’07 秋季キャンプ -繰り返し行うことの大切さ-

e0022461_1814571.jpg

■真剣なまなざしで堂上直の守備練習を見つめる高代コーチ■

きょうは午前中で仕事が片付いたので、秋季キャンプを見学しにいってきました。
主力の姿は見かけませんでしたが、ドラゴンズの未来を担う若竜たちが一生懸命練習に励んでいました。
シーズンも終わり、なかなかブログの更新とはいきませんが、日本シリーズの写真ともども順次upしていこうとおもいます。



e0022461_1825496.jpg

■選手にアドバイスを送りながらノックする高代コーチ■

このときは外野ノックをされていたのですが、打球を追う際に体が上に浮かないように注意したり、グラブの出し方など、基本的なことを繰り返し選手に教えていました。
プロでも基本的なことを繰り返し教えなきゃいけないんだな、と勉強になったのですが、アドバイスした次の打球が、前回と寸分違わぬところに飛ぶノック技術にはびっくり!
教えても同じ打球を繰り返し受けないことには上達しませんからね。
子供にいう前に、まずは自分のノック技術を上げないとな(苦笑)

e0022461_18465542.jpg

スローイング練習をする章宏

前に置いてあるボールを捕っては2塁(を想定して)へスローイングの繰り返し。
長谷部コーチが「上から。上から。」と何度も注意し、腕が下がって投げるクセを矯正していました。
(たしかに見ていて腕が下がっているな、と感じたときは送球もシュート回転でそれていました)


きょう見て感じたのは、やはりプロといえども基本動作の繰り返しで上手くなるということ。
それによって、当たり前のことを当たり前にやれる技術が身につくんだな、と実感しました。
まぁ、逆をいえば、当たり前のことができなければ一流ではないということなんでしょうね…。


おまけ

e0022461_1921050.jpg

■飛行機をみつめる孝介■

彼方の空が気になるんでしょうか?(苦笑)
[PR]

by kuunn_17 | 2007-11-21 19:04 | でらDra写真館

<< 秋季キャンプ -ポスト井端なふたり- FA >>