勝ちましたが・・・

8/5 横浜−中日(横浜)

中日 | 1 0 0 | 0 0 3 | 0 0 5 | 9
横浜 | 0 2 2 | 0 0 1 | 0 0 2 | 7

中日:川上、平井、高橋聡、○落合(2勝1敗)石川、S 岩瀬(1勝1敗30セ)−谷繁
横浜:セドリック、加藤、川村、●クルーン(2勝1敗17セ)木塚−相川

HR:中日 福留 17号(9回4点クルーン)
   横浜 佐伯 12号(3回1点川上)多村 22号(3回1点川上)
      村田 19号(9回2点石川)


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

今日ほど腹の立つ試合を久しぶりに観ました。
何に腹が立ったかと言うと、6回表、憲伸のライトゴロです。
憲伸の打席は谷繁の適時二塁打などで同点に追い付きなおも一死二塁という場面でした。
バントをするのかな?とも思いましたが、ベンチは憲伸のバッティングに賭けます。
その期待の応えて、憲伸は詰まりながらもきっちりライト前へ運びました。
そこまでは「流石、憲伸」と思いましたが、
ライトの金城はバックホームでもなく中継でもなく一塁へ送球。
「えっ?」と思った瞬間、タラタラ走っていた憲伸は一塁でアウト。
最初は足でも怪我をしたのかと思いました。しかしなんでもない様子。

これは一体どういう事でしょうか?
少年野球でも打ったら一塁に走らなければいけないという事は知っています。
ましてや子供達の見本になるべきプロ野球選手がするなんて事があってはならない。
以前メジャーで殿堂入りした選手(誰かは忘れました)が
「俺はセカンドゴロでも全力で一塁まで走った。 なぜなら、真剣にプレーをしないことは、野球の神様やファンを冒涜する行為だからだ」という言葉を言っていた事を思い出した。
大リーグは天然芝、日本は人工芝がほとんど。だから全て全力で走れとは言わない。
しかし、今日の憲伸は明らかに怠慢でアウトになった。
僕は下手な選手がエラーをしても怒る気はない。それはプロでも子供でも同じである。
しかし、巨人の某選手や今日の憲伸のようにできるのにしない選手は大嫌いだ。
そりゃ人間ずっと集中し続ける事はできないのはわかっているが
プロとしてお金を稼いでいる以上、怠慢なプレーを見せるのはお客さんに失礼である。

たしかに憲伸は素晴らしいピッチャーだと思うし、ドラゴンズに必要な選手だろう。
しかし、今日のようなプレーをする選手をファンは応援するのだろうか?
少なくとも僕は応援する気になれなかった。
しかし、今は大事な時期、憲伸のせいで負けるわけにはいかない
せめて憲伸が降板した後に逆転してくれる事を願ったら
チームは横浜守護神クルーンを打ち砕き見事な逆転勝ち。
喜びは半減だが、チームが負けなかったのが何よりも救いだった。

「今日は反省すべき事がたくさんです」とコメントしたという憲伸。
TVでは投球に関しての事しか紹介されなかったが
投球の事よりもまず怠慢なプレーをしたという事をちゃんと反省して欲しい。
デビュー当時からずっと応援してきた憲伸があんな選手だとは思いたくないから…。


[PR]

by kuunn_17 | 2005-08-05 23:40 | '05 Dragons 観戦記

<< 中日8−5横浜(横浜) 竜 連敗ストップ! 打つ人が打... >>