カテゴリ:'06 Dragons 観戦記( 150 )

中田プロ初完投勝利!! 〜自然の中で取り戻した自分達の野球〜

巨人 2-10 中日(秋田)

カクテルライトに浮かぶ球場と赤く染まった西の空。
爽やかな秋の空気に包まれながら、秋田こまちスタジアムの一戦が始まった。
ドームを離れ、美しい自然の中で“野球”をするドラゴンズの選手達は、なんだか野球本来の楽しさを味わっているような気がした。
のびのびとプレーをする選手達。その中で生まれる素晴らしいプレー。
打って、走って、守って、投げて・・・同じ球場で“野球”をしながらも、ドラゴンズと巨人の両チームには大きな隔たりがあった。

それを顕著に感じたのは3回、ドラゴンズの攻撃。
この回先頭の谷繁がヒットで出塁するも、中田は送りバントを失敗してしまう。
悪いときのドラゴンズならば、ここで荒木が併殺を打ちチャンスを潰してしまうのだが、のびのびと自分達の野球ができた今夜の試合はそうではなかった。
初球、バントの構えからボールを見送り相手を揺さぶると、続く2球目のストレートをきれいに弾き返して一死1、3塁とし、中田のミスを帳消しにする働きを見せる。

こうなれば流れは必然的にドラゴンズへ。
井端がファーストストライクを積極的に打ちにいき、ライトへタイムリーを放つと、孝介は逆にレフトへ運んでタイムリーツーベース。荒木が作り上げた流れを、あとを打つふたりが繋ぐという理想的な展開で完全に主導権を握った。

味方が先制してくれたことで気持ちも楽になった先発中田は、4回に2点こそ失ったものの、それ以降はキレの戻ってきたストレートを中心に攻め、散発の2安打、二塁も踏ませぬ投球でプロ入り初完投勝利を飾った。

素晴らしい球場の中で“野球”ができる喜びを噛みしめながら、自分達の野球を存分に楽しんだドラゴンズが、同じ土俵で巨人に負けるはずはない。
先日までは優勝へのプレッシャーなのか、ゲーム差からくる慢心なのかはわからないが、自分達の野球を見失い、いまひとつ不甲斐ない試合を続けていたが、もう大丈夫。これからは優勝へ向けて一気に突っ走ってくれるだろう。試合終了後、ドラゴンズの勝利を祝う花火を見ながら、そんな気持ちになった今日の試合だった。
[PR]

by kuunn_17 | 2006-09-12 22:12 | '06 Dragons 観戦記

竜、6カードぶりの勝ち越し 〜気持ちで勝ち取った連勝〜

広島 4-12 中日(広島)

両チーム合わせて17本塁打と、荒れに荒れた広島3連戦。今日も両チームが初回からノーガードで打ち合い、2回を終えて4対8の乱打戦模様。しかし、2番手で久本がマウンドに上がると試合内容が一変する。
立ち上がりこそ森笠にヒットを打たれはしたものの、それ以降は課題だったコントロール難もなりを潜め、3回1/3を投げて無四球、無失点と、先発の佐藤充が演出した乱打戦模様を見事に鎮める投球で今季初勝利をものにした。

今季は背番号が昨年までの“19”から“61”と格下げされた久本。この格下げには、いままでと180度変わった投球をしてほしいとの首脳陣の想いもあったことだろう。しかし、防御率1.04ながら登板数は17と、優勝争いをしているチームの中で久本自身もチームに貢献できていないという思いは強かったにちがいない。ましてや8日の試合ではサヨナラ負けの黒星を背負ったばかり。同じ左腕の聡文が落とされ、小林が昨日の勝利の立役者になったこともあり、久本が今日の試合に懸ける気持ちは人一倍だっただろう。

なにが良かったのか?と、ヒーローインタビューで聞かれ「気持ちです」と答えた久本。
一球入魂・・・悔しさをバネに魂を込めて投げる姿は観ている側も気持ちが良かった。
久本にとってはこれからが大事になってくると思うが、この“気持ち”を持って投げれば、必ず今日のような投球ができるだろう。逆に、ここのところ満足いく投球ができない佐藤充も、いまの悔しさ、もどかしさをバネにして苦境を乗り越えてもらいたい。
[PR]

by kuunn_17 | 2006-09-10 19:43 | '06 Dragons 観戦記

苦しんで手にした一勝。いまこそ変われドラゴンズ!!

広島 6-7 中日(広島)

6対7…。奇しくも前日と同じスコアで迎えた9回裏。
マウンドにはもちろん守護神岩瀬。
ツーアウトランナーなし。
嶋の打球が井端の前へ転がり、試合終了のゴングが鳴ると思えた。

しかし、打球はイレギュラーをして井端のグラブからこぼれる。
4月から無失策を続けてきた名手の“まさか”のエラーで前夜の悪夢が甦る。

続く新井にセンター前へ運ばれ二死1、2塁、迎えるは4試合連続HRの前田。
一発が出ればもちろん、長打でもサヨナラ。
ドラゴンズにとっては厳しいことこの上ない場面。
前田は岩瀬の初球、アウトコース139kmのストレートを振り抜くと、打球は伸びて左中間へ…。
「やられた!」打球を追う岩瀬の顔からもそれが読み取れた。

しかし・・・
勝利の神さまは最後にドラゴンズに微笑む。
左中間寄りに守っていたレフト一樹が、懸命に走りながらそれをキャッチ。
まるで優勝したかのようにグラブを高々と上げ、ジャンプをして喜ぶ一樹。
その表情が逆にこの試合の苦しさを物語っていた。

先制しながらも逆転を許し、同点に追いつくも再び引き離される。
再度逆転をしてもまた同点−と、二転、三転どころか四転も五転もした試合。
内容的には決して喜べるものではない。
しかし、勝った。勝てた。
チーム状態が悪い中、冷や汗をかきながらももぎ取ったこの勝利。
内容はともかく、この結果こそがいまのドラゴンズにとっては最良の薬だろう。

昨日の試合後、「これで引き締まる。変わる。」と語った落合監督。
その言葉とは裏腹に、今日の試合も引き締まったものではなかったが、選手の気持ちは明らかに変わったし、火が灯った。

苦しんで苦しみ抜いた末に手にした一勝。
気持ちが変われば、必ずチーム状態も試合内容も結果も変わることだろう。
来週の決戦に向け、また“強い”ドラゴンズが帰ってくる。
そう感じた今日の試合だった。
[PR]

by kuunn_17 | 2006-09-09 19:53 | '06 Dragons 観戦記

おそがいでかんて広島

広島 6-7 願望 中日(広島)

もってこい! もってこい! あ〜ら〜い!

もってこい! もってこい! あ〜ら〜い!

もってこい! もってこい! あ〜ら〜い!

もってこ~~~~い!!щ(-o-щ)


HR出すぎ・・・(苦笑)

あ〜。。大事なとこなのに出かけないと(あう

ドラゴンズが勝ちますように…(*_ _)人


ぴよさん、りあちゃん
ボール当たらんように気をつけて(笑)


広島 8x-7 中日(広島)

倉だ〜クララ〜クラクラだ〜〜
結局サヨナラで負けましたとさ_| ̄|○
[PR]

by kuunn_17 | 2006-09-08 21:19 | '06 Dragons 観戦記

また負けたぁ~

中日 3-6 ヤクルト(ナゴヤ)

気合いを入れて?当日券でレフト5階席に乗り込みましたが、見せ場もなく負けました(苦笑
ホーム先制連勝記録も中スポに書いたとたん25でストップ。(だでそういうジンクスは書いてかんて)
まぁ、負けたけど阪神も負けたでよかったわ♪
[PR]

by kuunn_17 | 2006-09-07 21:42 | '06 Dragons 観戦記

ローテ変更に見る明日への戦い

中日 2-6 ヤクルト(ナゴヤ)

ドラゴンズは、先発朝倉という大方の予想をくつがえし、中10日でマルティネスを起用するも、そのマルティネスがピリッとしない。
3回にリグス、岩村の適時打など、4安打を打たれ2点を失うと、4回には、二死2塁から8番城石に適時二塁打を浴び、ランナーを残したまま、3回2/3、被安打8、3失点で降板。
2番手で登板した鈴木も、4回は打者が投手のゴンザレスということもありピンチはしのいだが、5回、四球と死球で一死1、2塁のピンチを作ると、ラミレスに3ランHRを浴び試合が決してしまった。

一方、打撃陣は2回、無死1、2塁でアレックスの強烈ピッチャー返しをゴンザレスが好捕。これが併殺となり先制の決定的なチャンスをふいにすると、3回、先頭の今日、スタメンマスクをかぶった小田が二塁打で出塁するも、マルティネスのバントが投手正面。小田は戻るに戻れずタッチアウトとなり、ちぐはぐな攻撃になってしまう。
それでもそこから井端が繋ぎ、孝介の2点適時打で同点となったが、それ以降は相手の上手い守備もあり、得点には至らなかった。


今日の試合を振り返ると、やはりローテの変更がポイントになると思う。
なぜ大方の予想だった健太ではなくマルだったのか?
これには今週末と来週のカードが大きく絡んでいるのだろう。

もし、今日の試合に健太が先発するとすれば、マルの登板は次のカード(広島戦)ということになる。
そこでマルの対広島成績を見てみると1勝1敗(防御率6.23)と決して相性がいいとはいえない。
では、健太の対広島成績はどうだろう。
こちらはマルとは対照的に3勝0敗(防御率1.02)と勝率10割の上に防御率もすこぶるいいときている。ならば健太の対ヤクルト成績(1勝2敗、防御率3.96)とナゴヤドーム防御率4.11(対戦別、球場別ともに最低)を考えれば、この起用はうなずけるものではないだろうか。

それに健太の対阪神防御率が1.50ということも考えると、(来週は木曜日に試合がないため)週末の阪神戦では充の状態次第で先発もあり得るし、前回の甲子園で岡本、平井が打たれたこともあり、中継ぎで大事な場面で起用するのもひとつの手だろう。

この起用で負けた理由を『阪神との戦いに重きをおいたため』と評する人もいるだろうが、僕には相性と先を見据えた至って普通の起用だったと感じる。
明日にならない限り(この起用の)真の意味はわからない。だが投手陣の状態が悪いいま、このローテ変更はマイナスよりもむしろ、プラスをもたらすことの方が多くなるのではないか。そんな気がする。

連敗中の憲伸を今季初の広島で登板させるとも思えないし、明日はローテ通り憲伸が先発するとは思うのだけれど、ラミレスとの相性も悪いしどハズレな可能性も…。もしそうだったらゴメンナサイね(^^;
[PR]

by kuunn_17 | 2006-09-06 21:58 | '06 Dragons 観戦記

ナカケン復活の兆し?

中日 8-1 ヤクルト(ナゴヤ)

ドラゴンズ勝利〜!!
中田ががんばったみたいですね♪

今日は2点リードの5回終了まで見届けて、親父と飲みに出かけたので詳細はわかりませんが、そこまでの中田を見る限り、四球はあったものの、1球に目的意識を持って“わざと”時間をかけてゆったり投げていたように感じたし、悪かった前回までとは違い、投げ終わった後のバランスもまずまずよかったことが、この結果に繋がったのではと思います。

まだいい時の中田とくらべると、安定感には欠けるかもしれません。
けど、前回のぶざまな投球が結果的にいい方向に働いていると思うので、これから一戦、一戦、自分の中で課題を持ってがんばってもらいたいですね。

まずは週始めに勝てたことはよかったかな。


※ぴよさん、( ̄− ̄)さん(←ちゃんと名乗りなさい…笑
レスが遅れて申し訳ありません。
今日は酔っぱのちょいエロkuunnなので、また酔いがさめたら必ずレスしますね。
[PR]

by kuunn_17 | 2006-09-05 23:27 | '06 Dragons 観戦記

原点に帰る投球を…

中日 0-4 巨人(ナゴヤ)

ドラゴンズ先発、佐藤充は立ち上がりから谷繁の要求どおりにいく球がほとんどなく、4回1/3、67球を投げ3失点と、先発投手の役目を果たすことができなかった。
一方、打線もチェンの同級生、巨人先発、姜建銘(ジャン・チェンミン)に抑え込まれ今季7度目の零封負け。
『投』では、2番手で久しぶり(4/30以来)に登板した石井裕也が、打者12人に対して無安打と好投したのは唯一の収穫だったが、『打』の方では、またしても初物への弱さを露呈してしまう結果となった。

今日の試合に姜建銘(ジャン・チェンミン)が登板するという予想は昨日からあったため、昨日の試合が始まる前に「今日負けたならば連敗するかも」という予感はあった。
それゆえ、昨日の勝利で最悪の連敗は免れたという安堵感があったため、今日の敗戦も想定内。打てなかったという結果は受け止めなければいけないが、次をどうするかが大切であって、それほど痛いとは感じなかった。

今日はそれよりも充の投球に大きな不安を覚えた。
たしかにこれまでも調子は良くないと感じてはいたが、ヒットは打たれるも、粘り強い投球で先発の責任投球回数以上は全うしてきた。
だが、今日はコントロールが定まらないばかりか、5イニング中4イニングで先頭打者を
出すなど、とても使える状態ではなかった。
これが初めて経験するローテの疲れなのかどうかはわからない。しかし、今日の投球を見る限り、理由がなんであるかどうかは別にせよ、ローテーションで使える投手の内容ではない。

5/11 札幌での日ハム戦で初回に3点を奪われ、これではダメだと腕を振ることだけを考えて、その後連勝することに成功した充だが、この連勝で自信を持ちすぎ、それが邪心を生んでいるのではないだろうか。
謙虚な充だから自惚れていることはないとは思う。しかし、心のどこかに隙はなかったか。プロなのだから自信を持つことは大切なことだ。だが、自分の原点『我武者らに腕を振る』ことを忘れてはならない。
味方の為にテンポ良く投げるんだという気持ちはわかるけれど、今日の投球を見ているとテンポの良さと投げ急ぎが同じになっているように感じた。
まずは味方のことより自分のこと。
充には自分の原点がどこなのか。いまいちど思い起こしてもらいたい。
[PR]

by kuunn_17 | 2006-09-03 23:04 | '06 Dragons 観戦記

PL学園コンビで連敗脱出!!

e0022461_11361928.jpg

中日 6-2 巨人(ナゴヤ)

「孝介とお立ち台に上れるのは最後かもしれない。」
その言葉を聞いて寂しさがこみ上げてきたけど、最後になるかもしれないPL学園先輩、後輩コンビのヒーローインタビューを観れてよかったです!!

今夜も感動をありがとう☆
最高の試合でした♪♪

立浪和義  1打数1安打3打点(観戦通算50打数17安打9打点、打率.340)

「打った瞬間、打球が真ん中を抜けてくれてうれしかった。山本さんの代打だったので、なんとしても打ちたかった」(PL学園の後輩、孝介とのツーショットに)「もうないかもしれないからね。孝介と立ててうれしいです」日刊スポーツ

「いいコースに飛んでくれた。コースに逆らわずにバットを出せた。まだ三イニングあって、わからないところだった。いいところで打ててよかった。いつもあのような声援を受けて、感謝の気持ちでいっぱい。大事なところで試合に出してもらっているわけだから、たくさんヒットを打ってきたけど、今の一本は違った喜び。少しでも貢献できたら嬉しい。いいところで使ってもらって、監督に感謝している。」CBC Exciting Stadium

【追記】
巨人先発内海の状態が良くなかった(ように見えた)とはいえ、やはり対内海には左打者が鍵となった。
しかし、昨日は孝介、立浪だけでなく、降格となった森野が2安打していることからも、内海に対しての左打者は、調子がどうあれそこそこの結果は残すものと思われる。
これからはその左打者の前に右がいかにして出塁するか。そこがポイントになってくるのではないか。
右打者でチャンスを作り、左打者が迎え撃つ。
このパターンができるようになれば、巨人成長株内海も怖くはない。
[PR]

by kuunn_17 | 2006-09-02 21:28 | '06 Dragons 観戦記

'06 立浪和義観戦成績(9/1現在)

'06 立浪和義 観戦成績

3/31 対広島   4-1  二ゴロ  三ゴ安  二ゴロ  左飛
4/ 1  〃    3-1  右直安  二ゴロ  空三振
4/ 8 対巨人   3-1  二ゴロ  左直安  空三振  四球
5/ 3 対横浜   3-1  左直2  中飛  遊ゴロ
5/ 4  〃    3-1  一ゴロ  中直安  遊失  四球
5/13 対楽天   5-3  右直2  中飛  左直安  右直2  遊ゴロ
5/23 対西武   4-1  左飛  中飛  中直安  三飛
6/10 対日ハム  4-2  投ゴロ  左直安  右直安  遊飛
6/17 対ソフトB 3-0  中飛  二ゴロ  左犠飛  投ゴロ
6/18   〃   4-1  空三振  中ゴ安  空三振  左飛
6/24 対巨人   4-2  左ゴ安  左ゴ安  投ゴロ  三犠打  見三振
6/25  〃    3-0  二ゴロ  見三振  空三振  四球
7/ 1 対広島   2-0  一ゴロ  中犠飛  四球  一ゴロ
7/ 2  〃    1-0  空三振(代打)
7/29 対巨人  出場せず
8/11 対阪神   〃
8/12  〃    1-0  見三振
8/26 対横浜   1-1  二ゴ安(代打)
8/27  〃    1-1  右直安(代打)

49打数16安打6打点 .327

規定打席には達してませんが、達していたとすれば孝介に次ぐ2位だったり。(笑)
なので明日はいっちょスタメンいきますか!監督。

な〜んて冗談ですが(ちょっとは本気)
小松の親分にも「やめるなよ」と言われたたっつんですが、ほんとそうですよ。
あれだけ応援してくれるファンがいるんですから、あの声は「やめるな」ってファンの声ですから、まだまだ頑張ってくれないと。

と、いうことで明日は、たっつんだけをとドラゴンズを応援しにドームへ行ってきます!
「夏休みが終わったからデーゲーム」だと、ついさっき思い込んでいて、pm8:00からの予約をしておいたドイツ料理の店もキャンセルしたんですから(Kさん、すみません…苦笑)絶対に勝って下さいよ!!(自分勝手な)

さあ、みなさんご一緒に!!

♪明日は勝つぞドラゴンズ!

♪絶対勝つぞドラゴンズ!

♪勝つまで待とうほととぎす!

[PR]

by kuunn_17 | 2006-09-01 20:40 | '06 Dragons 観戦記