勝とうと思って勝てるほど甘くはない

9/15 ナゴヤ【中日 3-6 横浜】

9回表、二死満塁フルカウント・・・

種田のバットから放たれた打球は
無情にもウッズの頭上を越えライト線へポトリと落ちた。

マウンド上で呆然と立ち尽くす守護神岩瀬...


前日の試合に敗れ、もう一敗も出来ないドラゴンズ。
この日も不振を極める立浪を3番から7番へ下げ、孝介を3番、森野を5番で起用。
先発を山井に託し、同点の場面でも岩瀬を投入した。
この采配には勝ちにこだわる監督の執念が見えたし
岩瀬が打たれて負けた事を責めるわけにはいかない。

しかし、最初に「マウンドで立ち尽くす岩瀬」と書いたように
ショックとはいえ、マウンドで立ち尽くしている局面ではない。
満塁である以上、打たれたら三本間のベースカバーに入るのは基本の事である。
昨日は荒木の送球が高くなったのを谷繁がジャンプをして捕ったので事なくを得たが
あれが逸れていたら、種田は難なくホームイン点差は4になった。

「3点差も4点差も変わらない」そう思うかもしれない。
でも、昨日は結果的に9回裏がゼロになったからそう思うだけだ。
本当に勝つ意欲があるならば、1点でも相手に与えるのを防ぐのは当然の事。
野球に限らず勝負事は誰しも勝とうと思ってやっている。
しかし、勝とうと思って勝てるほど甘くはない。
数日前に記事のタイトルにもした『勝とうと思うな勝つと思え』というのも
「勝とう」は誰しも思う事。「勝つ」は勝つ為にすべき行動をしろ。ということだ。

選手も人間パーフェクトではないのは分かっている。
しかし、昨日の岩瀬に限った事ではなく、今年は勝つ事を放棄した選手を何度も見た。
勝つ為の行動が出来ないドラゴンズ。
それでいて優勝争いを続けていたのだから、選手の力は相当のものだろう。
しかし、最後に勝利の神様がそっぽを向く理由には
選手達の勝ちに対するこだわりが少ないからだと感じた昨日の試合だった。
[PR]

by kuunn_17 | 2005-09-15 22:40 | '05 Dragons 観戦記

<< 最後になって思うこと… 否定する事が信じられない力を生む >>