竜の野球とは・・・

8回裏無死、1塁。ドラゴンズは好投を続けていた先発・小笠原に代え平井をマウンドへ。
一方、楽天は1塁ランナーに代走・塩川を送る。その塩川が二盗、三盗…。
これで流れは一気に楽天へ傾き、ドラゴンズは今年も交流戦の開幕を勝利で飾ることはできなかった。

この日は、4回にも鉄平に二盗を決められ、許した盗塁の数は合わせて「3」。
それ以外にもスクイズを敢行される(8回裏、結果はファール)など、ドラゴンズのお株を楽天に奪われたように見える。
だが、ドラゴンズ野球は本当にこういうものだろうか?そうは思わない。
ドラゴンズがここまで強かった理由は、こういった派手さはなくても相手が嫌がる野球ができていたからではないか。
落合監督が就任したときに「地味でも勝つ野球をする」と言ったように…。
そう考えれば、3回表、一死2塁から荒木が打ったショートゴロ。ここに試合の源流が見える。

ドラゴンズは、その前のイニングで楽天に先制点を与えている。
その直後の攻撃。まだ序盤ではあるが、ここは是が非でも追いつきたいと考えるのが自然だ。
そこで落合監督は、打順が下位ということもあり、先頭で出塁した谷繁を平田に送らせた。
一死2塁。続くのは荒木、井端の1、2番。
荒木が倒れたにしても二死3塁で打者・井端、相手にとってこれほど「嫌」な状況はないだろう。
しかし、荒木は追い込まれると外のボール球を引っ掛けショートゴロ。ランナーを進めることすらできなかった。
たしかにこれでも得点圏で井端なのだから相手は嫌だったに違いない。
だが、2塁ランナーは谷繁、ヒットならまず還すことはない。そこにまだ余裕を感じたはずだ。
これがもし、二死でも3塁に進められていたならば、暴投もエラーもダメ、内野安打だってある。
それによって守備隊形はもちろん変わり、ヒットゾーンも広くなる。
これがドラゴンズの「野球」である。

一方の楽天はどうだったか。
先制した2回裏、一死2塁。中島は荒木と同じショートゴロながらランナーの後ろに打ったことで進塁打になり、その後得点。
4回裏、一死2塁。嶋もショートゴロではあるが、ランナーを進めることに成功している。
唯一、進められなかったのは3回裏、同じく一死2塁、打者・山崎武司の場面。
山崎武司は三振。二死2塁からリックにヒットが生まれるも得点には至らなかった。

たとえ3塁にランナーを進められたとしても得点できるとは限らない。
だが、進めたことで得点のチャンスが増えることは確実である。
勝敗を分けた8回裏の攻防よりむしろ、序盤にドラゴンズができなかった野球を楽天にやられたという事実。
そこにこの試合の結果を見た。そんな気がする。
[PR]

by kuunn_17 | 2008-05-21 13:22 | '08 Dragons

<< 5/21 結果から見た楽天戦 5/16~18 対横浜(ナゴヤ) >>