陰の立役者

前日は敗因を考えてみたので、今日は勝因を考えてみたいと思う。

まず、真っ先に思うのはウッズの決勝弾。
試合展開、ここ数日の雰囲気を考えれば、この一発がなければ…という感じはする。
ただ、これはあくまで結果。
勝ちにつながる直接的な要因ではあるものの、僕の考える勝因ではない。
だとすれば、共に4安打を放ったアライバとなるのだが、
これもまた大量得点の大きな要因ではあるが、大局の起点とは思わない。
では、何かといえば、僕は2回、8番谷繁の安打が勝敗の起点と感じる。

初回、荒木、井端が電光石火の攻撃をみせ1点を先制するも、続く森野が併殺。
点が入る、入らないにかかわらず、ここで森野が出塁さえすれば、試合は一方的な展開になっただろう。
しかし、結果は最悪のものとなる。
その涸れかけた流れを再び戻したのが、2回、二死からの谷繁(中安打)だと僕は思うのだ。

たしかに次打者、投手の佐藤亮を相手が歩かせてくれたからこそ荒木の適時打が生まれたといえる。
だが、孫子の兵法にもあるように、勝つためには自分の努力だけではどうにもならない。

勝つべからざるは己れに在るも、勝つべきは敵に在り

参考 電網将校参謀本部

相手が自滅する要因となったのは、谷繁の安打だと僕は感じるのである。

4回にも谷繁は2得点の起点となるべき役割を先頭打者で果たしている。
最終的には混沌とした試合ではあったが、ドラゴンズ優位の流れを作った影の立役者が谷繁その人ではなかっただろうか。





僕は、打線の鍵は1、3、7番にあると思っている。

ここが繋がれば、必ず大量得点に結びつくとも…。


では、昨日の試合はどうであったか。

1番、荒木は4安打(2打点)ではあったものの、3番森野は1安打、7番小池(英智)は無安打だった。

もし、昨日の状況で3、7番にも当たりが出ていたら、あのような試合にはならなかったはずである。

逆にいえば、荒木が打ててなかったのなら、5連敗必死の試合だったであろう。

(まあ、毎試合、毎試合1、3、7番が機能したら絶対に勝つのだけれど…)

そういう意味では、荒木と8番谷繁が繋がった勝利ともいえるのだが、

打つべき人が打たなければ、連勝という阪神を追いかける原動力にはならないと思う。


打線(投手除く)は、ふたり絶好調、3人好調、3人不調でなんとかなる、と言われる。

(昨日でいえば、荒木、井端が絶好調、ウッズ、和田、谷繁が好調、森野、ノリ、小池が不調といった感じだろうか…)

昨日の場合は、絶好調(荒木、井端)の「前」に好調(谷繁)がいたからこそ点が入った。

しかし、その一方でウッズ以下では本塁打以外の打点が0という現実。

(ウッズも本塁打以外では内野ゴロの1打点である)

不調の3人(ウッズも含めていいかもしれない)の調子が上がってこれば問題はない。

だが、調子の上下ばかりはどうすることもできない。

そこで考えなければならないのが、選手の並びとなる。


ここまでの試合を見れば、和田は余程のことでもない限り結果を残してくれるだろう。

だとすれば、鍵となるのは「7番」。

ここが機能すれば、得点力は大幅に上がるといっていい。

せめて7番だけでも調子(相性)によって起用を考えるのが、現時点での方策といえるのではなかろうか。

好不調の波が少ない森野を7番に固定するも良し。(その場合、現状では3番ノリとなるだろう)

小池、一樹、英智、平田といった外野手の調子で決めるも良し。

二軍を含めて調子がいい者を入れ替えながらやるも良し。

どの方策にせよ、今年(に限ったことではないが)は、この7番で苦労しているからこそ点が入らないのである。

(落合監督の理想としては森野を固定したいと思うのだが…)

7番に誰を使うか。繋がらない打線であればあるほど、落合監督の手腕が試されるのではないだろうか。


個人的にいえば、左打者、しかも活きのいい若手を使ってほしいのだが…

剛裕よ、出てこ~~~~い!!
[PR]

by kuunn_17 | 2008-07-11 18:03 | '08 Dragons

<< なんで井端が・・・ 自力優勝消滅 >>