『夢』

新年、明けましておめでとうございます(笑)
今年も今日からキャンプイン、いよいよ野球が始まるって感じている方も多いのではないでしょうか。しかし、kuunnにとってはまだなんかピンとこない感じ。(なんせ、あのシンジラレナイ〜イ日本シリーズから3ヶ月もの間、世を捨てたかのような生活をしていたものですから…苦笑)なので、リハビリにはまだまだ時が必要かとも思いますけれど、少しずつでも世間の風を感じながら、また気になった事でも書いていこうと思いますので、今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

いやぁ、しかし・・・
松坂はすごい金額でレッドソックスに移籍したんですねぇ(いつの話ですか)まぁ、日本人選手のメジャー流出については言いたいことが山ほどあるのであえて触れませんが、あれだけのお金を積まれたら、そりゃ誰だって『夢』と語って『金』を手に入れますわな(触れてるから)ま、ま、当の松坂君は『夢』という言葉自体が嫌いなようですから、ただ単純に…(自粛)
しかし、『夢』という言葉が嫌いって一体どういう若者なんでしょうか。それとともに、あのコメントを聞いた星野仙一日本代表監督はどう感じたのだろう。(注:仙ちゃんはサインと一緒に『夢』の文字を色紙に書きます)
まあ、大リーガーはオリンピックに出場できないようなので問題はないのかもしれないけど、もしも出場できたら星野監督は松坂を選んだのだろうか?なんて変なことが気になってしまった松坂発言でした。

そして、オリンピックといえば我等が孝介のコメントも中スポに載っていましたね。なにやら、今度こそは『金』が欲しいんだとか。
それを見た瞬間、『キン』ではなく『カネ』に思ったのは僕だけでしょうか?(笑)『踊るさんま御殿』でも年俸について語っていましたし、いくら評価=年俸受給額のプロだからとはいえ、なんだかなぁ…という感じです。
まあね、ひとの財布にとやかく言うつもりは毛頭ありませんが、ただ一言いうとすれば、孝介クラスにもなれば、理由はどうあれ、球団は全試合出てくれるもんという計算で算盤を弾いていると思うんです。だとすれば、昨年の年俸が2億5千500万円だとして1試合で約175万円。16試合の欠場でマイナス2800万円になり、球団側が孝介の活躍に4億円の値を付けたにしても来季は3億7000万〜3億8000万円が妥当ではないかと個人的には思うんですけどね。
孝介にもプライドはあるだろうし、『やった』という自負もあるでしょうが、年間10億円もの赤字があるといわれるドラゴンズを潰さない為にも、互いの妥協点を見い出してもらいたいものです。

松坂に孝介・・・一流選手だからこそ、その人としての価値が大きいものになるのはよくわかる。だけれど、今後、子供達が想うプロ野球選手になるという『夢』が、大金を手にする為“だけ”のものになってしまってはなんとも寂しい。拝金主義が横行している今だからこそ、一流選手には、お金以上の価値を見出せるものを見せてほしい、そう願うオフの出来事だった。
[PR]

by kuunn_17 | 2007-02-01 20:37 | 中日ドラゴンズ

<< ドラゴンズはなぜ負けたのか- 早く立て!男たるもの立ってナンボ >>