憲伸、西武にリベンジ!! やっぱサッカーよりも野球でしょ☆

西武 1-2 中日(インボイス)

前回(5/23)と同じ、ドラゴンズ・川上憲伸、ライオンズ・涌井秀章で始まった今日の試合。
前回は初回に憲伸が失点し、涌井は満塁のピンチを抑えたが、今日は違った。
先攻めのドラゴンズは初回、2試合連続で1番起用の森野が、涌井が投じた1-3からのストレートをレフトスタンドへ運ぶ先頭打者HRで流れを呼び込むと、憲伸はそのウラを三者凡退に退ける。
3回にはアレックスのタイムリーで2点差となり、7回にカブレラにHRを浴びた為、アレックスの一打が決勝点とはなったものの、初回の攻防で試合は決まったと言っても言い過ぎではないだろう。

今日の憲伸は自分でも「あまり腕が振れていなかった」と言うように、見ていても調子がいいとは思えなかった。しかし、それでも8回を1失点に抑える好投。
去年までは一発を打たれると、つい力が入りその後も痛打されていたが、今年は「打たれて当然な球」というように、自分の中で冷静に分析する力をつけた。
ここに今年のNew 憲伸が見える気がする。

本人は20勝は考えてないというけれど、今年はその20勝を狙えるチャンスだと思う。
考えなくても出来るのが一番いいとは思うが、残り少なくなって考えるよりも、いまから考えてカウントダウンをしていってはどうだろう。
ファンにとっても西本氏から出ていないドラゴンズの20勝投手は見てみたい。
日本一と20勝・・・
今年の憲伸を見ていると、その夢を全て叶えてくれそうな気がする。


e0022461_21201067.gif「前回の借りを返したいと思っていました。投手戦で良い試合になって良かったです。先制点を取ってもらったのでその点を守っていこうと思って投げていました。丁寧に投げて試合を作ることができたと思います。西武の強力打線を8回まで1点に抑えることができてホッとしています。初戦を良い形で勝つことができて自分の役割を果たせたと思います。関東でこれだけ多くのファンの方から声援をいただいてとても励みになります。明日からも良い試合をしたいと思いますので応援よろしくお願いします。今日はありがとうございました!」(スコアボード

e0022461_21212436.gif「次の1点が遠かったな。憲伸の時は、3点しか取れないな。3点取ったら、いけると思ったけどな。ロッテ戦よりは悪かった。このゲームがどれだけ大事かを、川上は知っている。悪いなりに投げてくれた。」 (CBC Exciting Stadium


しかし、今日、球審を務めた白井さんのコールは気合いが入っとったね(笑)
けどよーストライクのコールが言いたいからって、アレックスの第一打席のクソボールをストライク言ったらかんわ~(-゛-;)~

[PR]

by kuunn_17 | 2006-06-13 21:24 | '06 Dragons 観戦記

<< 孝介1000安打達成!! W杯初戦、日本逆転負け >>