無失点、7得点。竜、投打が噛み合い4連勝!!

中日 7-0 オリックス(ナゴヤ)
中日は初回、相手の拙攻で流れを掴むと、孝介ウッズのタイムリーで2点を先制。
その後、両チームともランナーは出すものの点が入らない中、5回に一死1、2塁から、ウッズがバックスクリーン最前部へ運ぶ3ランHRで3点を取り勝負あり。
ウッズは7回にも孝介を一塁に置き、右中間最深部へ突き刺さる二打席連続HRが2ランとなり、4打数3安打(2HR)6打点と大爆発!!

投げては、先発・マルティネスが、8回を被安打8、4四球、6奪三振、無失点の怪投劇。
ランナーは出すも、落ち着いて投げれたことがこの結果に繋がった。
9回は、今季初登板の小笠原が3人で締め、無失点を守った。

今日のポイントは初回、オリックスの攻撃。
一死から立浪が追い付きながらもサード線を破られるマズイ守備があったが、1、2塁となってから、中村紀の打球がサードへのハーフライナーとなり、2塁走者、大西が飛び出して併殺となったことが、勝負の分かれ目になったように思う。

しかし、孝介とウッズは今や打ち出の小槌状態。
ふたり合わせて6打数5安打7打点の荒稼ぎ。
オリックスにとっては、どうにも止まらないー♪ といったところだろうか。
明日もこのふたりの前に、いかにランナーを出せるかが勝負だと思う。

◇T・ウッズ
「とても気分が良いです。常に前向きな気持ちでプレーしたことが良い結果につながったと思います。1本目はストレートでバットの先でしたがよく飛んでくれました。2本目はカーブでしたがバットの良い所に当たってくれて良かったです。この勝利はピッチャーの活躍があったからだと思います。彼らのすばらしいピッチングがバッターに良いリズムを与えてくれました。これからも今日のような試合を続けていきたいと思います。」(スコアボード

◇マルティネス
「今日はコントロール重視でチームの勝利を最優先に考えて投げました。ピンチもありましたが何とか切り抜けることができたと思います。打撃陣、特にウッズ選手には助けてもらいました。昨日の川上投手の後で自分も良いピッチングができてチームに貢献できたと思います。これからもこの調子でがんばります。」(スコアボード)

◇落合監督
「ピッチャーが0点で抑えて、打つべき人が打てば何も言うことはない。」(スコアボード)



6回、ドラゴンズの攻撃。
この回、先頭の谷繁が四球で出塁、ネクストサークルには8番・森岡
5点差、森岡の次ぎは投手のマルティネス。
定石ならば、マルティネスに代打を送らない限り送りバントはない。
しかし、ベンチのサインは送りバント。
ここにベンチが考える森岡への将来的な構想が見える。

荒木が怪我で出場できず、3試合連続、8番セカンドでの先発出場となった森岡。
ファームでは主に3番を打っていた。しかし、一軍では8番で起用されている。
将来的に見ても、森岡は3番というより1、2番、もしくは7、8番で起用されると思う。
そこで大事になってくるのが、送りバントを含めた小技だ。
1、2番は言わずもがな、8番もバントが要求されることは少なくない。

見る側にとっては、点差がある場面での『たかがバント』だが、森岡にとっては『大きなバント』だ。
この大きなバント、6回はベンチの采配に応えることができなかったが、7点差で迎えた8回には、同じく無死1塁から、しっかりと決めた。

森岡にとっては今が最初にして最大のチャンス
荒木が戻ったら、また控えに回る可能性の方が高いのだが、森岡がバントもできて守備もソツなくこなせるようになれば、一軍定着、果てにはレギュラーとなる道も開けてくる。
今日決めたバント、決められなかったバントを忘れることなく、これからも守備に、打撃に、走塁に、バントにと頑張っていってもらいたい。
[PR]

by kuunn_17 | 2006-05-17 21:47 | '06 Dragons 観戦記

<< 佐藤充、彩花ちゃんに捧げる今季初勝利 快投、憲伸。無四球完封!! >>