2006年 04月 13日 ( 1 )

勝利をもたらした、谷繁の『間』

阪神 5-7 中日(甲子園)
5-0という一方的な試合からの逆転勝利。
アレックスの2打席連続HR、井端のタイムリー、孝介のHRと、
誰の目にも打線が阪神投手陣を攻略しての勝利と考えたことだろう。

しかし、僕はこの試合のヒーローは谷繁だと思っている。
それは3回裏、山本昌の後を請けた中田が二者連続で四球を与え、
鳥谷にタイムリーを打たれた後、矢野に対しての初球がボールになった時のことだ。

谷繁はタイムを取り、中田がいるマウンドへ向かう。
そして、その時、中田に掛けた言葉こそ、この試合を決定づけた言葉だと思う。
実際、なにを話したのかはわからないが、僕の予想では、
「結果を怖れず、思いきって投げろ」
といった感じの言葉だったのではないだろうか。

事実、その後の中田の投球を見てみると、コントロールは滅茶苦茶ながら、
思いきり腕を振り、バッターに全力で向かっている感じがした。
その結果、阪神打線はボール球にも手を出し、中田は三振の山を築く。
そして流れは確実にドラゴンズへ・・・

たしかに今日の勝利は、天敵・下柳を攻略したが為のものだということは間違いないし、
口火を切った井端の打撃、アレックスのHRは評価したい。
しかし、試合開始直後、下柳が先頭打者・荒木へ投じた1、2球目のスライダーを見る限り、
もっと早い段階に攻略していてもおかしくはない試合だったと思う。
それを劣勢にしたのは、阪神・浜中の走塁ミス(実際は孝介のファインプレーだが)を
タイロンの拙守で流れを変えることができなかった為。
結果論ではなく、遅かれ早かれ今日の下柳をドラ打線は捕まえていただろう。
その中で、阪神のイケイケムードを5点に食い止めた谷繁の『間』。
これが今日の勝利の最大の要因だったと僕は思っている。
[PR]

by kuunn_17 | 2006-04-13 02:04 | '06 Dragons 観戦記