カテゴリ:'05 Dragons 観戦記( 68 )

めんそーれ♪

e0022461_17474498.jpg

ただいまー(^O^)/
北谷から帰ってきました☆

と、言っても北谷へ行ってきたのは僕じゃないんですけど(^^;
僕はというと、PCが壊けてまして、知り合いに診てもらっていたのですが、結構な重症らしく買い替えも視野に入れて検討しているところです(嗚呼)
というわけで、しばらくは出没できそうもありませんが、復帰したときには、また宜しくお願いしますm(_ _)m

では、よいお年を・・・って、をい(*´Д`;)
[PR]

by kuunn_17 | 2005-11-28 17:47 | '05 Dragons 観戦記

一年間お疲れさまでした!

e0022461_1163222.jpg
10/7 ナゴヤ【中日 1-6 横浜】

ナゴヤドームで行った今季の最終戦。
最後は勝って締めくくりたい気持ちもありましたが、結果は1-6の惨敗。
しかし、今は一年を終え充実感で一杯です(しばらくすると寂しくなるんだろうな…)

どうせドラゴンズ日記を書くならと始めたブログでしたが、
そのブログでたくさんのドラファンの皆さんと知り合えて嬉しかったです。

ありがとうございました!

今年はこれで終わってしまいましたが、
来年また皆さんと共に喜び悲しみを分かち合えたらな。と、思います。

一年間お疲れさまでした!

あっ、なんかブログを一時ヤメルような書き方ですが、そゆわけではないんで
みなさんこれからもよろしくお願いしますね♪

※今日一緒に観戦していただいたナヤドラさん
ありがとうございました!楽しかったです!
来年は富山でもどこでも(え)お供しますので、よろしくお願いします。
(広島、下道&吉宗は遠慮します//笑)
O君はじめ寿司1さんにもよろしくお伝え下さい。


よ〜〜〜〜〜 パン!!

(^ー^)お疲れ様でしたぁ〜♪

<追記>
今日の敗戦により今季の成績が11勝12敗となりました(ぁぅ)
今、思えばやはり8月16日〜21日の讀賣、横浜6連戦に
4試合観戦して1勝3敗だったのが痛かったけも…
[PR]

by kuunn_17 | 2005-10-08 01:52 | '05 Dragons 観戦記

大丈夫か? 若竜

e0022461_2235592.jpg

10/6 神宮【ヤクルト 5-0 中日】

若竜は大丈夫なの?と、言いたくなるような試合でしたね(嗚呼)
今日もスタメン澤井に注目してみたのですが、
打ってはノーヒット、
守ってはエラーといいところなしでした(>_<)

なんか、二遊間寄りの打球を捌くときの足の運び方が
おかしい気がするのは僕だけでしょうか?
三遊間はスムーズに動いているんですけど…。

澤井には本当に期待しているので
頑張ってもらいたいと思います。

今日も神宮に詰めかけた、たくさんのDファンの皆さん
応援お疲れさまでした!

※僕はやけ酒飲んでます。(T_T)
(ピースは気にしないで下さい//苦笑)
[PR]

by kuunn_17 | 2005-10-06 22:03 | '05 Dragons 観戦記

燃えろ若竜ドラゴンズ!

10/5 神宮【ヤクルト 6-3 中日】

いつもは投手中心の記事が多いですが、
たまには野手にスポットを当ててみようと思います。
まず、はじめに挙げるのは目の調子が悪い井端に代わって、
5月以来のスタメン起用となった澤井道久選手。

今年は新人野手でただ一人開幕から一軍入りを果たし、
主に代走で活躍をしてきた澤井。
シーズン途中からは試合経験を積む為、二軍に落ちはしたものの、
落合監督の指名により一番ショートで固定され、
打撃成績も下ではそれなりの結果を残している感じでした。

それ故にどれだけレベルアップをしているか注目していたのだが、
今日の試合を見た感想は、基本的なショートの動きが出来ていない。
特に感じたのは初回、二死ランナーなし、岩村の場面と二死一塁、ラミレスの場面。
記録上は両者とも内野安打。
しかし、岩村の打球は、澤井のスタートが悪くバウンド合わせ損ない、
ラミレスの打球は荒木がセンターへ抜けるかという打球をダイビングで好捕したが、
澤井が二塁ベースカバーに入っていないというものだった。

それ以外にも、初回(二度)3回、7回(各一度)に悪送球とは言えないが、
ウッズが打者にタッチをするなどのプレーがあり送球難を露呈。
雨が降っていることを差し引いたとしても
開幕前のOP戦で鎌田と共に悪送球をした時そのままの状態だったのは残念だ。

このように守備でのレベルアップが正直感じられなかった澤井だが、
バッティングはノーヒットだったものの、ある程度の成長が見えたと思う。
その成長が伺えたシーンは5回。先頭の荒木がヒットで出塁し無死一塁の場面。
2−1とドラゴンズが1点リードの局面なので、
優勝争いをしている時ならば、送りバントのサインが出てもおかしくはない。
しかし、ベンチが選んだ采配は荒木の単独スチールと、澤井へのノーサイン。
たぶんベンチとしてみれば、
勝敗ではなく、澤井がどんなバッテイングをするかに注目したのだと思う。

荒木が盗塁を成功させ、無死二塁。澤井は最悪でも右打ちをしてランナーを進めたい。
ヤクルトバッテリーからすれば、当然、外を攻め進塁を阻止したい(投手は右の館山)
澤井はここで2−1からの外ストレートを2球続けてカット。
つぎの真ん中インコース寄りを思いっきり引っ張ってライトへ運んだ。
が、結果は痛烈な当りのライトライナー。
本来ならばボテボテでも転がしてランナーを進めろ。と言う所だが、
澤井本人にもその意識は見てとれたし、
外のボールをカットして、内のボールを逃さず打ったことは評価してもよいだろう。

井端の目の状態から突如めぐってきたスタメンで、
澤井自身も、自分がやらなければならないことはしっかりと見えたはず。
スイッチヒッターで俊足。そのふたつだけを見ても他人にはないモノを持っている。
明日も使ってもらえるかどうかは分らないが、
使ってもらえるならば、試合の中で試すいいチャンスだと思い頑張って欲しいし、
使われなくても、今日の課題を秋季キャンプ、春のキャンプでクリアして欲しい。


そして、次に挙げるのが今日の試合でフルイニングマスクをかぶった小山良男捕手。
谷繁がFA権を取得したことにより、今オフ退団する可能性もあり得る。
その為、この小山には前田章広と同じくらい秘かに注目していた。

キャッチャーの事は僕もやったことがないし、よく分らないのだが、
今日見ていて感じたことは、朝倉と呼吸も合っていたようだし、
キャッチングもそこそこ出来ているのではないか?と思った。

しかし、驚いたのが
6回裏二死、二塁にリグスを置き、真中にライト前へ運ばれた場面。
孝介の返球はワンバンの素晴らしい送球。
しかし、タイミング的にはセーフだったので「ああ同点か」と思った。
ところがスライディングをしなかったリグスは、
ホームベースに触れておらず、審判のコールはなし。
当然、小山はリグスをタッチしに行く。リグスも当然逃げる(笑)
そしてミットをかいくぐられホームへスライディングでホームイン...(◎_◎;? ハイ?

落合監督が出てきて3フィートラインオーバーではないかと抗議するが
ホームベース上で3フィートライン???
僕もホーム上でタッチをくぐられセーフになるなど見たことがないのでよく分らないが
審判団が協議をしても結果は変わらずセーフ。

よく考えれば、って、よく考えなくても(僕はとっさに思った)
二死なのだからホームベース上で待っていればいいわけで、
最初のタッチを避けられた時点でホームベースに要ればよかったのでは?
今日の失点全てが二死からだったというのも、
こういった状況判断の甘さからきているのではないか?

高校では松坂、大学では木佐貫という素晴らしい投手の球を受け、
全国制覇も成し遂げているだけに、落ち着いている感じがする小山だが、
プロのキャッチャーとしてはまだまだ…。
キャッチングはともかくリード面や状況判断はとにかく頭を使わなければならない。
考えてから動くのではなく、とっさに感じることができるのも捕手としての務め。
秦さんという素晴らしいコーチがいるのだから、
よく聞き、よく学び、よく動き、ドラゴンズの要になるべく精進してもらいたい。

打撃に関してもまだまだ物足りない部分はあるが、
今日のプロ入り初打点を挙げた打席は、上手く体を残しボールを拾えていたし、
ボールの見極めさえできるようになれば、打てるキャッチャーになれる素質はある。
打って守って送ってとキャッチャーは大変なポジションだが、
全国制覇という星の元に生まれた小山なら、きっとやってくれると信じている。

初打点おめでとう!

今日はいつもと違い、二人のルーキーに的を絞って書いてみました。
二人ともOP戦から期待されていた選手なので潜在能力は十分あると思います。
しかし、井端や谷繁を脅かせるような存在かといえば、まだまだと言わざるを得ない。
それでも優勝を争うには有事に備えておくのも大切なこと。
いざ事が起こった場合に慌てぬよう、
二人ともこの試合出場という経験を活かし、レベルアップをしてもらいたいものです。

古田選手のヒーローインタビューではないですが、降水確率100%の中、
神宮に応援へ駆けつけたドラゴンズファンの皆様、お疲れさまでした!!

そして古田選手、1000打点おめでとう!!

[PR]

by kuunn_17 | 2005-10-05 23:39 | '05 Dragons 観戦記

2年目のジンクス克服へ

10/4 神宮【ヤクルト 2-1 中日】 中田、7連勝ならず 宿題抱え沖縄へ

6回111球5安打2失点。
8月終わりから大車輪の活躍をした中田の今季最終戦が終わった。

6回111球という球数が物語るように、昨日の中田は立ち上がりから制球に苦しんだ。
しかし、雨中での厳しい戦いで2失点なのだから仕事はしたと言ってもいいだろう。
球団新記録となる新人での7連勝が出来なかった理由が
再三に渡るチャンスをモノにすることが出来なかった打線にあるのは明白だ。
でも、僕は7連勝できなかったことが中田にとって良かったことだと思う。
いつもながらファンとしてあるまじき発言をしてしまう自分が嫌になるが(苦笑)
前回6連勝を達成した27日の横浜戦直後から最終戦は勝たないで欲しいと思っていた。

なぜ勝たないで欲しいと思ったか・・・それは来年勝って欲しいから。
野球の世界だけでなくどの世界においても2年目のジンクスとはよく言われること。
これには相手から研究され、本人は変わっていなくても結果が出ないこともありますが
いい成績を収め、ホッとすることによる慢心からくるとも言えなくないと思います。
どちらかといえば、中田は慢心とは無関係のような感じに映る。
しかし、それでも人の子。。。絶対とは言い切れない。

今年のOP戦から中田をずっと見てきて感じたのは
『内容が悪い試合をする毎に成長をしている』ということ。
勝利投手の権利を目前にあとひとつのアウトが取れず連打を浴びた開幕3戦目。
中継ぎから先発に復帰し、ズタズタになった千葉での試合。
勝ちは付いたものの5回8四死球と大乱調だった甲子園での初登板。
これら、中田にとってはとても納得できない投球をした次の試合では
その全てにおいて何が悪かったのかを修正し、そして好投している。

昨日の試合を振り返ると、5回先頭の石堂に対してストレートの四球。
相手が野手ならばまだ分るのだが、石堂は投手。
いくら最初の打席にヒットを打たれているとはいえ、やってはならないこと…。
中田本人も試合後コメントしているように十分に反省していることでしょう。

言い方は変ですが、中田にとってはこの反省こそが最大の武器ではないかと思います。
この反省を教訓に秋季キャンプを迎え、みっちりと鍛える。
落合監督が言うように中田は頭のいい子ですから、
来年まで石堂へ投じた4球を忘れず、必ずや好投してくれるものと思います。


<追記>
昨日の試合、僕は中田のセットポジションに注目していた。
谷繁のサインを見る時、右手にボールを持つ中田。
雨が降ってきてからもそれは変わらなかった・・・。
当然ボールは濡れる。濡れれば滑る。
中田がエースになるには、細かな所も鍛えなければならないと思った。
[PR]

by kuunn_17 | 2005-10-04 22:30 | '05 Dragons 観戦記

ありがとう

e0022461_20173021.jpg
 ああ…
e0022461_2018211.jpg
 なんて言えばいいのか・・・
e0022461_20182053.jpg
 とにかく・・・
e0022461_20183543.jpg
 最高です!!

もう...ほんとよくわかりません(涙)
ドラゴンズファンでいて本当によかった。
そして、blogを通してこの喜びを分かち合えることが本当に嬉しいです。

みなさんありがとう。

ドラゴンズありがとう。


今日の試合をTVで応援していた人の為にも、
現場で感じたことを書きたいけれど、
なんか全然頭が働きません・・・

ただひとつ言えることは、とにかく感動しました。

今年は優勝することができませんでしたが、
最後までこんな試合を見せてくれるドラゴンズに感謝です。


ほんとに、ほんとに、ありがとう。


今から友達の誕生日会へ行ってきます。
ドラゴンズがくれたこの幸せを、友達にも与えられたらいいな...

僕が出かけてから、昨日の記事にコメント下さった。
みんこさん、恵里ちゃん、PIEさん、ぴよさん
コメント返せてなくてすみません。必ず返事しますので許して下さい。

では...ドラゴンズとドラゴンズの明るい未来に

乾杯!!
[PR]

by kuunn_17 | 2005-10-01 20:44 | '05 Dragons 観戦記

岩瀬45s 日本タイ記録!!

9/30 ナゴヤ【中日 3-2 広島】

阪神が優勝を決めた翌日、ドラゴンズは早くも来期に向けて動き始めた。
まずその手始めとして前田章広中村公治をスタメンで起用。
それ以外にも、中里篤史小林正人小山良男を一軍に登録した。

試合の方はスタメン起用の中村公、前田が連続押し出し四球を選ぶなど大当たり?(笑
広島先発のレイボーンからなかなかヒットは打てなかったが
こうやって若竜達が四球でも頑張って選んでくれることが素直に嬉しい。
一方、投げる方では来期も活躍してくれなければ困る
と言うほど成長したマルティネスが広島打線を7回2失点に抑える好投を見せる。
まだまだフィールディングやベースカバーなど来期に向けた課題も多いが
今日は牽制でも刺しているし、日本で成功させたいと思っているマルなら
森コーチとマンツーマンで練習をし、もっと成長していってくれることだろう。

そして今日のヒーローはなんと言ってもこの男!
それはマルボロライトと吉宗をこよなく愛す(笑)ドラの守護神岩瀬仁紀!!

今日は1点リードで3番から始まる厳しい場面での投球だったが
新井にいい当たりはされたものの、危なげなく三者凡退で切って取る。
これで大魔人佐々木の持つ年間セーブ記録の45セーブに並んだ。

ドラゴンズの試合数は残り6。十分新記録を打ち立てるチャンスはある。
出来れば明日か明後日。目の前で打ち立ててくれると嬉しいんだけどな…。(贅沢)

と、言う訳で明日、明後日とナゴドへ行ってきます!
週末ということで他に行く人もいるかもしれませんがお互い頑張って応援しましょう!
そして、岩瀬の新記録達成を共に喜びましょう♪♪
TV、ラジオの前で応援する方達も気持ちはひとつです!
来期に向けて戦うドラゴンズを最後まで応援しましょうね!!!!

ドラゴンズと僕に力を与えて下さい!(もう恒例//笑)
[PR]

by kuunn_17 | 2005-09-30 21:42 | '05 Dragons 観戦記

常勝軍団になる為に・・・

9/29 ハマスタ【横浜 4-5 中日】

阪神の優勝が決まった昨日の夜、ドラゴンズの連覇ヘの道は閉ざされた。
しかしながら、横浜守護神クルーンの前に必死で戦うドラ戦士達。
阪神がどうあれ、今日の試合は勝たなければいけない!
そんな執念みたいなものを感じた昨日の試合だった。

去年、日本シリーズに敗れ、忘れたものを取り戻す為に戦ってきたこのシーズン。
監督、コーチ、選手、そして多くのファンが、
連覇、そして日本一という名のもと真剣になって頑張ってきたものの
今年はそれを達成することが出来なかった。
しかし、この一年は全く無駄ではなかったように思う。

どうなるのか全く予想も出来なかった交流戦。
ナゴヤドームで楽天に3連敗するという不名誉な戦いもした。
しかし、その3連戦のあと『楽天さん、ありがとう』と言った落合監督。
この言葉には負けたからこそ得るものがあると監督は言いたかったのだろう。

結局、交流戦の最中に首位陥落し、再びトップを抜くことが出来なかったが、
このシーズンに優勝できなかったという敗北がもたらしてくれたものは
ドラゴンズにとってはかけがえのない大きな財産になったのではないだろうか?

もともと『野球をする』ことに関していえば、
阪神、ましてや巨人よりもドラゴンズの方が圧倒的に上手い。
ドラゴンズには貧弱打線で如何にして点を取り、取らせないかにこだわり続け、
守備や走塁という土台をしっかりと作ってきた根底というものがある。
これはいくら他所のチームが目指そうとしても
簡単には真似することが出来ないドラゴンズの財産だ。
選手個人の力は、プロなのだからもちろん必要になるだろう。
しかし、ドラゴンズが2位が多いという理由には、
個人の力が足らなくても優勝争いに参加できるということを示しているとも言える。

今年は負けた。
これは紛れもない事実であり、受け止めなければならない現実だ。
しかし、この負けから財産を得たのは間違いないだろう。
根底にある財産+負けて得た財産。
この財産を胸に来年は必ずや優勝してくれるものと信じている。

『阪神さん、おめでとう。 そして、ありがとう。』

今日から新たな目標に向けての戦いが始まる・・・
[PR]

by kuunn_17 | 2005-09-30 13:28 | '05 Dragons 観戦記

野球は点を与えなければ負けない

9/28 ハマスタ【横浜 6-1 中日】

今日の中スポだったか、昨日だったか忘れたが
読者からの投稿欄にこんな投稿が載っていた。

『野球は点を取らなければ勝ちはない』
『好投手も欲しいが好打者もしっかり獲得して欲しい』


たしか今年の高校生ドラフト「平田獲得へ」という記事に対してのことだったと思うが
この方の言う『点を取らなきゃ勝てない』というのは正論だと思う。
しかし、僕はこの投稿を見て思ったのは「野球をやった事がない人だな」と感じた。

よく考えて欲しい。
野球がホームベースの上にティーを立てて打つのなら
中スポに投稿した人が言う「点を取らなきゃ勝てない」スポーツとなるのだが
野球には投手という相手がいる。相手も点を取られまいと投げ込んでくる。
それが野球というスポーツなのだ。

何が言いたいのかというと
野球は点を取らなきゃ勝てないではなく、野球は点を与えなければ負けない
ということだ。
「一緒じゃないか」そう思う人もいるかもしれない。
しかし一緒のように見えて、実は全く違う。
何が違うかと言えば、主点が打者なのか投手なのかという点においてだ。

前置きがあまり多くなり過ぎるのもあれなので、本題に入ろう。
何故普段しないこんな書き方を書いたかといえば
それはまさしく今日の試合がこの通りの展開だったから・・・

中スポの投稿者が今日の試合を見ていたら
『憲伸もダメだが、打てない打線はもっとダメ』となっただろう。
しかし、僕が思うに今日の憲伸は8月9月の登板の中で一番良かったと感じた。
それでも6失点で負け投手に・・・。

なぜ負けてしまったのか?
それにはいろいろな理由があると思うが、
一番は3回小池のHRで先制されたからだと僕は思う。
先制されたのはたかだか1点。そんなものは関係ない。そう思う人がいるだろう。
しかし、憲伸が不調の8月9月。この間に憲伸は8度登板して6度先制されている。
エースがここまで先制されること自体も困ったものなのだが
更に憲伸は先制されたことが原因で、気持ちが切れているのではないだろうか?

今日は特にこの気持ちの切れが顕著だった。
6回、中日は門倉を打てないまでも二死満塁というチャンスを得た。
しかし、結果は森野が倒れ無得点。
「ピンチの後にチャンスあり」とはよく言ったもので
案の定、憲伸はこの裏に5失点を奪われ、悪い意味で試合を決めてしまった。
この背景には、6回の表の攻撃に憲伸の気持ちの中で
「追い付いてくれるだろう」というような気持ちがあったのではないか?
それが無得点に終わった為、気持ちが切り替えれずに連打を浴びてしまったのでは…。

このような結果になってしまった理由は
門倉から初回のチャンス、6回のチャンスに点を取れなかった打線ではなく
相手がいいと分かっているのに先に点を取られてしまった憲伸にある。
こんなことは言いたくないが
今日の憲伸ならば先制されていなければ、門倉と立場が逆になっていただろう。
そんな気がして仕方がない・・・

いつも憲伸には厳しいことばかり書いているような気もする。
しかしそれは憲伸が好きだし、来年も再来年もドラエースとして頑張って欲しいから。
野球はピッチャー
その言葉の中心に憲伸がずっとい続けてくれることを願っている。
[PR]

by kuunn_17 | 2005-09-28 23:48 | '05 Dragons 観戦記

勝ったの?負けたの?さて、どっち?!

9/27 ハマスタ【横浜 2-5 中日】

今日の中日先発は、一軍復帰後5連勝中の未来のエース中田!!
その中田は初回、石井琢、小池に対してボール先行の立ち上がり。
前回の9/20 阪神戦の影響からか丁寧に投げ過ぎている印象を受けた。
しかし2回、3回と、回を追う毎に尻上がりに本来の投球を取り戻してくる。

一方、横浜先発は、防御率が2点台と圧倒的な安定感を誇るハマの番長三浦
その三浦は苦手な中日戦が影響しているのか
コントロールが定まらず立ち上がりから苦労をしている。

三浦が立ち直る前に点を取っておきたいドラゴンズ。
そのドラゴンズが先制したのは、3回荒木から始まる二周り目の攻撃だった。
先頭の荒木は倒れたものの、続く井端はファールで粘りニ打席連続の四球を選ぶ。
そこで迎えるは、目下絶好調の福留孝介!!
その孝介が放った打球は、打った瞬間はレフトフライかと思ったものの
風にも乗りレフトスタンドへグングン伸びていく。
横浜レフトの小池がジャンプをして捕球しようとするが
ひと伸び足らずフェンスにダイレクトに当たる。
一塁ランナーの井端は二塁ベースを廻ったところで、打球の行方を見ていたが
小池が捕れないと判断すると、一塁から一気に駆け抜けホームイン!!

この走塁、普通のようなプレーに見えるが
横浜のカットプレーの隙を突く見事な走塁だったように思う。
背番号98を背負っていても、やっぱり井端は井端だ(爆)

1点を先制しなおも一死二塁、打席にはT・ウッズ。
ここはゲッツーもないし得意の?チームバッティングで孝介生還!と期待するも×。
しかし、ドラゴンズにはこの男がいた。
そう、今年の開幕戦で三浦から劇的なサヨナラ満塁HRを打っている

アレーックス オチョーアーー!!

一打席目も綺麗にとは言わないがヒットにしたし、この打席も期待をして見ていると

「カキーン」(ぇ...金属バット?//笑)

キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !

打った瞬間にそれとわかる打球が横浜の夜空へ向かい飛んでゆく。

1点じゃいくら調子が上がってきたとはいえ、中田も苦しいと思っていた矢先のHR。
これで3−0...今日の中田なら勝ってくれるはずだ。
7時過ぎからどうしても用事が外せなかった僕は、そう思いながら家を出かけた。

こうして記事を書いている今も、まだ録画したビデオも見ていないし結果を知らない。
さて、予想通り勝ったのか(^_-)v、それとも逆転され負けたのか・・・(>_< )

テレ・テッテンテン! 今日の試合は〜〜〜どっち!?

うーん。どうなん?
尻上がりとはいえ中田が完封するとはちと思えない。
予想スコアは4-2!でドラの勝ち!!で、どうでしょう?(笑)

さぁ、ドキドキしながらビデオ観戦です♪

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

(ノ´▽`)ノオオオオッ♪ 中田、君はエライ!
1失点とはいえ森野の悪送球絡みだけぢゃないか!!
佐伯を迎えた場面でも4月の君なら確実に捕れなかった打球。
僕の信念「守備は練習すれば上手くなる」を実行くれて嬉しいぞい!
でも、苦言を言うとするならば
味方がミスをした時に抑えてこそのエース
昨日はヒットと悪送球だった為に自責点になったけど、
昨日のような時こそ抑えられるピッチャーになって欲しいと願います。

打つ方では孝介キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !
さすがやね!
波留さん(CS解説)も言うようにいつもと違う風の横浜を頭においたバッティング。
見事としか言い様がない!!
これで28本!!3−30−100−100もすぐそこに!
今日HR2本で達成だがね♪♪ サクッと決めとこまい!!

岩瀬よ今夜もありがとう。で、43セ!!新記録まではあとふたつ。
今年引退する佐々木の為にも、ちゃんと更新したらなかんに…。
それが岩瀬にできる佐々木への労いだと僕は思います。
だから・・・森野よ、頼むで空気を読んでくれなもし(贅沢)

ところで、種田の様子が中スポにも載ってなんだけど大丈夫なんかな?
ありゃどう見てもスイングだけど(笑)心配です。
知っている方見えましたらコメント下さいませ。
[PR]

by kuunn_17 | 2005-09-27 23:01 | '05 Dragons 観戦記