勝ち星を薬に・・・頑張れ憲伸!

8/31 甲子園【阪神 5-7 中日】

中12日...憲伸がどのような投球をするか注目して見ていたが
こんなに悪い憲伸を見たのはいつ以来?というほど悪かったように思う。
どこが悪かったかというと・・・全て!(苦笑)
具体的に挙げるとするならば
一番悪いと思ったのはストレート、カットボール共にシュート回転していたこと。
谷繁が何度も捕り難そうにしていたのはこの為だ。

松坂などは力むとシュート回転したりするのだけれど
憲伸がこれほどシュート回転で苦しむ姿は初めて見たような気がする。
左打者の懐をえぐるカットボールがシュートして真ん中に入る。
右打者の外へ投げ込むストレートがシュートして真ん中に入る。
これでは組み立てようと思ってもどうにもならない。
谷繁が首を傾げたくなる気持ちもよく分る。
何故こうなってしまったのかはよくわからないが
中12日の間に変化球を交えた遠投で調整したというがそのせいだろうか?

今日は阪神井川も絶好調といいながらスライドの影響かコントロールが悪かった。
特にチェンジアップなど全くといっていい程いいところに落ちていない。
ひとつ球種が減ればそれだけ的を絞りやすくなるし、明らかなボールは見送ればよい。
その結果がタイロンのHRであり、孝介のHRだとも思う。

ふたりのエースが全くもって不甲斐ない投球をした今日の試合。
勝てばいい!と言えばそれまでなのだが
憲伸に限って言えば、スライドが及ぼした影響だとはとても思えず
これからの投球が不安だと言わざるを得ない。
しかし、こんなピッチングをしても勝てたことが唯一の救い。
内容は最悪だったが勝てたことで気持ちを切り替え、次に挑んでもらいたいと思う。

今日一番光ったのはサイレントKこと石井裕也投手だ。
憲伸の後を請け2番手で登板。6回裏二死から代打の片岡をショートゴロ。
7回先頭の赤星、続く鳥谷を連続三振に斬り、シーツを迎えたところで鈴木に交代した。
今日は左打者3人との対戦だったが、スライダーの切れが抜群!
フォークもシュート(シンカー?)も使わずにこれなのだから
落合監督が「石井を先発で使えるようになればウチは強くなる」
と、言うのがよくわかる今日の投球だった。
岡本がいない今、鈴木、山井、石井といった所の活躍が不可欠なだけに
明日からも今日の投球を忘れず頑張ってもらいたい。
[PR]

by kuunn_17 | 2005-08-31 23:39 | '05 Dragons 観戦記

<< 負ける時はこんなもの 竜虎決戦 >>