ベテランの活躍で広島戦勝ち越し♪

e0022461_12434023.jpg

8/15 中日 12-7 広島(広島)

立浪 4打点!! 復調気配?
昨日はスカパーの中継もなく、忙しかった為、今年ニ度目のNO観戦DAYに…。
それゆえ立浪の2ラン適時打も見ることができなかった(残念)
そんな状態なので復活かどうかはわからないが
感覚を掴みかけた次戦で結果が出たのだから、復調間近と言ってもいいだろう。
その感覚を掴みかけたのは一昨日の第一打席。
そう、初回に荒木を3塁に置き「三振」をした打席である。

よく結果が出ると「好調」出ないと「不調」と思いがちなのだけれど
実際は、結果が出なくても調子がいい場合もあるし
逆に、調子が悪くても結果が出ることもある。
昌さんが自身のHPで「結果が悪かったけど、調子はいいと感じている」と
少し前に書いていたように、相手のある野球は調子=結果とは限らない。

話を元に戻すと、その三振を喫した打席のどこに復調を感じたかといえば
黒田の投じたインコース寄りのスライダー(何球目かは忘れました...苦笑)を
一塁線へ引っぱり、鋭い当りのファールを打った事だ。

立浪は器用なバッターだからレフトへ流す事も引っぱる事もできるのだが
本来の彼の姿はプルヒッター(引っぱりが多い打者)だと僕は思っている。
その理由に、調子がいい時の立浪はやたらと一塁線を抜く二塁打が多い。
逆を言えば、この一塁線を破る二塁打が少ない時は調子が悪いのである。
今年の立浪が引っぱって二塁打を打ったシーンを何人が覚えているだろう?
僕を含め、ほとんどの人があまり記憶がないのではないだろうか?
調子のバロメーターでもある一塁線上の打球が少ないという事は
それだけ今年の立浪の状態は良くないとも言える。

その立浪が変化球とはいえ黒田から一塁線に鋭い当りを打った。
結果はファールだったが状態を確認するにはそれで十分。
黒田の投じた球がインコースのストレートだったら完全復調と言いたかったが
打った球はスライダーだったので昨日の記事にはあえて書かなかった。
しかし、昨日の「結果」と一昨日の「内容」を見れば
立浪の打撃は確実に上向いている。そんな気がした。

そして、もうひとり調子が少しだけ戻ったのではないかと感じた人がいる。
それは福留孝介だ。
横浜での3戦目(この日は4安打)に調子を崩したと感じていた孝介だったが
これも一昨日の第一打席(結果は遊安打)に底から抜けたと感じた。
昨日は何も見ていないのでわからないが、レフトに二塁打を打った所を見ると
孝介もほんの少し良くなったのかな?と感じている。

タイロンが阪神戦のインコース攻めで内に意識を持った為、崩れ気味だが
(タイロンばかりは当たれば・・・なので、ちとわからないけど//笑)
調子が上向きの感じをうけた立浪。そして、底を脱した孝介が機能すれば
先週、阪神に負け越したナゴヤでもある程度は期待して見られるのではないかと感じる。
TV中継がなく久しぶりに活躍をした立浪を観ることができなかったが
16日にはドームへ観戦に行くので、復活した立浪の姿を生で観られる事を願っている。

[PR]

by kuunn_17 | 2005-08-15 12:51 | '05 Dragons 観戦記

<< 竜 サヨナラ負け・・・ >>