<   2006年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧

惨敗の中で見えた課題を克服しろ。

巨人 15-4 中日(東京ドーム)
いつもは展開にかかわらず試合終了まで見続けるのを常としていたが、10対0になった時点で外食に出かけることにした。
家に帰ってきたら、15対4。
移動中にラジオを聴いてはいたので、15対0から4点を取ったことはドラゴンズの意地といったところだろうか。
とくに途中出場でニ安打を打った上田の頑張りは評価してあげなければいけない。
あの点差の中で、自分の立場を理解し、与えられた場所でしっかりと仕事をした。

それとは対象に中二日とはいえ、結果的に役目を果たすことができなかった石井、なかなかこういう展開でなければ出番がなく可哀想な気もするが、ガルバの投球は残念だった。
とくに石井は首脳陣からもファンからも期待され、本人も「いつかは先発」と思っていると思うのだが、今日のような結果では、試合を任せるには荷が重いのかなとも思ってしまう。
結果がダメだからいうわけではないけど、もう一度自分の与えられた仕事はなんなのか、自分にはなにができるのかを考え直して、次の登板に備えてもらいたい。

とにかく今日はプロになって初めて中4日で先発のマウンドに立った中田が試合を壊してしまった。
これには表ローテと裏ローテの軸を作ることと、憲伸と中田を並べたくないという首脳陣の判断から中4日での起用となったと思う。
だから中田を責めることはできないのだが、終盤、優勝争いになった時には去年の憲伸のように対戦相手によって登板日がバラバラになることはあり得る話なので、調整法や疲れの除去方法などをこれを機会に覚えて、今後に活かしてもらいたい。

3タテと意気込んだ巨人との3連戦だったが、1勝2敗と負け越してしまった。
しかし、まだ始まって1ヶ月。
目先の勝ち星よりも、今週を3勝3敗で乗り切れたことを評価するとともに、負け試合で得た課題を克服していってほしいと思う。

◇落合監督
「一年間やってたら、こんなゲームもあるよ。そうそう思い通りでは進まない。全て思い通りいったら146試合全部勝っちゃうよ。
(石井を二番手として使ったのは)若い投手なんだからいろいろ試させなきゃ。それでダメだったら下にいくだけ。下にもいいピッチャーはたくさんいるんだから」 (CBC Exciting Stadium

◇中田
「(3本塁打を浴び)球が高過ぎた。もっと低めに投げなければ」(サンスポ

[PR]

by kuunn_17 | 2006-04-30 22:28 | '06 Dragons 観戦記

まさにマサ様々!

巨人 1ー5 中日(東京ドーム)
相手のミスで先制、中軸の連打で中押し、アレックスのホームランでダメ押しと、理想的な点の取り方で、対巨人戦の連敗を3で止めたドラゴンズ。
なかでも同点に追いつかれた直後の5回表、先頭の荒木が選んだフォアボールが試合を決めたといってもいいだろう。
9回にまた送球の不安定さを露呈した荒木だが、打っては2安打2四球と1番打者の役目をきっちりと果たし、調子を上げてきている。
2番、井端の状態はいまだどん底に近い状態だが、3番、孝介はいい状態を保っているので、荒木は井端を助ける意味でも今日のような活躍をしてほしいと思う。

投げてはベテランの山本昌が持ち味の打たせて取る投球で、今季2勝を挙げた。試合前は相手が成長著しい内海だったので、少し厳しいかとも思ったが、見事投げ勝ってくれた。
左の先発がちょっと頼りなかっただけに、今日の好投は素直に嬉しい。

明日は佐藤充が登録即先発しそう。
2軍では抜群の安定感を見せていたらしいので、期待して観たいと思う。
[PR]

by kuunn_17 | 2006-04-29 21:56 | '06 Dragons 観戦記

Miss.ドラゴンズにバッテリーはビンビン

巨人 5-3 中日(東京ドーム)
一回、福留の8号ソロ本塁打など5安打を集めて3点を先制したが、先発マルティネスが乱調。直後に一死三塁から暴投で1点を許すと、二回も二死二、三塁から暴投などで追いつかれた。四回は途中から朝倉が登板したが、無死満塁でサイン違いから小田が捕逸、決勝点を献上した。(中スポ

ミス、ミス、ミス、ミス、ミス。
今日の試合は小さなミスを除いても、5つのミスがあったように思う。

まずは初回、一死3塁からのワイルドピッチ。
次が二回、二死2、3塁からのこれまたワイルドピッチ。
お次は四回、無死満塁からのパスボール。(サイン違い)
極めつけは8回表、無死2塁から、ウッズに代わった代走・藤井の大チョンボ。

これだけミスを犯せば、初回に上原から3点奪ったとしても負けて当然だ。

「あれ? 4つしかないがん」
そう。たしかにここまでに書いたものは4つしかない。
この4つは大きく触れられると思うのだが、僕は朝倉のサイン間違いを除くと、結果的にミスになっただけであってたいしたミスではないと思っている。
じゃあ、あとひとつはなんなのか。
それは二回裏、二死3塁から鈴木の当たりを内野安打にしてしまったマルティネスの守備だ。

パッと見ると、あの打球処理はホームベース付近でバウンドし、高く舞い上がった為、内野安打でも仕方がないように思えるのだが、同じ左利きの僕から言わせてもらえば、打球を処理してから投げるまでのステップがひとつ多い。
わかりやすく言えば、捕球して振り向きざまに一塁へ送球しなければならないところを、ステップを踏みながら投げてしまったということだ。

たしかにこれは簡単なことではないし、マルティネスができたかどうかもわからない。
しかし、去年の秋季キャンプに落合監督は「参加させる」といいながらも帰国させてしまったことが、ここに表れていると思う。
もし、投げ込みがメインではないキャンプにきっちりと参加させていたならば、マルティネスのフィールディングはもっと上手くなっていただろうし、今日のようなことはなかったかもしれない。
そう思えば、マルティネスのミスだけではなく、秋季キャンプに参加するよう説得できなかった(しなかった)首脳陣の責任だと僕は思う。

あの場面、同点にはならず、1点差でまだリードしていたとしたら、今日の試合はどちらに転ぶのかわからなかったのではないだろうか。


※これだけのMiss.に囲まれたら普通はうれしいんだけどなあ。
 野球のミスじゃどうしようもにゃーでかんわ。
[PR]

by kuunn_17 | 2006-04-29 01:54 | '06 Dragons 観戦記

鈴木、一軍昇格!

中日は28日、27日に行われたヤクルト戦で中継ぎで登板し、2回を投げて3安打、1失点だった石川賢投手の登録を抹消。
代わりに鈴木義広投手を一軍に登録した。(共同通信社

先日、ちょうど僕がナゴヤ球場に観に行った、ウエスタン、25日のサーパス戦に吉見の後を請け2番手で登板し、1回1失点。(2回だったかも)
実際に観た感想は、2−3ピッチが多く、まだまだ調整が必要かなと感じた。
だから正直、この昇格は予想外だったのだが、高橋聡など他の投手をみても、みなパッとしない。

仕方がないといえば仕方がないのだが、1点を争う場面で使えるかどうかは微妙だ。
しかし、鈴木は気持ちが入れば素晴らしい球を投げるので、今季初昇格、しかも一軍の実戦登板になれば変わるかもしれない。
不安はあるけれど、そこに期待して投球を診たいと思う。

◇ 鈴木投手
「もう球速も戻ってきたし、いつでもいけます。
 スタミナも問題ありません。頑張りたいです」
(中スポ)

◇ 石川投手
「残念です。でも、必ずまた上がってみせます」(中スポ)

さあ、いよいよ試合開始!
先発は中日・マルティネス、巨人・上原。
そしてドラゴンズは下位打線を大幅に入れ替え、6番に4試合ぶりのスタメン、前回の対戦で上原からサヨナラHRを打っている立浪和義、7番、上田、8番、小田の布陣で挑みます。

絶対に勝ーーーつ!!!!
[PR]

by kuunn_17 | 2006-04-28 17:51 | 中日ドラゴンズ

えっ?! 中日 2x - 8 ヤクルト

中日 2x-8 ヤクルト(ナゴヤ)

「9回、ニ死、1、2塁」
「ここでドラゴンズは代打に立浪を送ります」

「一打出ればサヨナラ」
「カウント2ー3」
「ピッチャー五十嵐、セットポジションから第6球を投げた!」

「打ったーー!!」
「詰まっているが、どうだ。どうだ。落ちたーー!!」

「2塁ランナーの渡邉、今、バンザイをしながらホーームイン!」
「ドラゴンズ、サヨナラー!!!!」
「立浪が一塁をまわったところでもみくちゃにされています!!」

「7点差で迎えた9回にまさかのサヨナラ勝ち!!!!」
「ライトスタンドの万歳も止み止みません」

\(^_^)/ばんざーい \(^_^)/ばんざーい \(^_^)/ばんざーい


って、三重TV・・・
なんで「2x」になっとんだて!
でも、ナイス♪♪ 今日一番笑えたで(笑)
[PR]

by kuunn_17 | 2006-04-27 21:33 | '06 Dragons 観戦記

Happy !! lucky !! コースケDAY♪♪

中日 4-3 ヤクルト(ナゴヤ)
孝介の放ったなんでもない打球が、セカンドキャンバスに大当たり!
ベース上、孝介も思わず吹き出すラッキーヒットでツバメに連勝!!

決勝点は思わぬ形で入ったが、これも野球の流れといったところだろうか。
3点ビハインドの6回、二死から孝介がライト線へツーベースを打つと、ウッズが連夜の逆転弾かという右中間フェンス直撃のタイムリーで反撃の狼煙をあげる。そこからアレックス・右前ヒット、代打・立浪・左前タイムリーヒット、渡邊・左前タイムリーヒットと、孝介からの5連打で一挙3点を奪い同点に追い付いた。

しかし、この5連打を見てみると、ひとり大ポカを犯した人がいる。
それは先日の米子で行われた広島戦でも牽制死という凡プレーをした怠慢・ウッズだ。
孝介のツーベースヒット後、あわやHRというアタリを放ったウッズだったが、自身も入ったと思ったのか、打ったあと走りもせずに打球を見ていたため、ツーベースヒットになるところがシングルヒットになってしまった。

昨日は好走塁でアレックスがツーベースにして流れを掴んだが、今日は全くの逆。
たまたまアレックスの後に、立浪がウッズのミスを帳消しにするタイムリーヒットを打ったため事なきを得たものの、これがアレックスだけで終わっていたら、2点入るべきところが、1点しか入らないという負けに繋がるミスになったに違いない。
もっと言えば、アレックスのタイムリーで一点差、立浪のタイムリーで同点(ホームへ返球の間にアレックスは二塁に進む為)渡邊のタイムリーで逆転(同右)さえあり得た。

ウッズの持ち味はHRだということはわかる。しかし、HRだとしても走らなければならないのならば、スタンドインするまでは全力疾走でなくとも二塁まではいけるような走塁をしないと。オールスターならいざ知らず、今は皆が生活を賭けた真剣勝負のペナントレースの最中なのだから。

投の方では、悪いながらも7回3失点とゲームを作ったエース憲伸
試合終了後は笑顔だったが、初回にはグラブで腰を叩いたり、腰の運動をするなど体調も心配した投球だった。TVで確認したのは初回と7回の三度で実際どの程度の状態かはわからないが、6連戦が続くので体調管理には十分気を使って、次回は万全の体制で望んでもらいたいと思う。


■ 試合後のコメント ■ 

◇ 福留孝介
「今日はここに立ちたいと思っていたので本当に立つことができて良かったです。(同点のきっかけとなった二塁打について)2アウトだったので3人で終わるより一人でも多くランナーに出たほうが良いと思って打席に立ちました。今良い感じで打てていると思います。(勝ち越しタイムリーについて)ベースに当たってラッキーのひとことですが、それまでにチャンスを作ってくれたチームメイトに感謝です。今日はたまたま誕生日なので運が良かったと思います。これからも運を使い切らないようにがんばります。このまま良い勢いで東京に行きたいので、まずは明日勝てるようにがんばります。今日はたくさんのご声援ありがとうございました!」(中日ドラゴンズスコアボード

◇ 落合監督
「石川は6回だけボールが高めに浮いていた。それまでは遊ばれていた。
(福留の勝ち越しタイムリーについて)今日はセカンドベース様々だよ。二重にラッキーが重なった。ピッチャーゴロだった。立浪は大事な所での一打席の集中力は、他のチームメイトに持っていないものをもっている。疲れているなら、しばらくこういう使い方をするしかない。」(CBC Exciting Stadium

■ 選手談話 ■中日ドラゴンズスコアボード

◇ ウッズ(6回、タイムリーについて)
「チェンジアップ。入ったかなぁと思ったんだけど、上手く打てたな。」

◇ 立浪(6回、タイムリーについて)
「スライダーかな。積極的に行こうと思っていた。いいところに飛んでくれた。」

◇ 渡邉(6回、タイムリーについて)
「カットボール。ストライクなら積極的に打とうと思ってました。」

◇ 川上
「いつもより少し力が入りすぎてしまった。今日はボールが高かったです・・・。」

◇ 福留(7回、タイムリーについて
「シンカー。本当に良い所に飛んでいってくれました。
 ラッキーでした。今日、誕生日で良かったです。」

◆◇ 平田、プロ実戦デビュー!!◇◆
[PR]

by kuunn_17 | 2006-04-26 23:12 | '06 Dragons 観戦記

オレ竜采配ズバリ的中!!

中日 7-2ヤクルト(ナゴヤ)
不振の立浪に代わってスタメン起用された渡邊が期待に応える3安打、3打点の大活躍!! この渡邊の活躍はドラゴンズにとっても立浪にとっても、とても大きなものになったと思う。下の記事に『右の代打もできる内野手』はいないか?などと言い、すっかり忘れてしまいごめんなさい(笑)

もうひとり僕の中で大活躍したと感じたのが谷繁だ。
初回、2回と二死から岩村、米野にHRを浴びた時には、正直「谷繁、なにやっとんだ!」と思った。なぜかといえば、ヤクルト打線は明らかにスライダー系の球を狙っていたからだ。たしかに中田の調子は良くなかったし、HRを打たれた球は明らかに失投だったのだが、『狙い打ちされるのは捕手の責任』と楽天、野村監督がいうようにこのニ本のHRは谷繁の配球ミスだと僕は思う。
しかし、3回からはストレートを軸として、投手有利のカウントは、カーブ、スライダーを見せ球、そして勝負球はフォークというパターンに変更した。それによってスライダー系を狙っていたヤクルト打線に的を絞らせなかったのは見事だった。

そして今日の試合の中でもっとも光ったプレーは、3回、ウッズの逆転弾の後、いい当りではないものの足で二塁打にしたアレックスの走塁だったと思う。
終盤にきての逆転弾ならば、試合の流れを一気に持っていけるのだが、今日はまだ序盤、ここで終わらせればヤクルトにもまだまだチャンスはあった。だが、このアレックスの走塁で、続く英智打球を石井一が暴投した間にアレックスが生還し、流れがドラゴンズに傾いたといっていいだろう。もし、これがシングルヒットだったら…。今日の勝利はなかったかもしれない。それほど大きな走塁だったと僕は感じている。

なにはともあれ、6連戦の初戦を取れたことは大きい。しかも中田の球数からして、中4日で30日の巨人戦登板が濃厚だと思う。今の中田を見ると大崩れするとは考えにくい。なので、明日は憲伸でヤクルト戦の勝ち越しを決めて、今週の戦いを楽にしよう。

おまけ
[PR]

by kuunn_17 | 2006-04-25 21:21 | '06 Dragons 観戦記

今こそ若手の台頭チャンス!

中日は24日、岡本真也投手、小山良男捕手の一軍登録を抹消した。(共同通信社
ここ2試合の岡本を見てみると、22日はストライクが入らない、23日はストレートに球威なし、しかもシュート回転と全く使える状態ではなかったので、この降格調整は当然といったところだろう。
一方、小山は登録された時から、なぜ登録されたのかがわからなかったのだが、谷繁の体調が回復したと考えれば、登録、抹消の説明がつくように感じる。小山には悪いがドラゴンズにとってこの抹消はプラスといったところだろうか。

抹消される選手がいれば、当然上がってくる選手がいる。
誰が上がってくるのかは明日になってみなければわからないが、明日から交流戦が終わるまでの8週間は6連戦が続く強行日程なので、ひょっとすると投手13人体制になるのかもしれない。そうなるとファームで3勝を挙げている佐藤充が大本命となるのだが、果たして・・・

個人的には右の代打もこなせる内野手をひとり上げてほしい気はしているのだが・・・
ファーム通の方、誰か調子のいい若手はいませんか?
[PR]

by kuunn_17 | 2006-04-24 20:29 | 中日ドラゴンズ

勝敗を分けたワンプレー

広島 13-0 中日(米子)
序盤から中盤は佐々岡、山本昌のベテランらしい投手戦。
7回からはエラー続出(記録員甘過ぎる)草野球。

こんな試合になってしまった戦犯は、7回、牽制死をしたタイロン・ウッズだろう。
この回、先頭の荒木がまずはヒットで出塁。井端、孝介の進塁打で迎えたニ死3塁、ウッズは際どいボールを選び四球で出塁する。続くは、試合前に落合監督から指導を受けるなど、下がり調子とはいえども今のドラゴンズでは孝介の次に期待が持てるアレックス。

今日の佐々岡は5回までをパーフェクトに抑えるなど素晴らしい投球だったが、大竹を欠き先発不足の広島だから、この次の回には必ず継投をしてくるはず。ここでドラゴンズが1点でも取り戻すことができれば、この試合、ドラゴンズの勝利と僕は思った。しかも、ウッズに対する佐々岡の投球、表情から、次のアレックスが打つ可能性はかなり高い。

この僕が勝利を確信した次の瞬間、絶妙なタイミングでブラウン監督はマウンドへ行き、佐々岡に『間』を与える。ここでブラウン監督が何を言ったのかはわからないが、これにより冷静さを取り戻した佐々岡は一塁へ牽制し、あろうことかウッズは牽制死。
この後ウッズは「佐々岡の肩が入った」などとアピールしていたが、結果が変わるはずもなく、流れだけが変わり13−0という大差での敗戦となる。

結果論と思われるかもしれない。たらればを言っても始まらないかもしれない。だが、あの場面でウッズが牽制というミスを犯していなければ、ドラゴンズは間違いなく点を取り勝利を収めていただろう。逆に言えば、昨日は内野手5人の満塁シフトという驚く采配をみせたブラウン監督が、今日は流れを読み『間』を取るという素晴らしい采配で広島を勝利に導いた。

結果はたったひとつのプレーで大きく変わる。それが野球であり、勝負だと僕は思っている。
ただ単純に「ミスをすれば負ける」というと、点を取られた回などのミスが大きく取り扱われる。だが、そのミス自体が結果だということを今日の試合が教えてくれた。
ミスがあるのも野球だから、荒木、井端にしても、ウッズ、立浪にしても、勝負が決まってからのミスはどれだけしても構わない。しかし、試合を左右しかねない局面でのミスをどれだけ減らせるか。そのことを頭においてプレーをしてもらいたいと思う。
[PR]

by kuunn_17 | 2006-04-23 18:02 | '06 Dragons 観戦記

明日は休みでお願いします(^^;

広島 5ー7 中日(米子)
5時間半を超えるドタバタ岡本劇場に、見ているこっちまでもうクタクタ状態…(+0+)=3
勝ったからいいようなものの、これが負けていたらと思うと、考えただけでおぞましいです。
雨の中、現地で応援されていた両チームファンのみなさま、ほんと~にお疲れさまでした((*m_ _)m
風邪など引かないようにして下さいね。
しかし・・・今日、中学野球部の紅白戦に人数が足りないということで参加してきましたが、中学生ですら3連続四球などありませんぞ(エラーもほとんどないし)
それに引きかえ今日の試合ときたら…。只今、大会前の練習試合相手andバッティング投手を募集していますので、広島球団関係者、ヲカモト投手がこれをご覧になったら、いつでも連絡下さいwww

それにしてもブラウン監督は面白いですね。
あの満塁シフトで(*-O-)w おぉーと、思ったのもつかの間、パスボールで点を取られた時の表情ときたら、もう最高でした~
[PR]

by kuunn_17 | 2006-04-22 19:40 | '06 Dragons 観戦記