まさにマサ様々!

巨人 1ー5 中日(東京ドーム)
相手のミスで先制、中軸の連打で中押し、アレックスのホームランでダメ押しと、理想的な点の取り方で、対巨人戦の連敗を3で止めたドラゴンズ。
なかでも同点に追いつかれた直後の5回表、先頭の荒木が選んだフォアボールが試合を決めたといってもいいだろう。
9回にまた送球の不安定さを露呈した荒木だが、打っては2安打2四球と1番打者の役目をきっちりと果たし、調子を上げてきている。
2番、井端の状態はいまだどん底に近い状態だが、3番、孝介はいい状態を保っているので、荒木は井端を助ける意味でも今日のような活躍をしてほしいと思う。

投げてはベテランの山本昌が持ち味の打たせて取る投球で、今季2勝を挙げた。試合前は相手が成長著しい内海だったので、少し厳しいかとも思ったが、見事投げ勝ってくれた。
左の先発がちょっと頼りなかっただけに、今日の好投は素直に嬉しい。

明日は佐藤充が登録即先発しそう。
2軍では抜群の安定感を見せていたらしいので、期待して観たいと思う。
[PR]

by kuunn_17 | 2006-04-29 21:56 | '06 Dragons 観戦記

<< 惨敗の中で見えた課題を克服しろ。 Miss.ドラゴンズにバッテリ... >>