<   2006年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

野球のない週末

久しぶりに味わった『野球のない週末』。
日本一になれなかったことは、悔しくもなく、悲しくもない、ただ「一年が終わった」という感覚でしかなかった。だけど、ひょっとしたら、第7戦が行われていたかもしれない日に試合がない現実には、『空』を感じずにはいられなかった。

それに加えて報じられる選手の去就。
ストーブリーグとは呼べない暖かさの中で、今年もユニフォームを脱ぐ選手達がいる。
自らの意思で脱ぐ者、意思とは別に脱がざるを得なくなる者…。
制限がある以上は、誰かが袖を通せば、誰かが脱がなくてはならない。頭ではわかっている。だが、そんな現実とは別に、やはり寂しいというのが素直な気持ちだ。

そんな中、30日に行われたオーナー報告で落合監督の続投が正式決定された。
3年間で二度、チームを優勝へ導いた名将は、手にした『強さ』だけではなく『勝つ』チームへ、さらなる高さを追求するという。
勝つためには、当然犠牲としなければならないものもある。最終的な目標を成し遂げるためには情けがあってはならない。それが選手、コーチの登用であり、戦力外通告なのだろう。
ただ、何をもって最終目標とするのか・・・。
全ての人が『勝つ』ことを求めているのか?そうではないはずだ。
少なくとも僕はドラゴンズに勝利だけを求めてはいない。負けっぱなしでも、つまらないとは思わないし、ドラゴンズのことを嫌いにはならない。なぜなら、負けて「あ〜でもない。こ〜でもない。」と、愚痴を言ったりするのもプロ野球の面白さだからだ。

「絶大な人気があった星野監督から山田監督に代わって、政財界もそっぽを向いている。選手からの人気もないし…。」落合監督の就任前、山田監督が指揮をとっていた、2003年の春、某球団関係者がこんなことを言っていた。
そこで山田監督解任時に、球団フロントの出した結論が『お客さんを呼べる監督』『人気があり、優勝が争えてファンの期待に十分応えられるチームにしてくれる人』というものだった。

偉大だった星野監督の後を請けた山田監督が可哀想でもあったが、この球団フロントの思いはわかる。スポンサーがいなければ運営していけないのだから。
そこで白羽の矢が刺さり、落合監督が生まれるわけだが、3年で二度の優勝という快挙を成し遂げるも、平日のドームの空席が埋まることはなかった。それが優勝へ導きながらも、11月の声を聞く直前まで内定をもらえなかった大きな要因だろう。

先に記した球団フロントの思いから『人気』を取ると・・・。
そう、優勝が争えてファンの期待に十分応えられるチームにする。この一点しかない。
しかし、ファンの目も3年で二度も優勝を味わえば肥えてくる。
そうなると、落合監督に見い出す価値は『勝つ』こと以外、なにも残されていないということになる。
それだけに『勝つチーム作り』というスローガンになったのだろう。
が、あえて何度も言う。勝ち続けることは『怖さ』も合わせ持っているのだ。
故に、「勝負事は時には負けることも必要だ。」と僕は考える。
それが来年でなければいけないとは言い切れないし、負けるために戦えとは思わない。
だが、落合監督の「勝負事は勝たなきゃダメ。」という言葉が全てではないと思う。

毎年、“勝つため”に失われていく、たくさんの“思い”。この思いが、いつの日にか思い出に変わってくれることを願う『野球のない週末』だった。

More
[PR]

by kuunn_17 | 2006-10-31 19:57 | 中日ドラゴンズ

王の道は修羅の道、ただひたすら練習あるのみ

日ハム 4-1 中日(札幌)

“楽しんで野球をやる”ことの素晴らしさ、強さを見た日本シリーズだった。
勢い、調子に左右されず、確実に勝つ“王道野球”を目指した落合竜の3年間。
そのために12球団一の練習をしてきた。それでも肝心な場面では、自分達の野球ができず、日本一の栄冠を逃した。
練習は無意味だったのか。いや、そんなことはない。ドラゴンズは確実に強くなっている。ただ、“王道野球”よりも“enjoy 野球”の方が強かっただけだ。これから先、ドラゴンズがどんな野球をするのかはわからない。だが、今まで通り“王道野球”をするのであれば、もっと、もっと練習をしなければいけないだろう。

ドラゴンズにとっては、これで長い一年が終わったわけだが、明日からはまた新しい一年が始まる。この悔しさを味わった秋が、選手達にとって実りの秋になることを願っている。

ドラゴンズの選手、ファンのみなさん、一年間お疲れさまでした。
そして、ファイターズの選手、ファンのみなさん、日本一おめでとう!!
[PR]

by kuunn_17 | 2006-10-26 22:22 | '06 Dragons 観戦記

竜よ、ナゴヤへ戻ってこい!

日ハム 3-0 中日(札幌)

北の大地で連敗し、王手を掛けられたドラゴンズ。
ここ3試合の流れ、札幌の雰囲気を考えれば厳しいのはわかっている。
しかし、詰んだわけでないのなら、まだ投了するわけにはいかない。

52年ぶりの日本一を全てのドラゴンズファンが望んでいる。
監督が涙したあの感動を悔しさに変えるわけにはいかない。
後ろを振り返ることなかれ。ただ前へ突き進むのみ。
一戦必勝・・・
ナゴヤへ戻ってきたとき、道はきっと開けるはずだ。
[PR]

by kuunn_17 | 2006-10-25 22:47 | '06 Dragons 観戦記

2年前を思い出せ 〜点が取れないときほど守備を固める野球を〜

日ハム 6-1 中日(札幌)

今年の札幌は竜にとって鬼門なのだろうか。
札幌で行われた交流戦では、3試合で30以上の残塁喫し、今夜は9安打でわずか1得点。打てども打てども点が入らないドラゴンズに、そんな非科学的なことを感じた試合だった。

しかし、勝負において“負けに偶然はあり得ない”。
どこかに必ず敗因というものが存在するはずだ。
それは、初回に今シーズン初ヒットの荒木を1塁に置き、井端をそのまま打たせたことや、5回に無死1塁からエンドランを仕掛けた結果、併殺になってしったことなど、ベンチワークと選手が噛み合わなかったのも、その敗因のひとつだとは思う。
だが、2回は立浪の右中間を破る当りをセカンドで、4回にはウッズのレフト線を破る当りをファーストで止めた日ハム外野陣の守備体型、クッションボール処理の上手さなど、ドラゴンズ側が原因ではなく、日ハム側の守りがドラゴンズを上回っていた感じもする。

先日、このシリーズの見どころとして『ひとつの塁をめぐる攻防』と書いた。
この3戦を見る限り、やはり交流戦同様、その点に関してはドラゴンズよりも日ハムが上を行っているように思う。
あとひとつ負けられるとはいえ、負ければ苦しくなるのは明白。ここまで歴然とした差を見ると厳しいかもしれない。しかし、ドラゴンズだって守りでは負けないものを持っている。点が取れないときは、点を取りにいくことではなく、逆に“点を与えない”ことを考えるのが常套。そのためにもセンターで英智を起用し、アレックスをレフトに置いて鉄壁守備陣を形成。相手の進塁を食い止めながら、攻撃へのリズムを作ってほしい。

More
[PR]

by kuunn_17 | 2006-10-24 23:26 | '06 Dragons 観戦記

観ずに語るな!知ったかぶり解説者

「いつものドラゴンズじゃなかった。」

第2戦をこう評したデーブ大久保。
それは7回裏、一樹がバントを失敗したあと、谷繁がヒットを打った、一死1、2塁の場面でのこと。「平井に代えて、代打立浪ではなく、川相に送りバントをさせ、二死2、3塁にしてから荒木に代えて立浪」これが、デーブが言う普段のドラゴンズ、オレ竜采配らしい。

これのどこが普段のドラゴンズだろうか。
荒木が絶不調だった4月、5月でも荒木に代打を送ったことなど一度もない。
たしかに、荒木はここまでノーヒット、日本シリーズという短期決戦を考えれば、策自体がないわけではないが、それと普段通りというのは全くの別物。もし、落合監督がこの采を振るうとするならば、延長15回裏くらいしか考えられないだろう。それほど荒木を信頼しているということだ。

得てして、こういう大一番になるとデーブのような知ったかぶり解説者が増える。
落合監督の監督としての資質は疑うkuunnだが、野球観は素晴らしいと思うし、尊敬もする。その監督を三流以下の知ったかぶり解説者に評価されるのは納得できない。

オールスターでも先発解説に江本などという、ただの酔っぱらいを起用したフジTV。
オールスターは解説者もスターでなければならないし、日本シリーズでは解説者も日本一と呼べるような人にやってもらいたい。

ろくずっぽ野球なんか観ずにゴルフばっかやっとって、嘘はっぴゃくを並べる解説者がおるもんで野球人気が廃るんだわ。
そして、CS放送とはいえ、監督から信頼がないかのように扱われた荒木。
逆シリーズ男なんて声もあるけど、それを振り払う活躍を札幌で期待しとるでな!
デブに見せたれ!!

[PR]

by kuunn_17 | 2006-10-23 19:56 | 中日ドラゴンズ

昌、勝てず。ドラゴンズ逆転負け

e0022461_12273688.jpg

中日 2-5 日ハム(ナゴヤ)

昌、またしても勝てず。
1点リードの7回表、二死2、3塁で打者金子。落合監督がマウンドへ行ったことからも、金子を歩かせて次の八木勝負という選択はあったはず。代打が送られたとしても、好投をしていた八木を代えてくれるわけだから、ドラゴンズにとって悪くはない。
7回裏、無死1塁から一樹にピンチバンターを送らなかったことを含めて、今ひとつ煮え切らない敗戦だった。

【追記】
試合後の監督、山本昌のコメントは『満塁策は考えなかった』で一致。
だとすれば、金子に逆転打を浴びたことについては、なにも言うことはない。

「勝ち運がなかった。」
これもまた落合監督の試合後の言葉だが、天運は動かせずとも、地運は動かすことができたはず。で、あるならば、昌から平井への交代は無用。結果がどうであれ、昌を続投させることで選手を鼓舞し、(無死1塁の)布石ができたところで、代打川相の一手を打つ。そして最後に立浪を起用。
天運が日ハム側に動いた以上、地運を動かし勝利するためにはこの手しかなかった。

運に頼り、打つ手を打たず、選手、ファン、そして球場全体を勝利への雰囲気にもっていけなかった監督の勝負師としての無能さが浮き彫りとなった試合だった。
[PR]

by kuunn_17 | 2006-10-22 22:40 | '06 Dragons 観戦記

日本一にマジック3!!

e0022461_13462865.jpg

中日 4-2 日ハム(ナゴヤ)

日本シリーズ第一戦、ドラゴンズ先勝!!
エースが踏ん張り、守備でもり立て、打線が援護をする。
地味だけど、まさに野球で勝ったドラゴンズでした。


【こぼれ話し】

ドラゴンズの先勝で湧いた昨日のドーム。
僕はライト5階席(中段)での観戦。前列は20代後半くらいの男の人と女の人の4人組、後ろは親子、おじいちゃんの家族ヅレでした。
外野応援席では、なにかと「立ち応援」「座り応援」での議論がされていますが、昨日は周りの状況から座って応援した方がいいと判断。そのつもりでいこうと思いましたが、いざ応援となったらバラバラと立ち応援と座り応援が混じっていました。
僕の応援観では「立ちも座りも一体感が大切」なので、それを合わせるべく『立ち』に変更。
すると初めは怪訝そうな表情をしていた後列の家族だったのですが、序盤で点が入ったこともあり、お父さん、お母さん、子供を中心に楽しそうに立って応援を始めました。
おじいちゃんは立つことはありませんでしたが、孫が喜ぶのを見て嬉しそう。
周りもその状況を見て、立って応援する人で統一され、点が入ればみんなで喜びを分かち合っていました。
自己満足なのかもしれませんが、昨日は立って正解、試合が勝利に終わったこともあり、周りの人の笑顔が見れたのもうれしい一日となりました。
[PR]

by kuunn_17 | 2006-10-21 22:55 | '06 Dragons 観戦記

いよいよ明日シリーズ開幕 〜kuunn的シリーズ見どころ〜

ドラゴンズが52年ぶりの栄冠を勝ち取ることができるか。
いよいよ明日、中日対日ハム、日本シリーズの幕が開ける。

下馬評では、一昨年の経験、総合的な力量からしても『ドラゴンズが優位』という声は多い。しかし、必ずしも力がある方が勝つとは限らないのが、この日本シリーズという舞台だ。
日本シリーズは、誰もが知っている通り(引き分け再試合を除くと)最大で7戦しか行われない短期決戦。その短期決戦においては“勢い”が勝敗を左右するとは、よく言われることなのだが、前回、2004年の日本シリーズでは、ドラゴンズが連勝し、ナゴヤへ戻ってくるという理想的な展開にもかかわらず、結局はそこから連敗。日本シリーズを制すことはできなかった。このことからも“勢い”も大事な要素ではあるにせよ、それだけでは勝てないということがわかる。

では、日本一になるためにはなにが必要になってくるのか。
行き着くところは、やはり『1』に懸ける執着心ではないかと思う。一試合に懸けることもそうだし、一球、ひとつのプレーが大切になってくるだろう。その中でも僕が特に注目したいのは『ひとつ先の塁』への執着心だ。

今年、ドラゴンズが日ハムと対戦した公式戦は、当然ながら交流戦の6試合だけ。それ故、素人見ではどこをどうすれば勝てるなんていうものは全くわからない。じゃあ、打てば勝てるし、打たれたら負ける。そう思いながら観ればいいのかもしれないが、それでは、せっかくの日本シリーズなのにあまりにもつまらなさ過ぎる。
やはり、観るからには、交流戦での戦いを踏まえて、どこがどう変わったのか、変わっていないのかを観たい。そう考えたときに思い出したのが、交流戦で日ハムが見せた『ひとつ先の塁』を狙った走塁だ。

ドラゴンズは、交流戦で日ハムに対して2勝4敗とふたつの負け越しを喫している。
その大きな要員としては、打てども打てども点が入らない拙攻やバント、走塁などのミスが挙げられるだろう。しかし、3試合連続で延長戦になるなど、僅差の6試合でもあった。
「だからこそ、打てなかったことやミスがいけないのでは…」という声もあるだろうが、僕の野球観では『点を取れない=最大の敗因』ではない。なぜなら、打てなくて1点も取れなくとも、1点も与えなければ負けることはあり得ないからだ。
そうやって考えると、敗因の行き着いた先は(日ハム側の)『走塁』しか考えられない。

当時は荒木も井端も満身創痍だったし、英智のスローイングを見てもなにかがおかしかった。だからこそ白井コーチ(日ハムサードコーチャー)も回したのかもしれないのだが、いまのドラゴンズを見ても、荒木は横浜辺りからまた肩を擦るなど気にしていたし、孝介も春に痛めた肩が万全ではないという話もある。(英智、アレックスも今年は送球難)そう考えれば、この日本シリーズでも日ハムはガンガン走ってくるだろう。
それをドラゴンズの守備陣はどう凌ぐのか…。“似たようなチーム”だからこそ、『ひとつの塁』をめぐる攻防に注目して日本シリーズを観戦しようと思う。


先行前売りでは第7戦しかなかったチケットも、観戦仲間の好意でチケットを譲ってもらい、ナゴヤ全試合を観れることになった。これでテレビだとよくわからない守備体型もわかり、ポイントとした走塁にも注目できる。Tさん始め○龍會のみなさま、本当にありがとうございました。
[PR]

by kuunn_17 | 2006-10-20 17:23 | 中日ドラゴンズ

一年間お疲れさま アンド ありがとうございました

e0022461_18521131.jpg


16日をもって今季の全日程が終了したドラゴンズ。
87勝54敗5分(勝率.617 )の見事な成績で優勝。
本当によく頑張ってくれたと思います。

ファンのみなさんも一年間、146試合の応援、本当にお疲れさまでした。
そして、でらDra とkuunnに温かいコメントとTBを下さり感謝の気持ちで一杯です。

一年間、ありがとうございました!!!!

次は日本一の座を賭けたシリーズが始まります。
その時はまた気持ちを入れ替えて、がんばって応援しましょうね!

More
[PR]

by kuunn_17 | 2006-10-17 19:21 | 中日ドラゴンズ

言葉では語り尽くせぬ友情

阪神 5-1 中日(甲子園)

6番サード片岡、3番レフト立浪・・・
PL学園では4番として、主将として、同じ夢を抱き、共に頑張り、切磋琢磨をしてきたふたりが、最後に“夢の舞台”甲子園のスタメンに名をつらねた。

きのう今季限りで現役の引退を表明した阪神片岡。
「結果に悔いは残る。だけど、やってきたことに悔いはない。」
日ハムで10年。阪神で5年。完全燃焼の引退だった。

片岡と立浪。互いのことを“たっちゃん”、“あっちゃん”と呼び合う『なんでも語り合える友』。同じ野球人として、友として、立浪もただ見ているわけにはいかなかった。
試合前にスタメンでの出場を直訴。“あっちゃん”の最後の瞬間を同じグランドの上で見届けたかったのだろう。
5回は、ヒットで塁に残った片岡に握手するためにレフトから駆け寄った。7回には、片岡、現役最後の打席、立浪の頭上を越えるツーベースの打球の処理もした。引退の挨拶では一目はばからず、拭うこともせず、涙を流し続けた。

そんな“たっちゃん”の気持ちが片岡もうれしかった。
グランドを一周、ファンに別れの挨拶を済ませた片岡が、最後に足を向けた場所も立浪のもとだった。「終わったよ」片岡の口の動きはそう言っていた。

PLの同級生で4人がプロへ入り、橋本、野村に続いて、片岡までも引退。立浪にとっては寂しい限りだろう。だが、立浪にはまだやらなければいけないことがある。やり残したことがある。
そう、それは日本一だ。
先に引退した3人のためにも、日本一になって元気な姿を見せてもらいたい。
そして、またいつの日にか、グランドの上で戦う日を楽しみにしている。

あっちゃん、15年間お疲れさまでした。
[PR]

by kuunn_17 | 2006-10-12 22:20 | '06 Dragons 観戦記