2008年 08月 24日 ( 1 )

星野ジャパン、北京に散る

五輪は国の威信を賭けた戦い。
その五輪、しかも日本の国技とも言える「野球」で4位という結果に終わったことは大変残念ではあるけれど、打てなかった選手も、打たれてしまった選手も、失策をしてしまった選手も、みんなが国を背負い必死で頑張ってくれた結果だと思う。
そんな国を代表して戦ってくれた選手達には、本当に感謝の気持ちで一杯だ。

ただ、こうなる結果は選手の人選の段階で予想されたのも事実である。
星野監督は「もっともっとパワーが必要」、「パワーで抑え込むことができなければ、勝てない」と敗戦の弁で語ったようだけれど、野球に限らず、他のスポーツでも外国人にパワーで勝る日本人選手がいるだろうか? そうはいないはずだ。
一見、パワーで勝っているかのように見えるハンマー投げ、重量挙げにしても、日本人は技術で世界に対抗していると僕は思う。
メジャーリーグを見てもそう。
イチローだって、松井だって、外国人と比べれば、(言葉は悪いが)パワーは屁みたいなものである。
それでも彼らが一線で活躍していけるのは、それを補う「何か」を持っているからなのだ。

前回のアテネでも選手の人選を見て、同じように思い、同じ様な結果に終わった。
五輪野球は、今回でひとまずの幕を閉じるけれど、第2回WBCは来年早々に開催される。
そのWBCで(五輪で負けた)韓国、キューバ、アメリカに雪辱する為にも、選手の人選は勿論のこと、日本を率いる監督の考え方も今一度考え直すべきである。
[PR]

by kuunn_17 | 2008-08-24 11:13 | '08 Dragons