観ずに語るな!知ったかぶり解説者

「いつものドラゴンズじゃなかった。」

第2戦をこう評したデーブ大久保。
それは7回裏、一樹がバントを失敗したあと、谷繁がヒットを打った、一死1、2塁の場面でのこと。「平井に代えて、代打立浪ではなく、川相に送りバントをさせ、二死2、3塁にしてから荒木に代えて立浪」これが、デーブが言う普段のドラゴンズ、オレ竜采配らしい。

これのどこが普段のドラゴンズだろうか。
荒木が絶不調だった4月、5月でも荒木に代打を送ったことなど一度もない。
たしかに、荒木はここまでノーヒット、日本シリーズという短期決戦を考えれば、策自体がないわけではないが、それと普段通りというのは全くの別物。もし、落合監督がこの采を振るうとするならば、延長15回裏くらいしか考えられないだろう。それほど荒木を信頼しているということだ。

得てして、こういう大一番になるとデーブのような知ったかぶり解説者が増える。
落合監督の監督としての資質は疑うkuunnだが、野球観は素晴らしいと思うし、尊敬もする。その監督を三流以下の知ったかぶり解説者に評価されるのは納得できない。

オールスターでも先発解説に江本などという、ただの酔っぱらいを起用したフジTV。
オールスターは解説者もスターでなければならないし、日本シリーズでは解説者も日本一と呼べるような人にやってもらいたい。

ろくずっぽ野球なんか観ずにゴルフばっかやっとって、嘘はっぴゃくを並べる解説者がおるもんで野球人気が廃るんだわ。
そして、CS放送とはいえ、監督から信頼がないかのように扱われた荒木。
逆シリーズ男なんて声もあるけど、それを振り払う活躍を札幌で期待しとるでな!
デブに見せたれ!!

[PR]

by kuunn_17 | 2006-10-23 19:56 | 中日ドラゴンズ

<< 2年前を思い出せ 〜点が取れな... 昌、勝てず。ドラゴンズ逆転負け >>