2006年 04月 23日 ( 1 )

勝敗を分けたワンプレー

広島 13-0 中日(米子)
序盤から中盤は佐々岡、山本昌のベテランらしい投手戦。
7回からはエラー続出(記録員甘過ぎる)草野球。

こんな試合になってしまった戦犯は、7回、牽制死をしたタイロン・ウッズだろう。
この回、先頭の荒木がまずはヒットで出塁。井端、孝介の進塁打で迎えたニ死3塁、ウッズは際どいボールを選び四球で出塁する。続くは、試合前に落合監督から指導を受けるなど、下がり調子とはいえども今のドラゴンズでは孝介の次に期待が持てるアレックス。

今日の佐々岡は5回までをパーフェクトに抑えるなど素晴らしい投球だったが、大竹を欠き先発不足の広島だから、この次の回には必ず継投をしてくるはず。ここでドラゴンズが1点でも取り戻すことができれば、この試合、ドラゴンズの勝利と僕は思った。しかも、ウッズに対する佐々岡の投球、表情から、次のアレックスが打つ可能性はかなり高い。

この僕が勝利を確信した次の瞬間、絶妙なタイミングでブラウン監督はマウンドへ行き、佐々岡に『間』を与える。ここでブラウン監督が何を言ったのかはわからないが、これにより冷静さを取り戻した佐々岡は一塁へ牽制し、あろうことかウッズは牽制死。
この後ウッズは「佐々岡の肩が入った」などとアピールしていたが、結果が変わるはずもなく、流れだけが変わり13−0という大差での敗戦となる。

結果論と思われるかもしれない。たらればを言っても始まらないかもしれない。だが、あの場面でウッズが牽制というミスを犯していなければ、ドラゴンズは間違いなく点を取り勝利を収めていただろう。逆に言えば、昨日は内野手5人の満塁シフトという驚く采配をみせたブラウン監督が、今日は流れを読み『間』を取るという素晴らしい采配で広島を勝利に導いた。

結果はたったひとつのプレーで大きく変わる。それが野球であり、勝負だと僕は思っている。
ただ単純に「ミスをすれば負ける」というと、点を取られた回などのミスが大きく取り扱われる。だが、そのミス自体が結果だということを今日の試合が教えてくれた。
ミスがあるのも野球だから、荒木、井端にしても、ウッズ、立浪にしても、勝負が決まってからのミスはどれだけしても構わない。しかし、試合を左右しかねない局面でのミスをどれだけ減らせるか。そのことを頭においてプレーをしてもらいたいと思う。
[PR]

by kuunn_17 | 2006-04-23 18:02 | '06 Dragons 観戦記