ブラックサンデー

広島 5-3 中日(広島)
中日は2回、アレックスの2ランで先制するも、5回に先発・ドミンゴ自らのエラーで失点すると、代打・末永、嶋、前田にタイムリーを浴び、5点を失い逆転負け。

8週続く6連戦の第ニ週目。
チームの勝敗は4勝2敗で貯金が2とまずまずの成績だったが、火〜木の横浜戦で3タテしたことを考えれば、広島に勝ち越して5勝1敗で終えてほしかった気がする。
そういう意味では、今日の負けもそうだが、5日のような絶対に勝たなければいけない試合を落としてしまったことが悔やまれる。

しかし、日曜日はなぜこんなに負けが多いのか・・・
ここまでの星取りをみてみると○●●●●●の1勝5敗
チーム成績が16勝10敗だから、実に負け数の半分が日曜日ということになる。

その5敗の内訳は、
対広島(1勝2敗)対巨人(2敗)対ヤクルト(1敗)
ドミンゴ1勝2敗、マルティネス1敗、山本昌1敗、中田1敗
と、なっている。
しかも驚くことに、得点が15に対して失点が48あるということだ。
これもチーム総失点が121だから2.5分の1を日曜日に失っていることになる。

これだけをみれば日曜日に負けて当然となるわけだが、ここで注目したいのは負け試合の全てが当日の先発投手についている点だ。
その中で5回の責任投球回数を達したのは、4/2 ドミンゴ、4/16 マルティネス、4/23 山本昌の3度だけ。
しかし、この3度とも5回終了時点でチームは負けている状態となっている。

こうしていろんな角度からみてみると、日曜日に勝てない原因は先発投手陣にあるように思う。
たしかに相手が調子の良かった巨人、慣れない地方球場での試合ということがこの結果になったのかもしれないが、いくら逆転のドラゴンズといえども、次の日が月曜日で試合がないため、好いピッチャーをどんどんつぎ込める日曜日の試合ではなかなか点が取れるものではない。
だからこそ逆にドラゴンズは先発が踏ん張り、味方の援護を待って、それを中継ぎ陣が守り切るという野球をやってもらいたいと思う。

さあ、来週からはいようよ交流戦が始まる。
去年のようなことになるとは思えないが、一度あることは二度あるとも限らないので、現状に満足せず胄の緒をしっかりと締めて戦ってもらいたい。
そして、これからも6連戦が続き日曜日にも試合はあるので、ブラックサンデーではなくビューティフルハッピーサンデーになるよう頑張ってもらいたいと思う。


◇落合監督
「ドミンゴはこんなもんじゃないか。(5回途中でマウンドを降りたが)あれくらい投げられれば十分だよ。ランナーを出してからの悪い癖も修正できていたと思う。あと1、2回1軍で投げれば大丈夫だろう。1軍で投げるスタミナと2軍で投げるスタミナは違うんだから。」(CBC Exciting Stadium

◇ドミンゴ
「立ち上がりはよかったが、自分のミスで…」(日刊スポーツ



今日は途中までJ SPORTSで観ていたのですが、
電波障害?が起こったためチャンネルをテレビ愛知に切り替えたところ、
キーワードに答えて『岩瀬のサイン入りグラブが当てよう』なるものをやっていました。

キーワードはふたつあるらしく、
2番目のキーワードが『竜』というのは僕が観てから発表したのですが、
ひとつめのキーワードの発表時間は先にも書いたようにJ SPORTSを観ていたのでわかりません。
当たるはずもないことは承知しておりますが、心優しい方が見えましたらどうぞ教えて下さいm(_ _"m)ペコリ
[PR]

by kuunn_17 | 2006-05-07 18:17 | '06 Dragons 観戦記

<< いよいよ明日、交流戦開幕 最強2番へ、ここが井端の正念場 >>