竜、後半戦4連勝!! 〜またまたまたまた孝介とダメダメジャイアンツ〜

中日 2-0 巨人(ナゴヤ)

チームのため、後輩のため、自分のため、ファンのため・・・
今日もまた福留孝介が、バットで守備で見事な活躍!!

初回の第一打席、まずはバットで魅せる。
一死から2塁に荒木を置き、巨人先発内海が投じたカウント2−2からの8球目のストレートを“レフトへ引っぱる”と、打球はあと少しでHRかというようなフェンス直撃の適時三塁打でドラゴンズに先制点をもたらす。

そして、今度は7回、守備でファンを魅了。
ドラゴンズ先発佐藤充は、この回の先頭打者阿部をストレートのフォアボールで出塁させると、つづく矢野に0−1からのストレートをジャストミートされ右前にライナーで運ばれてしまう。
しかし、孝介が猛ダッシュ。負傷した足に響いたのか、顔をしかめながらも地面すれすれで捕るスーパーキャッチを披露。

外野手は普通、捕り損ねたことを考えると、ライナーではなかなか突っ込むことができないし、2点差ということを思えば、大事にいこうと躊躇する場面でもあるのだが、なんの躊躇もなく始めから「捕れる」と読んで突っ込んだ孝介の守備は素晴らしかった。

今日で4夜連続のお立ち台。
「もう喋ることがない」などと戯けていた孝介だが、明日も、明後日も試合はある。
とくに明日は久しぶりにドームへ行くので、是非5階席まで運んでもらいたい(笑)
e0022461_21483458.jpg
<ナゴヤ球場で調整中の孝介>

まだこの時(7/15)は、故障してから初めてシートノックができる状態だった孝介。
それが2週間足らずでここまでやるとは…(驚)
そりゃヲカダ監督もたまらんわな(笑)



しかし、後半戦最初のカードだった阪神もミスで負けた形だったが、今日の巨人は“さすが下位チーム”と思うような酷いものだった。

まずは初回の守備。
孝介の当りを追ったレフトの矢野は、明らかに追いついていないにもかかわらず、ジャンプして捕球しようとした結果、当然捕れずに三塁打にしてしまう。
矢野の「絶対に捕るんだ」という前向きな姿勢はわかる。わかるが、外野手が判断を誤るとどうなるか。それを考えて瞬時に判断しなければいけないのも外野手だ。
孝介と比較するのは可哀想かもしれないが、まだ矢野と孝介の間には、天と地ほどの開きがあると感じたワンプレーだった。

これがもし、クッションボールを普通に処理していたならば、ウッズの二ゴロの間に孝介がホームインすることもなく1点で終わった可能性もある。そうすれば・・・言うまでもない結果になっていたかもしれない。

そして今度は3表、7表の走塁だ。
3回、7回ともにランナーを一塁に置き、右前ヒットが生まれる。どちらのヒットも孝介は右中間よりの守備体形をとっていて、普通ならば1、3塁になるケースなのだが、どちらも1塁ランナーは2塁でストップ。
孝介の肩が抑止力になっているといえばそれまでなのだが、3回は1塁ランナーが投手の内海ということを考えても、二死なのだから3塁まで進んでほしいというのが巨人首脳陣の思いだろう。

これももし、1、3塁の形になっていれば、由伸の中前ヒットで同点、さらにチャンスで李という絶好の場面となっていただけに大きなプレーだった。

今日の充は、連続完投勝利をしていた頃から比べると、正直見ていても不安な投球をしていたと思う。
しかし、それでも巨人は8回まで充を投げさせてしまった。
あと一本が出てれば−
そう思いたくもなる試合ではあったが、このように記録には表れないミスを繰り返していては、今のドラゴンズには勝てないだろう。

逆にドラゴンズからすれば、こんな巨人を相手に負けるわけにはいかない。
“相手が弱ければケツの毛まで毟(むし)る”のが勝負で勝つための鉄則。

明日のドラゴンズ先発はマルティネスか朝倉かわからないが、とにかく試合を作る投球を心掛けてもらいたい。そうすれば相手がコケおのずと勝利が転がり込むのだから…。

※内海は去年から変わったなぁと思ったけど、ASGでさらに自信を付けたみたい。
今日はたまたま初回の2点を守り切れたからよかったものの、次の対戦ではヤラレル可能性大。それまでに攻略の糸口を考えなければいけないかもしれない。

要チェックや(←わかる人にしかわからんから…笑)
[PR]

by kuunn_17 | 2006-07-28 21:23 | '06 Dragons 観戦記

<< ドラ圧勝!! ~ホントにケツ... 竜虎ナゴヤ決戦は竜の圧勝! 〜... >>