竜、先制するも逆転負け 対ロッテ3連敗

ロッテ 3-2 中日(千葉)
今日は不振の立浪に代え、2番に英智を、4番・DHにはウッズ、6番にはファーストで光信を入れ、打線の奮起をうながす起用。
その初回、ロッテ先発、渡辺俊介の立ち上がりを攻め、英智のヒットを足掛かりに、ウッズ、アレックスの連続タイムリーで2点を先制するも、その後、立ち直った渡辺俊介に、8回までを散発の3安打と抑え込まれてしまう。
一方、中日、先発・小笠原は、味方のマズイ守備に翻弄されながらも、犠飛(3本)だけによる3失点と粘りの投球は見せていたが、味方の援護なく敗戦投手になってしまった。

ここ3試合を見ると、味方の投手が頑張るも、ロッテ投手陣を打ち崩せず3連敗。
誰もが打てないため、誰が悪いとは言い切れないが、何度も言うように森野を最後まで使い続けてしまったことが最大の愚策だと感じる。
今日の試合でも9回一死3塁で、勝負をするなら立浪なり、渡邉なりを代打として出すべきだろう。
落合監督は今日の第一打席、第三打席を見て決めたのかもしれない。
しかし、いい当りをしながらヒットにならなかったのには、右手をかばって振り切れていないからだというのは監督にもわかっているはず。
「セカンドを守れる人がいないから」などという言い訳は聞きたくない。
最悪、渡邉でも川相でも今の森野くらいの守備ならできるだろう。
先のオリックス戦で「この状態では先発で使えない」と言っておきながら使ってしまい連敗をしたツケは大き過ぎるほど大きかったような気がする。

◇落合監督
「要は自滅ってやつ。ミスした方が負ける」
「まあ日本シリーズじゃなきゃもうこの球場には来ないんだし、
 それまでに何とかしておくよ」(スポーツナビ

◇福留孝介
(4回、里崎の打球を捕球できなかったことについて)
「あんなのはおれのミス。あれをヒットにしたら投手に悪い」(スポーツナビ)



昨日は怠慢なプレーをして、敗因の一翼を担ってしまった谷繁だが、今日はさすがだと思わせる眼力を見せてくれた。
それは4回裏、この回先頭の福浦を、小笠原が歩かせてしまった場面だ。
このとき谷繁は3塁ベンチを見て、「ダメだ」みたいな感じで首を横に振っている。
これが何を意味するのか。
去年は岡本が登板しているときに、よくあった光景なのだが、推理するに、ボールを受けていて「キテいない」「キレていない」ときに出す、ベンチへのサインではないだろうか。
それとも「そろそろ中継ぎの準備が必要」ということなのかもしれない。
その証拠に、ここからの小笠原はボール先行の厳しい投球となり、最小失点で抑える粘りの投球は見せるも、4回、5回、6回と立続けに失点をしている。

投手の状態は受けている捕手が一番よくわかる。
その谷繁が首を横に振った以上、DHが使えるパ主催試合では、打順、球数、点差など関係なく、少なくとも同点にされた時点で交代させてもよかったかもしれない。
それで試合が勝てたかどうかはわからない。
しかし、これも打線の組み替え同様、采配ミスだと僕は感じた。

でも今日の試合中(ロッテ初回の攻撃)ベンチの横にある段差に座って、
マリサポの応援に合わせ足でリズムを取る、たっつんの姿に思わず笑えたw
スタメン外れて落ち込んでるかと思ったけど、やっぱり外の試合は気持ちいいよね♪

代打で登場してガツンとやってくれればもっと嬉しかったんだけどな…。
[PR]

by kuunn_17 | 2006-05-21 16:31 | '06 Dragons 観戦記

<< 絶対に負けられない戦い データを見て思い切った采配を >>