2008年 10月 23日 ( 1 )

CS第2ステージ第2試合

今日は誰が投げるのか?
予想されたのは、血行障害からの病み上がり朝倉、シーズン途中から不調だった小笠原、意表を突いて肘痛からの故障明け山井…誰が投げたとしても苦戦するのは想定の範囲内、競馬に例えるならば、◎が付いても信用してはならない3人が候補であった。

結局、先発はその中でも本命の朝倉ではあったが、案の定というか、序盤、ガッツ小笠原にHRを2本を打たれジ・エンド。続いたガサーラもセブンも予想通りの“着外”だった。

たしかに今日の試合を取れたのならば、俄然ドラゴンズ優位にCS第2ステージは進んだことだろう。しかし、大差で負けたからといってなんら憂うことはない。
なぜなら、言葉は悪いが、先発に誰が投げるとしても鉄砲(ぶっつけ)でこうなる事は予想できていたのだから…。
だとすれば、大切なのは明日、絶対的な本命が登板する試合ということになる。
今、TVでは各局盛り上がってはいるが、ウチのおかんは言う、「そんなに打って…。明日に取っておきゃいいのに。」と。

負けるべくして負けた一戦。明日は、おかんの言葉通りになることを願っている。
[PR]

by kuunn_17 | 2008-10-23 23:39 | '08 Dragons