落合竜 公約通りの7連勝!

7/20 中日−広島(ナゴヤ)
広島|000|000|000|0
中日|000|130|00x|4

広島:●大竹(6勝7敗)永川、横山−石原、倉
中日:○川上(9勝3敗)山本昌、岡本、高橋聡、S 岩瀬(1勝1敗25セ)−谷繁

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

普通にやってくれれば勝てるの意味
開幕前から落合監督は上の言葉を報道陣に対して繰り返し言っていた。
それを証明するかのような象徴的なシーンが昨日の試合にもあった。
4回裏ドラゴンズの攻撃
一死後アレックスの中越え二塁打の後、前日のリプレイを見るかのような牽制悪送球。
続く谷繁に、きっちりとライトへ犠牲フライを打たれ先制されてしまう。
たしかにあの場面、アレックスのリードが大きかったのだが、サインプレーでもないのに(木村拓のセカンドへの入りの遅れを見るからにサインではないと思う)牽制する意味がわからない。仮にするとしても偽投で十分だろう。
5回表広島の攻撃
先頭の前田が打ったファーストゴロ・・・ウッズが捕球し憲伸へトスをする。
しかし、憲伸のベースカバーが遅れたことにより間一髪のセーフ。(記録は内野安打)
続く野村のプッシュバントに、ウッズまでが飛び出してしまい一塁がら空き。
荒木が捕球したところでなんともならず、これまた内野安打。
無死一二塁、続く木村拓の送りバントを捕球したウッズはサードで刺せるタイミングにも関わらず無難に一塁へ送球・・・
中日のミス三連発で一死二三塁...形勢は広島に大きく傾いている。
落合監督が言う普通の事を普通に…を広島ができれば1点や2点簡単に入ると思った。
しかし、続くバッター石原の場面で信じられないプレーが飛び出す。
この時、中日の内野守備体形はファースト、サード以外は定位置「一点はやむを得ない」という守備体形。石原の次はピッチャーの打席という事もあり、広島のベンチは「ゴロ、ゴー」のサインを出していたはず…。
その石原の打球は記録上はサードゴロだが、ハーフライナーでのものだった。
サードランナーの前田は当然スタートをするのが遅れる。
これはハーフライナーであった為致し方ないと思うのだが、その後がまずかった。
このように判断が難しい打球の場合「自重する」というのが常識。
昨日の場合はハーフライナーであった以上、走るのを自重する必要があった。
しかし、前田はバウンドしたのを確認すると本塁へスタート。
立浪も落ち着いてボールを処理し、素早く谷繁へ送球した。
あとは、みなさんご存じの通り谷繁が素早く前田を三塁に追い詰めタッチをした後、セカンドへ転送して併殺を完成させた。
広島の弱さと中日の強さ
相手がくれたチャンスをモノにした中日と潰してしまう広島。
犠打、犠飛、走塁、守備・・・どれを採っても中日が広島を上回っている。
落合監督就任からキャンプでは基本を徹底的に鍛え、どのチームよりも練習した中日。
この根底がある限りこれからも広島に負ける事はないだろう。
そんな事を感じたこの広島3連戦だった。。。

前半戦を終えて…
公約通り7連勝で前半を締めくくったドラゴンズ。
48勝39敗の貯金9。。。
最大8ゲームあった阪神とのゲーム差も昨日の試合で5まで縮める事ができた。
阪神側は「前半首位折り返し=優勝確率90%」などと言っているが
今年は交流戦があった為、過去の事など全く関係ないと言ってもいい。
逆に言うと、そんなことを言っている事自体が中日を怖がっているともとれる。
連勝でASブレイクに入る為不安視する声もあるが、
AS後早い段階で勝つ事ができれば、また連勝が続いていく事だろう。
その為にもAS後の初戦26日の横浜戦を必死で勝ちにいってもらいたい。。。

 昨日の試合で一番気になったこと...
孝介のもみあげ 一体どうしちゃったんだろう?(笑)



にほんブログ村 野球ブログへ
でらDra を応援して下さりありがとうございます。
当ブログはランキングに参加してます。
管理人の頑張る意欲にもなりますので、投票していただければ嬉しく思います。


[PR]

by kuunn_17 | 2005-07-21 15:49 | '05 Dragons 観戦記

<< アメニモマケズ やったぜマル! 今季初6連勝♪ >>