野球に勝って勝負で負けたドラゴンズ

ロッテ 2x-1 中日(千葉)
中日・山本昌、ロッテ・小林広之
ふたりとも自分の持ち味を発揮した素晴らしい投球だった。
ドラゴンズ側からすれば、負けたことは残念だが、
9回に同点に追い付き、相手の守護神・小林雅を引きずりだしたのは立派だった。

唯一、悔いが残るとするならば、6回表、一死、3塁、
この試合、最初のチャンスで1番・井端、2番・立浪が、
ともに初球を叩き、平凡なフライを打ち上げたところだが、
これも小林広のフォークに引っ掛からないように、高めに目付けをした結果。
逆を言えば、高めを外野フライすら打たせなかった小林を誉めたいと思う。
とにかく、今日はマサさん、小林広の素晴らしい投手戦が見れた。

最後に敗れたのも、9回裏、無死、1塁(走者・西岡)打者・今江の初球。
ドラゴンズバッテリーはスチール、エンドランを警戒して1球外したところ、
1塁ランナーの西岡がサインミスを犯した結果がサヨナラをよんだだけのこと。
仮にこれが、エンドランのサイン通り西岡が走っていれば、
2塁でアウトとなりドラゴンズは流れを掴んでいたと思う。

連勝がストップし、連続無失点、連続完封記録が途絶えたからって悲観することはない。
きっちり送りバントも決め、野球という面では負けてなかった。
逆にプレッシャーからやっと逃れられたと思って、気持ちを切り替え、明日の試合を挑んでもらいたい。



この敗戦を悲観することはないが、
2番・DH 立浪、7番・サード 森野で挑んだ起用はどうなのだろう。
相手が、フォークを多投する小林広之ということを考えれば、
森野を起用する意図が僕にはよくわからない。
なぜなら森野はハイボールヒッターで低めの変化球に弱いバッターだからだ。
それに加えて昨日のウエスタン戦でも5の0と病み上がりからか本調子ではない。

一方の立浪も去年の交流戦ではDHで全く結果を残せなかったことを思えば、
使うならサードで、使わないのなら外した方がいいとさえ思う。
2番打者としては、野球を知っている立浪ならばこなすと思うからいいのだが…。

明日がどのような打順になるのかはわからないが、
僕的にはやはり光信をDHで使うのがいいと思う。
今日はチャンスで三振と結果は残せなかったが、
三振前のフォークも上手くファールにしていたし状態は悪くないはず。
代打の層が薄くなるのは痛いが、それも荒木を下に落とさない以上は仕方のないこと。
まずは、基本に戻って、調子の良い選手を使ってもらいたい。
[PR]

by kuunn_17 | 2006-05-19 21:40 | '06 Dragons 観戦記

<< 嗚呼 貧打竜、4安打完封負け 佐藤充、彩花ちゃんに捧げる今季初勝利 >>