ファースト3人衆

e0022461_178235.jpg

■ファースト3人衆(左から春田、新井、福田)■

ドラゴンズには、T・ウッズという不動の4番がいますが、年齢的にいっても3年後にいまと同じだけの成績を残せというのは酷な話しでしょう。
そのときは一体どうなるのか。
きょうは、その辺りにスポットを当てて書いていこうと思います。





■新井、連続写真■
e0022461_17214637.jpg

e0022461_1722149.jpg

e0022461_17221370.jpg


まず、タイロン後継の筆頭に挙げられるのがアジアシリーズでもファーストを守った新井でしょう。
ただ、先日のアジアシリーズ、この写真を見てもわかるように、守備力の現状はタイロン以下(苦笑)
打撃は、昨年も今年もそこそこの成績を残しているだけに期待できるものがありますが、守備は昨年からあまり進歩がないように思います。
本人は出場機会を求めて外野にも挑戦するつもりかもしれませんが、ファースト以上に一歩目が大切となる外野はキツイ気がします。
まあ、それでも孝介の例があるように外野で化ける可能性がないともいいきれませんが、曲り形にもショートを張っていた孝介と新井では、同じ下手でも差がありすぎます。
なので、まずは本職でもあるファーストでしっかり練習をしてほしいとおもいます。


e0022461_1738974.jpg


続いては、平田と同期入団した2年目の春田ですが、元は外野手。昨年、観戦したファームの試合でも外野を守っていました。しかし、昨年途中からファーストにコンバートされ、いまではファーストをメインにやっているようです。
なのでファーストの動きはほとんど見たことがありませんでしたが、一塁線の打球を捌くのも上手く、守備に関しては新井よりもずっと一軍に近い感じがしました。
しかし、それでも上がってこないということは、新井との左右の違いもあるでしょうが、打撃に問題があるのでしょう。
昨年のファームチーム本塁打王ですし、あとは確実性の向上を目指して取り組めば、将来的には楽しみな気がします。


e0022461_17505714.jpg


こちらも春田と同じくコンバート組の1年目福田。
個人的には、谷繁の後を継ぐ「打てるキャッチャー」になってほしかったので、ファーストにコンバートされたのはすごく残念です。
守備的には、コンバートされたのが今秋からということもあり、まだまだファーストの動きには程遠いと感じました。
しかし、春季キャンプで落合監督に「将来、レギュラーを絶対獲る」といわれた逸材なので、いまは与えられた場所で頑張ってほしいと思います。


この日は、この3人が守っていましたが、この他にもサードで練習をしていた柳田、外野ノックを受けていた堂上剛裕など、ファーストを守れる若手がたくさんいます。
その中から誰が出てくるか楽しみではありますが、残されている時間はあまりないので、ひとりでも出てきてくれれば、というのが現実的でしょうか。

個人的には、キャッチャー・福田、ファースト・春田、ライト・剛裕がいいんだけどなぁ…。
[PR]

by kuunn_17 | 2007-11-28 18:04 | でらDra写真館

<< 星野ジャパンに見た落合監督への願い 秋季キャンプ -ポスト井端なふたり- >>