王の道は修羅の道、ただひたすら練習あるのみ

日ハム 4-1 中日(札幌)

“楽しんで野球をやる”ことの素晴らしさ、強さを見た日本シリーズだった。
勢い、調子に左右されず、確実に勝つ“王道野球”を目指した落合竜の3年間。
そのために12球団一の練習をしてきた。それでも肝心な場面では、自分達の野球ができず、日本一の栄冠を逃した。
練習は無意味だったのか。いや、そんなことはない。ドラゴンズは確実に強くなっている。ただ、“王道野球”よりも“enjoy 野球”の方が強かっただけだ。これから先、ドラゴンズがどんな野球をするのかはわからない。だが、今まで通り“王道野球”をするのであれば、もっと、もっと練習をしなければいけないだろう。

ドラゴンズにとっては、これで長い一年が終わったわけだが、明日からはまた新しい一年が始まる。この悔しさを味わった秋が、選手達にとって実りの秋になることを願っている。

ドラゴンズの選手、ファンのみなさん、一年間お疲れさまでした。
そして、ファイターズの選手、ファンのみなさん、日本一おめでとう!!
[PR]

by kuunn_17 | 2006-10-26 22:22 | '06 Dragons 観戦記

<< 野球のない週末 竜よ、ナゴヤへ戻ってこい! >>