アジアシリーズ・リーグ戦 対中国

初回、無警戒で盗塁を許したところにアジアシリーズにおけるドラゴンズ選手の気の緩みをみた。
これがここまで苦戦を強いられたもうひとつの要因だろう。
だが、一樹のHRで空気が一変。牽制で相手を誘い出し、勝利を呼び込む流れを作り上げた。
3戦目の中盤にしてようやくドラゴンズらしい試合を展開。
これを書いている今、まだ試合途中ではあるが、このまま勝利をつかんでくれることだろう。


■追記■

西武・和田がFA申請を行い、ドラゴンズは獲得に動くという。
そうなればますます一樹の出場は少なくなるとはおもうが、それでもアジアシリーズ第一戦、第三戦で活躍したように、ここ一番で彼の力が必要となることだろう。
今年も開幕は二軍だったように、自分のおもったような仕事はできないかもしれないが、腐らず、与えられた場所で頑張ってもらいたいとおもう。
そして、一樹の頑張りに応えるよう若手も励んでもらいたい。
[PR]

by kuunn_17 | 2007-11-10 14:00 | 中日ドラゴンズ

<< FA うーむ。。 >>