ドラゴンズ逆転負け 〜勝ち急いだドラゴンズベンチ〜

ヤクルト 7-5 中日(神宮)

勝ち投手の権利を得た山本昌がベンチで見つめる中、マウンドを譲り受けた久本、鈴木がめった打ちを喰らい、山本昌の今季10勝目は儚く砕け散った。

2対3、1点リードで迎えた7回裏それは起こった。
2番手でマウンドに上がった久本は、ヤクルト先頭の代打度会にセンター前へ運ばれると、続く青木のバントをウッズがエラーをし無死1、2塁のピンチを作る。迎えるは、3回にHRを放っているリグス。
ここはなんとか併殺に打ち取りたい場面だったが、2球目、高めに入ったカーブを叩かれると、左中間をまっぷたつに割る2点タイムリーでヤクルトが逆転、山本昌の10勝目が消えた。
落合監督は、続く岩村にもヒットを打たれたところで、右打者が続くこともあり、久本に代えて鈴木をマウンドに送るも、勢い付いたヤクルトには、これが火に油。変わり鼻をラミレス、田中に連続タイムリーを浴び、久本と合わせてこの回5失点、試合が決した。

尻上がりに調子を上げていた山本昌に代えて落合監督は久本を投入。
これが結果的に裏目と出た今日の試合だったが、先に点を取りにいった結果であって、この継投は致し方ないところだろう。むしろ僕には最善の選択だったように感じる。
では、なぜこんなことになってしまったのか?
7回裏の守りだけを見れば、ウッズのエラーが大きかったのだが、僕はそれより7回表、ドラゴンズの攻撃の中に敗因が隠されているような気がする。

この回、ドラゴンズは一死からアレックスが死球で出塁すると、井上がレフト線へ運び一死1、3塁のチャンスを作る。打席には谷繁、カウント1−3。
スクイズの匂いが漂う中、ベンチの選択もスクイズ。
しかし、これがファール…。先日の横浜戦に続いてまたしてもスクイズ失敗となってしまった。
ベンチは、カウントが2−3に変わったことでサイン変更。今度はランエンドヒットを試みるが、これがサードゴロとなり、得点ならず。結果的に2、3塁と進塁打の形となる。
ここで落合監督は山本昌に代えて、代打の切り札立浪を打席に送り勝負に出るも、ヤクルトベンチは敬遠を指示、ここまでノーヒットの荒木勝負を選ぶ。なんとか意地を見せたい荒木だったが、初球を叩きショートゴロ、チャンスを活かすことができなかった。

どうしても7回の守備に目が行きがちだが、このようにベンチの作戦がことごとく失敗すればおのずと勝ちは遠ざかるもの。
最近のベンチの采配を見ると、強い采配が多いため、それが決まれば勢いに乗ったチームに見えるのだが、逆に強い采配が勝ちを急いでいるようにも見える。勝ちを急げばそこには当然焦りも生じるし、その結果、ミスを招くことにもなる。
先日の横浜では、二度のスクイズ失敗というベンチのミスをアレックスが帳消しにしてくれたが、今日のように誰もカバーできなければ苦しいということだ。
しかし、逆を言えば古田監督の采配が上手かったとも言える。
今日は試合でも采配でもヤクルトがドラゴンズを上回った、そんな感じがした試合だった。


しかし、こんなことは自慢にも何にもならないけど、谷繁のスクイズミスから、立浪の敬遠、荒木の初球打ち凡退、青木のバントヒットにリグスの逆転タイムリー、その後も勢い止まらずと、思ったことが全て現実となってしまった。
そこで相方に言われたヒトコトは「もう予想しんといて」。
そ、そうだよね・・・ごめんなさい(^^;
[PR]

by kuunn_17 | 2006-09-23 22:21 | '06 Dragons 観戦記

<< 竜虎接近3ゲーム差も5分で御の字 “M12”いよいよ優勝モードへ... >>