2番打者の“違い”で竜、虎に連敗

阪神 2-1 中日(京セラD)

0対0で迎えた5回。
ドラゴンズはノーアウト1塁で2番荒木に対して送りバントのサインを出す。
その荒木は、初球をバント。これが捕邪飛となりワンアウト1塁に…。
つづく井端の場面でもベンチはカウント2−3からランエンドヒットのサインを出す。
しかし、これも高めのボール球に井端のバットが空を切り、結果、最悪の三振併殺に…。

一方、6回、タイロン・ウッズのHRで1点を先制されたタイガースはその裏、
二死のノーチャンスから2番赤星がサードへ絶妙のセフティーバントを決めると、
そこから濱中、金本の連続タイムリーで2−1と逆転。

阪神を上回る10安打を放ちながら、ウッズのHRによる1得点だけと、
あと1本が出ていれば勝てたとも思える試合ではあったが、
送りバントも出来ない打者を2番に据えなければならないドラゴンズ
自分が出塁すれば試合が動くことを“考えられる”打者を2番に据えたタイガース
この差が今日の試合では全てだったような気がする。

とくかく連敗をしてしまいゲーム差は1になった。
まだまだ慌てる時期ではないが3タテは阻止しなければならない。

明日はどんなことがあっても絶対に勝て!



今日は天気も良かったので(って死にそうな暑さでしたが…笑・・・えないほど)
ナゴヤ球場で行われた、中日vsサーパスを観に行ってきました。

「貧打戦なんだろうなぁ」
などと、試合前は思っていましたが、
蓋を開ければ、打つわ打つわで打線大爆発の9得点。

なかでも、今日が誕生日の森岡が1番で出場し頑張ってました。
e0022461_21403296.jpg

モンチッチ、誕生日おめでとう♪♪
「上は1番セカンドが空いとるぞ」
と、おじちゃんが野次ってましたが、森岡もそのつもりで頑張れよ〜!

そして・・・
e0022461_21425813.jpg

岡ちゃんが9回のマウンドに(^^;
こげなとこで、なにやってんだって感じですが、
ナゴヤ球場ではドームと違って「ピッチャー岡本」とコールされた時に歓声でしたよ(笑)

気づいたら100枚以上も写真を撮ってましたので、
また暇を見つけてはupしますね♪
[PR]

by kuunn_17 | 2006-07-15 21:50 | '06 Dragons 観戦記

<< チームを救った中田と谷繁 どうした憲伸 〜大阪夏の陣第一... >>