5/21 結果から見た楽天戦

自分の目で見ろ-

仕事でも何でもそうだけれど、自分の目で見るということはとても大事なことだと思う。
他人の目で見たものを聞く。
これも非常に勉強にはなるのだけれど、それは、その「目」に信頼がおけての場合。
信頼ならぬ「目」を鵜呑みにすることは危険でもある。

なぜこんなことを書いたのかといえば、昨日の楽天戦を全く観れなかったから…。
何も見ていない中で情報を得ようとすれば、僕の場合は活字(結果)ということになる。
もちろんラジオというメディアも存在するのだけれど、先に書いたように、盲目であるラジオは解説者の主観に左右されやすく、その解説者に信頼がおければいいのだが、信頼できなければ、結果から想像した方がまだマシだと思える。だから僕は、野球をラジオで「観る」ことはほとんどない。

では、結果からどう想像するか。
それは人それぞれなので何とも言えないのだけれど、僕の場合は、頭の中に状況や場面をまず浮かべてみる。
つまりは頭の中でスコアブックを付け、そこから出てたであろうサイン、守備位置などを想像するのだ。
これを骨組みとして、結果が生まれた理由を考えながら肉付けをする。
これが、僕なりの結果から「見た」野球である。

歴史好きな人には共感してもらえるかもしれない。
なぜなら、歴史と野球は全く違うものに思えるかもしれないけれど、どちらも結果に結び付くまでには必ずといっていいほど理由がある。
その理由を考えることが、歴史や野球の醍醐味だと僕は思うからだ。
そういう意味で僕は、「野球は3時間の歴史」だと思っている。
野球観戦記を書き始めた当初(当時はまだブログではなかった)、NHKの「その時歴史は動いた」をなぞって「その時試合は動いた」というフレーズを使っていたのもこんな思いがあったからである。

話が逸れてしまったので元に戻そう。

結果からいろいろと考え、想像し、僕は昨日の楽天戦を「見て」こう感じた。
選手にとって前日の負けは余程悔しかったのだろうと-
それが見て取れたのは、6回、井端のセフティーバントと7回、荒木の犠打である。
状況を考えれば、共にあり得なくはない。
だが、ふたりがレギュラーでなかった頃ならいざ知らず、レギュラーに定着してからというもの井端のセフティーバントや荒木のプッシュバント(記録は犠打)を見る機会は、年間を通しても幾度かしかなかったように思う。
それが昨日の試合で出たのである。
そこにふたりの我武者羅さというか前日の試合で負けた悔しさを見たのだ。

結果から言えば、荒木の犠打は得点に結び付くことはなかった。
けれど、前日は自分の役目を果たせなかった荒木が、サインにせよ自分で考えたにせよバントでランナーを進めて役割を果たした。
9回にも得点圏にランナーを置いて10球粘ったことを含めて評価できる内容であったと思う。

「考えて野球せい」
これは楽天・野村監督の言葉だが、野球をするのも観る(見る)のも考えれば尚楽し。
たとえそれが頓珍漢なものでも、考えないよりかはずっといいと思う。
正直、野球を観ずに文章を書くのは怖い。
けれど、今年は観れないことが多くなるのがわかっているから、結果から考えながら書いてみた。
実際に観た人からすれば、違うと感じることもあるだろう。
そんな時は、遠慮なく教えてほしい。
ここに来る人たちは解説者よりもドラゴンズを観ていると思うから…。


5/20~21 対楽天(宮城)1勝1敗


あとがき

野球とは関係ないのだけれど、今の日本人はメディアの言葉を信じすぎるきらいがある。
メディアが右を向けば右を、左を向けば左を、回れ右をすれば回れ右をしてしまう。
よく考えると、これってすごく怖いことではないだろうか。
今の日本、もしメディアがその気になれば(ならないだろうけど)情報操作なんて簡単にできてしまうだろう。
そうならないためにも、個人個人が「見る目」を養うことが重要になる。
自戒を込めて・・・
[PR]

by kuunn_17 | 2008-05-22 17:15 | '08 Dragons

<< 5/23~24 対日ハム(札幌) 竜の野球とは・・・ >>