『スモール・ベースボール』と2番打者

WBCアジア予選を2勝1敗の2位という成績で二次リーグに駒を進めることとなった王JAPAN。全勝、1位通過とはいかなかったが、まだ予選、中国、台湾に勝ったことにより最大の目標である2次リーグ進出を決めているのだから、韓国に負けたことにショックを覚える必要はないと思う。

ただひとつ、昨日の負けを観て感じたことがある。
それは7回裏、先頭のイチローが死球で出塁し、西岡を迎えた場面だ。

点差は1点(2-1)、回は7回ということを考えれば、確実にバントでランナーを進めたいところ。西岡の打席を見ていてもバントのサインが出ていたと思われる。しかし、西岡はニ度バントを試みニ度とも失敗し、三振という最悪の結果に…。TV、新聞では4回裏、二死満塁時における韓国・李晋英外野手の素晴らしい守備が韓国の勝因と取り上げているが、韓国の勝因はともかく、日本の最大の敗因は先に書いた西岡の送りバント失敗にあると僕は思う。

送りバントを失敗したことが敗因とはいっても、失敗した西岡が悪いといっているわけではない。なぜなら、西岡が去年、成功した犠打数は「6」…。マリーンズの試合を常に観ているわけではないので実際がどうなのかはわからないが、この決して多くはない犠打数を見る限り、バントが上手い下手よりも送りバント自体を試みるケースが少なかったのではないだろうか。要は常日頃、実戦でバントをしてなきゃ、いざという時にできるはずがないということだ。じゃあ、何がいけなかったか…。それは昨年の犠打数「6」という選手を2番に起用した点だと僕は思っている。
 
時が遡るが、一昨年のアテネ五輪を思い起こしてほしい。金メダル候補と言われながらも、走れない、送れないメンバーを集め、その結果、金どころか銀メダルを手にすることもできないという散々な結果に終わった。(あのメンバーでは当然の結果とも言えるが…。)
その反省のもとに今回のメンバー構成となったわけだが、足が速く、スイッチヒッターで、2番に適応能力があると思われた西岡を起用しても、結果的には中国戦、台湾戦では2番目の打者の役目は果たしたが、アテネ同様『ここぞ』という時にきっちりと送るという2番打者の役割を果たすことは出来なかった。

『スモール・ベースボール』 最近話題にのぼることが多いこの言葉。今までほとんど使われることがなかった為に新しいことのように思われるが、別段、新しいことでもなんでもなく、ドラゴンズファンなら馴染みのある『燃えよドラゴンズ』の歌詞にもある「1番 ○○塁に出て 2番○○送りバント」もそうだし、星野監督時に徹底された「先を狙う走塁」もその一例だ。と、いうように我等のドラゴンズは昔からこのスモール・ベースボールを掲げて戦ってきた。

そのスモール・ベースボールの先駆者でもあるドラゴンズのファンから見れば、王JAPAN 野球は昨日のことでもわかるように決してスモール・ベースボールを掲げているとは思えない。
本当にスモール・ベースボールを目指すというのであれば、2番は西岡ではなく、昨年犠打数「22」の川崎(ソフトバンク)だと思うし、西岡をどうしても2番で使うというのであれば、あの場面は宮本(ヤクルト、昨年の犠打数「22」)を代打で起用するという選択肢もあったはずだ。

中国、台湾のように格下が相手ならば細かいことをしなくても勝つだけの力を日本は十分に持っていると思う。しかし、ニ次予選にもなってくれば、アメリカやメキシコなど投手力があるチームとの対戦となるわけで、打てなくても点を取らなければいけない状況が多分に出てくると予想される。その時にどうするのか…。アテネ、昨日の韓国戦での敗戦を悔しいという感情だけでなく、次の収穫にしてもらいたいと思う昨日の試合だった。

そして、2番打者をどうするのかという問題は王JAPANに限ったことではなく、我等がドラゴンズにもいえることだ。
今の所、新人・藤井の2番適正を試している状態だが、昨日のスカイマークで行われたオリックス戦ではエンドラン時に空振りをし(結果、一塁ランナー・荒木が盗塁死)、4日の横浜戦ではバントを失敗している。テスト段階ということで、まだ断言とまではいかないものの、将来的なことは別にして今の段階では『2番 藤井』構想は上手くいかない気がしてならない。それよりも日本一の2番打者である井端の後を誰に打たせるかを考えた方がいいように僕は思うのだが…。
個人的には現時点で3番・孝介、5番・立浪がいいのではないかと感じている。そして、もし立浪が去年同様の調子ならば、その時こそ井端を3番で起用し、2番に藤井入れるというプランでいいのではないだろうか。
落合監督がなにを考えているのかを察することは出来ないが、将来的もしくは有事に備えて藤井をテストしているのであれば、オープン戦という結果が問われない場所でどんどん経験を積めばいいと思う。しかし、藤井には我武者らにというのではなく、2番打者ということを認識しケースバッティングを頭に置きながらやってほしい。

地味だけど勝つ為には欠かせない役割を持つ2番打者。ここを誰が打つか・・・。僕には4番を誰が打つかよりも興味があり、考えていて楽しくもある。
『スモール・ベースボール』という言葉と共に、もっと2番打者がクローズアップされれば、もっともっと野球の楽しみが広がるような気がする。



先日、ナヤドラさんより『2006 中日ドラゴンズ選手応援歌』を教えていただいたので掲載させていただきます。(ナヤドラさん、ありがとうございました)

新曲

35 上田

技を競う男の世界 栄光を追い求め
汗と涙で夢語れ 上田この地で

歌詞のみ変更

1 福留
彼方の空を見据え 挑め夢のステージ
飛び出せすべて捧げて 扉の向こうへ

45 森岡
夜空をめがけ放ち 一撃見せろ森岡
高く強くいつまでも 輝き続けろ

9 井上
遥か感激の空へ 大きく唸りを上げて
燃える拳に誓い込め 飛ばせ一樹それ飛ばせ一樹(3/10 修正)

3 立浪
冴える闘志は 会心の一打を呼べ
光るグランドを 駆け抜けろ立浪

※井上選手の応援歌については歌詞が間違っている可能性もあるそうなので、自己責任において確認をして下さい。

いよいよ、もうすぐ開幕♪
新しい応援歌をしっかり覚えて、ドラゴンズを応援しましょう!!
[PR]

by kuunn_17 | 2006-03-06 15:31 | 中日ドラゴンズ

<< 日本準決勝進出!! オープン戦、本格スタート! >>