<   2008年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

爆走あらき

走った荒木!!ドラゴンズ逆転勝利
今日は大会(中学野球市総体)だったので試合を観れないと思っていたけど、あいにくの雨で中止。
だけど、そのお陰でたっつんの犠牲フライ ア~ンド あらきの爆走を観れました♪♪
ヨカッタヨカッタ

あらき、よう走った! とまぴょん兄、ナイス判断!


<画像クリックで拡大>

>>おまけ
[PR]

by kuunn_17 | 2008-05-31 18:54 | '08 Dragons

活性化となる選手起用を 5/28~29 対オリックス(ナゴヤ)

登録、抹消がここのところ多くなっている。
森野が抹消されてからの二週間で数えること実に7回。二日に一人は入れ替えていることになる。
それが悪いというつもりはないし、チームの活性化につながる入れ替えならば、どんどんやればいいと思う。
しかし、チームはこの入れ替えで本当に活性化しているのだろうか?と、疑問を感じるのだ。

森野が抹消された翌日(16日)、平田が二軍から昇格、即先発となった。
この起用は(前日の試合に起用した藤井がミスを犯したことが理由だとしても)登録、即先発ということで明るい材料であったし、期待もできた。
しかし、23日の日ハム戦、死球で出塁した平田は、小田の犠打(飛球)で飛び出し、併殺。
その凡ミスが原因か、次戦からはスタメン落ち、26日には抹消されてしまった。(登録は藤井)
ここで再度、藤井をスタメンで起用すれば、まだ活性化していると言えなくもないのだが、24日から先発している英智の活躍もあって、藤井は守備、代走要員に戻ってしまう。

要するに何が言いたいのかといえば、今のドラゴンズは、投手陣も含め「抹消=使えない」になっているのである。逆を言えば、「登録=使える(使いたい)」ではないということだ。
これでは、ただ仕方がないからの入れ替えであり、活性化とは程遠いのではないだろうか。

これは、上下の入れ替えばかりではなく、ベンチ内にも言える。
25日のソフトバンク戦、落合監督は李炳圭に代えて井上をスタメンで起用した。
井上は、その試合で好返球を見せるなど活躍、次戦も先発することとなる。
しかし、26日は3打数無安打、守備でも初回、打球判断を誤り、二塁打にするなど精彩を欠いた。
そして再び代打要員に…。
この起用は、背景に李炳圭の肩の状態があったかもしれない。肩が癒えるまでの措置だったのかも。
だが、もし井上の判断ミス、結果で戻したとすれば、これもまた、何のための起用だったのか?となる。
井上の守備に期待してはいけない(笑)

今年は春先から怪我人が続出し、やりくりが大変なのはわかる。
しかし、逆にそれならば長い目で見てドラゴンズにプラスとなる起用があるのではないだろうか。
人事権は、監督ただ一人が持つものであり、それを周り、ましてやいちファンがとやかく言うべきことではないのはわかるのだが、ファンだからこそ、二軍から上げた選手は使ってやってほしいし、戦力として見てやってほしいと思うだ。

22日、(平田について)落合監督は「使い続けるよ。」そう言った。
そんな監督の想いを打ち砕くようなボーンヘッドを平田は犯したとも言えなくはない。
(自分が監督だったとしてもあの走塁では使う気になれないし)
だが、いくらプロでも若いということは、そういうミスもあり得るということだ。
ミスはミスとしてしっかりと反省させ、時には我慢して使ってやるのも大切ではないだろうか。
平田だけではない。ドラゴンズには魅力ある若い選手が数多くいる。
その選手たちを成長させるためにも「人がいないから」と写る起用を見たくはない。


5/28~29 対オリックス(ナゴヤ) 2敗


あとがき

そんな中、28日の試合、7回一死満塁で登板した3年目、斉藤信介の投球は観ていて気持ちが良かった。
逆球もあり、まだまだ荒削り感があるのは否めないが、あの気持ちを前面に出した投球は、実に若者らしく、清々しかった。
この試合は無失点で切り抜けられたが、これから先、気合で乗り越えられない場面は幾度もあると思う。
だけれど、気持ちで相手に勝たなければ、勝負は絶対に勝てない。
タイプは違えど、古くは郭源治や与田のような吠えて、吠えて、吠えまくるリリーバーに斉藤にはなってほしいと思う。
[PR]

by kuunn_17 | 2008-05-30 18:44 | '08 Dragons

不動如山 5/25~26 対ソフトバンク(ナゴヤ)

不動如山

武田信玄で有名な風林火山(孫子の兵法)。その中には「動かざること山の如し」という一節がある。
小田のブロックを一言でたとえるとしたら、これほど相応しい言葉はないだろう。
それほどに小田のブロックは固く、そして動かない。

25日のソフトバンク戦、同点で迎えた5回、その「山」が相手の前に立ちはだかった。
中スポ紙面では、「井上ビーム」の大きな文字に隠れてはいたが、陰の立役者が小田であることは間違いない。
走者は記憶に新しい、あのWBC決勝で神業ともいえる好スライディングをした川崎。
いくら好返球だったとしてもブロックに隙があれば、掻い潜られたことだろう。

キャッチャーというのは実に過酷な職業だ。
完全防備がゆえに、ブロックも完全であって当たり前、そう周りからは受け止められる。
ちょうど一ヶ月前の4月25日のヤクルト戦。
ガイエルの突撃に飛ばされた小田が、キャッチャーの過酷さを如実に物語っている。
>>http://youtube.com/watch?v=46e3wAJ1okE&feature=related

こんなことがあれば、普通なら怪我を恐れてしかるべきだろう。
ましてや「正捕手」のチャンスが巡ってきたところ。今、怪我をしてはそれを失うことにもなるのだ。
しかし、小田は臆することなく「山」として居座り続けた。
そこにプロの「要」を見るのである。

ドラゴンズに入団した際、
「野球をするからにはレギュラーになりたい。2番手は好きじゃないから」と、小田は谷繁に挑戦状を突きつけた。
それからはや3年…。
昨年末には視力矯正手術をし、脱・眼鏡で挑む今季の目標を小田は「正捕手」とした。

ドラゴンズには、絶対的な存在である谷繁というキャッチャーがいる。
今季はここまで18連続で盗塁を許すなど、谷繁らしからぬ結果に甘んじてはいるものの、万全であれば、その実力はまだ小田の及ぶところではない。
しかし、谷繁が抹消された今、ドラゴンズの正捕手は小田なのである。
たとえそれが、小田自らの力で奪ったものではないとしてもだ。
小田には、あの野村監督をして「動かん」と言わしめる鉄壁のブロックがある。
だから、もっと自信を持って投手陣を引っ張っていけばいいのだ。
「自分は他のキャッチャーが真似することができないものを持っているのだ」と。

これから先、自分のミスで打たれることはあるだろう。
その結果が負けに直結することも…。
だが、そんな時は自分の武器を思い起こしてほしい。
そして谷繁が戻ってきたとしても、動かすことのできない山のような存在に成長していることを願っている。

「絶対にホームを踏ませないっていう信念です。だってブロックしなきゃいけない状況になったってことは、ボクにも責任があるわけですよ。打たれちゃいけないところでヒットを打たれた。外野フライを打たれた。バットに当てられた…。踏ませれば必ず1点。でも、ブロックが決まればアウト1個。この差は大きいですから」
(2月24日 中スポ紙面より)


5/25~26 対ソフトバンク(ナゴヤ) 2勝
[PR]

by kuunn_17 | 2008-05-27 17:40 | '08 Dragons

5/23~24 対日ハム(札幌)

セ・パ交流戦の2カード目、札幌での日ハム2連戦に連敗したドラゴンズ。
初戦は1点差、二戦目は大差での敗戦となったが、試合内容は共に惨敗だったように思う。
敗因を挙げればキリがない。噛み合わない投打、あり得ないミス・・・
この先を見据えれば、進むべき道は霧の中といった感さえした。
しかし、その中で唯一といっていい明るい光だったのは、初戦に先発したエース・川上憲伸の好投だった。

ここまで2勝2敗の成績が物語るように決して状態がいいとはいえなかった憲伸が、負け投手にはなったものの8回を投げ1失点、ストレートの最速も149キロと威力が戻ってきた。
その一番の要因は、投球フォームをワインドアップに戻したことだろう。

昨年途中からの憲伸は、ランナーがいない場面でもセットポジションで投げていた。
バランス、癖…本人でなくてはわからない理由がそこにはあったはずだ。
その結果、シーズンもシリーズもそれなりに投げ、それなりに抑えてきた。
だが、ずっと憲伸を観てきた者から言えば、何となく無難に投げている姿に物足りなさを感じた。

それは、新しい春を過ぎても続く。
開幕を迎えてもフォームは変わらないばかりか、(セットでのグラブの位置、足の上げ方などが)毎試合、変わる。
必死になってもがくエースがそこにはいた。
しかし、蜘蛛の巣はもがけばもがくほど絡まっていく-
前回の登板となったヤクルト戦がまさしくそれだった。
初回にまさかの5失点。憲伸も自身のHPで「気持ちと身体が一致しない」と悲痛に叫んだ。

どうすればいいか-憲伸自身も悩み、考えたことだろう。
その結果、たどり着いた答えが「何も考えない」というものだったのではないだろうか。
大きく振りかぶる。思い切り投げる。
とにかく自信の持ち味でもあった「気持ちで投げる」という原点に憲伸は戻ったのである。
するとどうだろう。
ストレートは走り、変化球はキレる。
「ボールに気が宿る」オカルト的な表現を使えば、まさにそんなボールを投げられるようになったのだ。

憲伸は、自分自身のことをたえず「エース」と言ってきた。
その責任感から、どこかで「負けてはいけない」、「試合を作らなければいけない」と感じていたのだと思う。
だからこそ、安定を求めセットポジションからの投球になったのだとも・・・
しかし、僕が描くエース像は「負けるのもエース」だということだ。
もちろん負けてばかりではいけない。
しかし、それ以上にエースは試合を背負わなければならないと思うのである。
その背負った試合でたとえ負けがついたとしても、闘争心をむき出しにして、鼓舞するのがエースではないだろうか。
その姿を見て周りも「エースが投げているのだからなんとしても勝たなくては」となるのである。
だからこそ、これまでの憲伸に物足りなさを感じていたのだと思うし、日ハム戦の投球を観て「光」と感じた。

今後も負けることはあるだろうし、打たれることもあるだろう。
だが、それでも憲伸には気持ちを前面に出してチーム、そしてファンを鼓舞していってもらいたい。
それが見守ることしかできないファンからのお願いである。


5/23~24 対日ハム(札幌) 2敗…
[PR]

by kuunn_17 | 2008-05-25 12:01 | '08 Dragons

5/21 結果から見た楽天戦

自分の目で見ろ-

仕事でも何でもそうだけれど、自分の目で見るということはとても大事なことだと思う。
他人の目で見たものを聞く。
これも非常に勉強にはなるのだけれど、それは、その「目」に信頼がおけての場合。
信頼ならぬ「目」を鵜呑みにすることは危険でもある。

なぜこんなことを書いたのかといえば、昨日の楽天戦を全く観れなかったから…。
何も見ていない中で情報を得ようとすれば、僕の場合は活字(結果)ということになる。
もちろんラジオというメディアも存在するのだけれど、先に書いたように、盲目であるラジオは解説者の主観に左右されやすく、その解説者に信頼がおければいいのだが、信頼できなければ、結果から想像した方がまだマシだと思える。だから僕は、野球をラジオで「観る」ことはほとんどない。

では、結果からどう想像するか。
それは人それぞれなので何とも言えないのだけれど、僕の場合は、頭の中に状況や場面をまず浮かべてみる。
つまりは頭の中でスコアブックを付け、そこから出てたであろうサイン、守備位置などを想像するのだ。
これを骨組みとして、結果が生まれた理由を考えながら肉付けをする。
これが、僕なりの結果から「見た」野球である。

歴史好きな人には共感してもらえるかもしれない。
なぜなら、歴史と野球は全く違うものに思えるかもしれないけれど、どちらも結果に結び付くまでには必ずといっていいほど理由がある。
その理由を考えることが、歴史や野球の醍醐味だと僕は思うからだ。
そういう意味で僕は、「野球は3時間の歴史」だと思っている。
野球観戦記を書き始めた当初(当時はまだブログではなかった)、NHKの「その時歴史は動いた」をなぞって「その時試合は動いた」というフレーズを使っていたのもこんな思いがあったからである。

話が逸れてしまったので元に戻そう。

結果からいろいろと考え、想像し、僕は昨日の楽天戦を「見て」こう感じた。
選手にとって前日の負けは余程悔しかったのだろうと-
それが見て取れたのは、6回、井端のセフティーバントと7回、荒木の犠打である。
状況を考えれば、共にあり得なくはない。
だが、ふたりがレギュラーでなかった頃ならいざ知らず、レギュラーに定着してからというもの井端のセフティーバントや荒木のプッシュバント(記録は犠打)を見る機会は、年間を通しても幾度かしかなかったように思う。
それが昨日の試合で出たのである。
そこにふたりの我武者羅さというか前日の試合で負けた悔しさを見たのだ。

結果から言えば、荒木の犠打は得点に結び付くことはなかった。
けれど、前日は自分の役目を果たせなかった荒木が、サインにせよ自分で考えたにせよバントでランナーを進めて役割を果たした。
9回にも得点圏にランナーを置いて10球粘ったことを含めて評価できる内容であったと思う。

「考えて野球せい」
これは楽天・野村監督の言葉だが、野球をするのも観る(見る)のも考えれば尚楽し。
たとえそれが頓珍漢なものでも、考えないよりかはずっといいと思う。
正直、野球を観ずに文章を書くのは怖い。
けれど、今年は観れないことが多くなるのがわかっているから、結果から考えながら書いてみた。
実際に観た人からすれば、違うと感じることもあるだろう。
そんな時は、遠慮なく教えてほしい。
ここに来る人たちは解説者よりもドラゴンズを観ていると思うから…。


5/20~21 対楽天(宮城)1勝1敗


あとがき

野球とは関係ないのだけれど、今の日本人はメディアの言葉を信じすぎるきらいがある。
メディアが右を向けば右を、左を向けば左を、回れ右をすれば回れ右をしてしまう。
よく考えると、これってすごく怖いことではないだろうか。
今の日本、もしメディアがその気になれば(ならないだろうけど)情報操作なんて簡単にできてしまうだろう。
そうならないためにも、個人個人が「見る目」を養うことが重要になる。
自戒を込めて・・・
[PR]

by kuunn_17 | 2008-05-22 17:15 | '08 Dragons

竜の野球とは・・・

8回裏無死、1塁。ドラゴンズは好投を続けていた先発・小笠原に代え平井をマウンドへ。
一方、楽天は1塁ランナーに代走・塩川を送る。その塩川が二盗、三盗…。
これで流れは一気に楽天へ傾き、ドラゴンズは今年も交流戦の開幕を勝利で飾ることはできなかった。

この日は、4回にも鉄平に二盗を決められ、許した盗塁の数は合わせて「3」。
それ以外にもスクイズを敢行される(8回裏、結果はファール)など、ドラゴンズのお株を楽天に奪われたように見える。
だが、ドラゴンズ野球は本当にこういうものだろうか?そうは思わない。
ドラゴンズがここまで強かった理由は、こういった派手さはなくても相手が嫌がる野球ができていたからではないか。
落合監督が就任したときに「地味でも勝つ野球をする」と言ったように…。
そう考えれば、3回表、一死2塁から荒木が打ったショートゴロ。ここに試合の源流が見える。

ドラゴンズは、その前のイニングで楽天に先制点を与えている。
その直後の攻撃。まだ序盤ではあるが、ここは是が非でも追いつきたいと考えるのが自然だ。
そこで落合監督は、打順が下位ということもあり、先頭で出塁した谷繁を平田に送らせた。
一死2塁。続くのは荒木、井端の1、2番。
荒木が倒れたにしても二死3塁で打者・井端、相手にとってこれほど「嫌」な状況はないだろう。
しかし、荒木は追い込まれると外のボール球を引っ掛けショートゴロ。ランナーを進めることすらできなかった。
たしかにこれでも得点圏で井端なのだから相手は嫌だったに違いない。
だが、2塁ランナーは谷繁、ヒットならまず還すことはない。そこにまだ余裕を感じたはずだ。
これがもし、二死でも3塁に進められていたならば、暴投もエラーもダメ、内野安打だってある。
それによって守備隊形はもちろん変わり、ヒットゾーンも広くなる。
これがドラゴンズの「野球」である。

一方の楽天はどうだったか。
先制した2回裏、一死2塁。中島は荒木と同じショートゴロながらランナーの後ろに打ったことで進塁打になり、その後得点。
4回裏、一死2塁。嶋もショートゴロではあるが、ランナーを進めることに成功している。
唯一、進められなかったのは3回裏、同じく一死2塁、打者・山崎武司の場面。
山崎武司は三振。二死2塁からリックにヒットが生まれるも得点には至らなかった。

たとえ3塁にランナーを進められたとしても得点できるとは限らない。
だが、進めたことで得点のチャンスが増えることは確実である。
勝敗を分けた8回裏の攻防よりむしろ、序盤にドラゴンズができなかった野球を楽天にやられたという事実。
そこにこの試合の結果を見た。そんな気がする。
[PR]

by kuunn_17 | 2008-05-21 13:22 | '08 Dragons

5/16~18 対横浜(ナゴヤ)

横浜との3連戦を2勝1敗と勝ち越したドラゴンズ。
相手がチーム防御率最下位の横浜とはいえ、交流戦前、最後の3連戦で20得点できたことは明るい材料だ。

ただし、その好調な打線に対して、投手陣の調子はなかなか上がってこない。
なかでも総失点17の半数以上、10点を奪われた中継ぎ陣は脆さを露呈した。
岩瀬が奪われた5点は仕方がないにしても、勝ち試合で投げるべきチェンや平井、さらには朝倉までもが失点してしまい、試合を混沌とさせてしまったのはいただけなかった。

交流戦になれば、連戦が少ない分だけ中継ぎにかかる負担も少なくなるとは思うが、その一方で長距離移動が多くなるため、移動による疲れが出ないとも限らない。
18日には、新井に代えて高橋聡を昇格させたが、下に調子のいい若手がいるのなら入れ替えを多くするのもひとつの手段ではないだろうか。

交流戦は、相手投手との対戦が少ない分、点が取りづらくなる。
今季は中村紀、和田といったパ・リーグを知り抜いた選手がいるとはいえ、先発も含めて投手陣の踏ん張りがなければ、あの2005年、悪夢の交流戦の二の舞になる可能性は十二分にある。
そうならないためにも、選手は気持ちの入れ替え(切り替え)、首脳陣は選手の入れ代えなどしながら戦ってもらいたいと思う。


5/16~18 対横浜(ナゴヤ)2勝1敗
[PR]

by kuunn_17 | 2008-05-19 17:36 | '08 Dragons

5/13~15 対ヤクルト(神宮)

ドラゴンズにとって欠かせない選手は誰か-

井端、荒木、谷繁、憲伸、岩瀬・・・
いずれも必要不可欠な選手であることには違いないが、僕は真っ先に「森野」の名を挙げたい。
なぜなら打のポイントゲッターであることはもちろん、守備において森野がこなしてきた役割はとてつもなく大きいと思うからだ。

ここ数年、森野は故障者が出ると、全てにおいて代役を担ったといっていいほどの働きをしてきた。
かつては渡邉などスーパーサブ的な選手もいたことはいたが、どちらかといえば守備に重きを置いた穴埋めであり、こと打つことに関していえば、過度の期待はできなかった。

しかし、森野はもともとが「打の人」、そんな選手がソツなくどこでも守れるのだから、使う側からすれば、これほど頼りになる選手はいないだろう。
とくに昨季からはノリが加わり、守備固めでも打力を落とさず戦えるようになった。
これも森野がどこでも守れるからこそのものではないだろうか。

そんな森野が左足肉離れで離脱。診断の結果も重く、相当の時間を要するらしい。
いる選手でやっていかなければならないことはわかっている。
わかってはいるが、この先、他主力選手に万が一が起きたとすれば・・・
ドラゴンズはここ数年と比べ物にならない窮地に立たされるだろう。

5/13~15 対ヤクルト(神宮) 1勝2敗

>>チャンス
[PR]

by kuunn_17 | 2008-05-16 17:51 | '08 Dragons

山本昌、球団初通算3000投球回達成!!

e0022461_1659576.gif

山本昌、球団初通算3000投球回達成!!

山本昌が、14日のヤクルト戦で史上26人目となる通算3000投球回を達成した。
200勝はなにかと話題となるが、この3000投球回も顔ぶれを見れば凄い記録というのがわかる。
しかし、kuunn的にそれよりもっと凄いと思うのが、実働23年という数字だ。
195勝も3000投球回も1年、1年を積み重ねたきた結果である。
ふつうでさえ、同じ職場で23年間働き続けるのは難しいというのに、それがプロ野球でなのだから素晴らしいという他ない。

このままローテを守れさえすれば、200勝達成も間近だが、山本昌には、横浜・工藤が継続している実働年数日本記録を塗り替える気持ちで頑張ってほしい。

しかし・・・

23年もプロの世界に身を置けるというのは、つらさもあるだろうけど幸せだろうなぁ…。
[PR]

by kuunn_17 | 2008-05-15 17:52 | '08 Dragons

5/9 ~ 11 対巨人(東京D) 中継陣を整備せよ

竜の必殺仕事人、小林が11日の巨人戦(16戦目)で今季初失点を喫した。

ここまでは、対左打者被打率.143 、奪三振率.392 と仕事人ぶりを発揮している小林。
登板数もチーム最多の16試合を投げている。
だが、過去の登板数は一番多い06年でも23試合。
フル回転で挑んだ一ヶ月、経験も浅く、そろそろ疲れがきてもおかしくはない。
(現に10、11日の試合ではピンチを残し降板している)

だとすれば、小林の代わりを…となるのだが、現状の中継ぎを見てみると、小笠原、チェン、長峰と本来は先発、もしくはロングリリーフの投手ばかりである。
中継ぎが本職の平井、金剛もいるにはいるが、平井は岩瀬の前で使いたいし、金剛は勝ちゲームで使うにはまだ信頼がおけない。

本来ならば、クルス、浅尾がセットアッパー候補だった。
中里、高橋聡もそれに続く存在だったし、鈴木も開幕当初は好調だった。
しかし、いずれも故障や不調で今は一軍にいない。

いない選手のことを言っても仕方がないし、いる選手でやっていくしかないことはわかる。
わかるのだが、ここまで中継ぎが不足していると不安にもなる。

今季は先発が崩れても挽回できる打力は付いた。
だが、先発が潰れたときに食い止める力でいえば、昨年よりも落ちた気がする。

復活した憲伸を中継ぎにとは言わないけれど、それなりの補てんをしなければ、これからの季節ズルズルいかないとも限らない。
必殺仕事人も職場換わればただの人。
小林を本職の左のワンポイントで使えるような中継ぎの整備が必要だと思う。


5/9 ~ 11 対巨人(東京D) 1勝2敗
[PR]

by kuunn_17 | 2008-05-12 19:28 | '08 Dragons