最強の“おやじ”山本昌が虎退治!!

阪神 1-7 中日(甲子園)

「今日負けたらえらいことになる。」
勝利投手となった山本昌がヒーローインタビューで答えた言葉からも今日の試合の大きさが伺い知れた。
重要な試合、ベテランとはいえ当然プレッシャーはあったと思う。しかし、自分の持てうる力を存分に発揮して、序盤から飛ばしていった山本昌。立ち上がりにこそ1点を失ったものの、8回103球を投げ、失点はその初回の1点のみ。山本昌らしい絶妙のコントロールで阪神打線を翻弄した。
打っても、5回に逆転の糸口となる送りバントを決めるなど、3度出された送りバントのサインにすべて成功で応えてみせた。

投げて、打って。23年目の大ベテランが優勝へのマジックを7にするとともに、竜、最大の危機をも救ってくれた。41歳、最強おやじがこれからも竜を引っぱっていく。

山本昌

「今日はどうしても勝ちたかったので目一杯とばして投げました。敵地ということはあまり気にしないようにしていました。この一勝はチームにとっても大きいと思います。本当に勝って良かったです。これからもどんどんマジックが減っていくようにがんばりますので応援よろしくお願いします。」(公式スコア)

[PR]

by kuunn_17 | 2006-09-30 17:55 | '06 Dragons 観戦記

<< 堂上直倫に10の質問 竜虎最終決戦第一ラウンドは完封... >>