴロに打ち取ってゲームセット。
連勝を6年ぶりの11にまで伸ばし、今日負けた阪神とのゲーム差も3に縮めた。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

e0022461_15471633.jpg天晴れ野口
連勝が止まるならセ・リーグ相手に未だ勝ち星のない野口だろうと思っていたし
昨日までにカード勝ち越しを決めていたので
「今日は負けてもOKでしょ」と思っていた今日の試合だったが
あれよあれよの快投劇。まさかここまで素晴らしい投球をするとは・・・
いつまでも頭を丸めさせられたり、立たされたりしている野口君ではないのですね(笑)
貴方を信頼しきっていなかった僕をお許し下さいませ…(シ_ _)シ

やっぱり頼りになる男
前日の乱打戦とはうって変わり、今日は毎回三振を喰らう等苦戦を強いられたドラ打線。
しかし、そんな中でも3度目の得点機にしっかりと適時打を打った井端は流石である。
この読売3連戦の初戦に3三振を喫して不調に陥ると感じた井端。
その不安通り2戦目、3戦目でも2三振するなど、決して状態がいいとは言えないが
それでもチャンスではきっちりと打ち返すことができている。
今日は荒木が作ったチャンスをモノにすることが出来なかったものの
この日本最強のクラッチヒッターがいる限り、ドラゴンズの快進撃はまだまだ続く。


にほんブログ村 野球ブログへ
でらDra を応援して下さりありがとうございます。
ドラファンで上位独占目指してランキングに参加中。
一日ワンクリック宜しくお願いします♪ 目指せ永久連勝!(笑)

[PR]

# by kuunn_17 | 2005-07-31 22:30 | '05 Dragons 観戦記