小笠原、2年ぶりの勝利はプロ初完投勝利!!

ソフトバンク 1-9 中日(ヤフーD)

ソフトバンクに勝ち越し!
いいがね がんばりゃ〜 ドラゴンズ
燃えてこまい ドラゴンズ!!
   (燃えドラ、名古屋弁バージョン)

「これからは3、4、5番に打ってもらわないと。今日から出発だ。」
昨夜の試合後、こう語った落合監督。
「荒木が戻ってこれば」そう言い、怪我でも一軍に帯同させ復帰を待ったが、
13日ぶりのスタメンとなった26日の試合で再発。登録抹消。
「これからはクリーンアップが打ってくれないと苦しい」
という意味も、先のコメントには含まれていたように感じる。
その新たなる戦いの初戦に監督の願い通り、
3番孝介、4番ウッズ、5番アレックスの3人で
13打数7安打7打点と、荒木不在の不安を晴らす見事な活躍だった。

一方、ドラゴンズ先発小笠原も、相手のミスに助けられながらも、
初回に1点を失った以外は低めを突く丁寧なピッチング。
とくに1−3、2点リードで迎えた6回裏、
ニ死1、2塁打者松中とHRを打たれれば逆転されるという場面で、
松中に自分のバッティングをさせず、遊ゴロに打ち取った投球は見事だった。
これで前回のロッテ戦と合わせて2試合連続の好投。
前回は3盗、今回は初回、川崎を出した後、見事なセットからの投球をしながら、
松中を迎えた場面で、気持ちが松中だけに向けられてしまい、
川崎に盗塁を許してしまったのはこれからの課題だが、
9回143球を投げ9奪三振1失点という内容には、小笠原も大きな自信になっただろう。

中田という軸を欠き、不安な面もあった投手陣。
しかし、健太、小笠原といった、いままで期待ばかりでなかなか結果を残せなかった選手が、
ここにきて自分の投球ができるようになったことは大きな収穫だ。
まだまだ不安を完全に払拭することはできないが、これからも頑張ってもらいたいと思う。

ソフトバンクに勝ち越し、これで交流戦成績も9勝9敗と5分に戻した。
来週は前回3連勝したオリックス戦、2勝1敗と勝ち越した楽天戦と続く。
今度はアウェーでの戦いとはなるが、このちょーしでがんばってこみゃ〜か!!

しかし、ナイトゲーム→デーゲーム(しかもナゴドにはないpm1:00開始)って…。
昨日も夜中3時過ぎまで祝杯。起きたらもう試合開始だったがね...(;´Д`A ```

コメント、TBをして下さったみなさん
お伺いすることが出来ずスミマセンでしたm(_ _"m)ペコリ


e0022461_1781855.gif「(プロ初完投について)初めてのことなので最後まで気を抜かずにしっかりと投げようと思いました。最初はゲームを作ることができればと思って粘り強く投げました。ランナーをためないように低めにコントロールすることを心がけていました。特に今日はカーブが良かったと思います。これからも期待に応えられるように良いピッチングを一つ一つ積み重ねていきたいです。ありがとうございました!」(スコアボード
「未知の世界だったので、最後まで気を抜かずに投げようと思った」(日刊スポーツ




孝介、ウッズ、アレックスのクリーンアップ、完投の小笠原が目立つ試合だったが、
1安打を含む3出塁の渡邉、しっかりと送りバントを決めたODA英智の存在は大きかった。
ODA、英智はノーヒットながら、送ったランナーは全て還っているし、
渡邉に至っては、3出塁全てが得点に絡んでいる。(1打点、2得点)

主役が見事な働きをする一方で、脇を固めた選手達もきっちり仕事をこなす。
荒木を失った今、選手が一丸となり皆で掛かっていくことが最も重要。
それが、最初の試合でできたことは、今後の戦いにもいい影響を及ぼすだろう。
渡邉、ODA、英智の見事な活躍に天晴れ!!!!(by 大沢親分)

e0022461_17461782.gif「ストレート。ODA(小田)がいいバントをしたので何とかランナーを還したかった。」


プロ野球の公示(28日)
【出場選手登録】
▽中日 上田佳範外野手

【同抹消】
▽中日 荒木雅博内野手
[PR]

by kuunn_17 | 2006-05-28 17:09 | '06 Dragons 観戦記

<< 交流戦前半を振り返る きばった! 孝介3安打4打点 >>