CS第2ステージ第1戦

2対2で迎えた5回表無死1、2塁、カウント2-3から森野が見逃し三振。
結果的に勝つには勝った。けれど、もし1番が荒木、2番が井端だったのなら、過去の落合采配すればランエンドヒットもあり得たはずだ。
であれば、このスコア以上の可能性は十分にあった。
井端の足の状態を考えれば仕方のない所はある。だが、今後(来季)を見据えたとき「李は1番が合っている」だけで采配の幅を縮めるのはどうだろう?
CSの最中ではあるが、来季のことが気になったCS第2ステージ、第1戦だった。
[PR]

by kuunn_17 | 2008-10-22 22:36 | '08 Dragons

<< CS第2ステージ第2試合 CS第1ステージ第3戦 >>