竜虎ナゴヤ決戦は竜の圧勝! 〜ドラゴンズどえりゃあつえ〜がね!!〜

中日 5-1 阪神(ナゴヤ)

ひとつ勝てりゃええと思っとった阪神に、まさかの3タテ。
いったいどうなってまっただか(笑)
しかし、昨日、一昨日は相手のミスもあっての勝利だったけど、
今日は送りバントあり、HRありとドラゴンズらしい完璧な勝ち方。
欲を言やぁ憲伸の調子が“イモひとつ”(米さん語録)だったことが気掛かりっちゃ気掛かりだけど、
それでも悪いなりに6回まで毎回奪三振の1失点はエースと言っていい内容だったと思う。

今日のポイントは1対1の同点で迎えた3回表。
この回、阪神の攻撃は1番赤星から始まる好打順。
しかし、憲伸は赤星、関本の1、2番をあっさりと打ち取る。
迎えるは3番濱中。カウント1−3から打った濱中の打球はファースト後方のファールフライ。
猛然とダッシュをした荒木が追いつくかと思われたが、ギリギリの所で打球はネットを越える。
このとき荒木は、フェンス前でスライディングをするも勢い余ってフェンスに激突。うずくまる荒木。
しばらくして立ち上がると、そのままベンチ奥に引き上げ、怪我の治療を行う。

中断すること数分。
荒木が治療を終え、フィールドに戻って試合再開。
カウント2−3から仕切り直し直後、濱中はまた同じような場所へファールを打つ。
荒木は足が痛いのか、さっきのようにダッシュが出来ない。
しかし、そのとき『荒木が捕れなきゃ、俺が捕る』と言わんばかりにウッズが猛ダッシュ。
結果的に追いつくことは出来なかったが、この姿を見ていて熱いものを感じた。

その後、中断の影響か、憲伸は濱中を歩かせ、金本にレフト前に運ばれる。
初回に先制された場面と同じく二死1、2塁で打者シーツ。
流れからしても、ここでまた打たれるようなことになれば、苦しい展開になるのは明白。
「ここだけは抑えてほしい」そんなドラゴンズファンの願いが通じたのか、
憲伸が投じたカウント2−3からのスローカーブにシーツのバットは空を切る。
憲伸渾身のガッツポーズ!
荒木、ウッズ、憲伸をはじめ、選手、ベンチ、ファン・・・
全ての人から勝つんだという強い気持ちを感じた瞬間だった。

この状態で負けるはずはない。
その裏、ウッズが打った瞬間の一発で勝ち越すと、5回には、英智の値千金の犠牲フライ、
6回には、孝介が高々とライトスタンドへ放り込み試合を決めた。

これぞまさしくチーム一丸。
落合監督就任後、オレ竜と呼ばれたりもするドラゴンズだが、
実のところは“俺が俺が”ではなく、自己犠牲の精神を持ち合わせた素晴らしいチームだと今日の試合を見て改めて感じた。
[PR]

by kuunn_17 | 2006-07-27 22:46 | '06 Dragons 観戦記

<< 竜、後半戦4連勝!! 〜またま... ナゴヤ決戦第二ラウンド 〜気持... >>