岡本劇場ならぬ朝倉劇場(笑)


7/17 中日−ヤクルト(岐阜)
ヤクルト|010|010|000|2
中  日|011|002|00x|4

ヤクルト:●館山(6勝3敗)山部、吉川、五十嵐−古田
中  日:○朝倉(3勝3敗)岡本、高橋聡、平井、S 岩瀬(1勝1敗21セ)−谷繁


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

e0022461_1116564.jpg以前、ヤフーブログで流行っていた言葉・・・恐怖の岡本劇場...
その言葉を知ってか知らずか、試合後 落合監督が言った
「今日は朝倉劇場だな」に思わず吹き出してしまった。

昨日の朝倉にはその言葉がピッタリ...
ドタバタ不思議な朝倉劇場だった。。。
初回にはヒット3本、死球ひとつで無失点。
二回にも一死1塁3塁から、P 館山のバントが小飛球になり、併殺を取りにいくまではいいのだが、ボールを取り損なったことでパニックに陥り、二塁がまだ間に合うのに一塁へ送球。
しかもとんでもない悪送球...
「主役は俺だ!」と言わんばかりの迷演技で相手に先制点を与える。
これで他の劇団員の演技にも熱が入る。
5回にはアレックス、6回には井上が見事な演技(失策)を披露(笑)

しかし、こんなドタバタ劇の中にキラリと光る名演技もあった。
それは初回のアレックスと孝介、そして谷繁のプレー!
孝介のバックホームはたしかに凄い球が返ってきたのだが、タイミング的には完全なセーフ。
しかし、谷繁は宮本のスライディングを完璧にブロックした。
これがなければ、朝倉劇場も盛り上がりがないまま終わっていたに違いない。
締まらない試合の中での締まったプレー。
こんなプレーが出れば、きっと連勝は続く、そう感じた昨日の試合でもあった。

今日はドーム観戦。
連勝を止めないよう頑張って応援してきます!


 楽しい野球ブログランキングを見てみよう!


[PR]

by kuunn_17 | 2005-07-18 12:07 | '05 Dragons 観戦記

<< 美麗守備連発で大満足のドーム観... マサも続いた! 7回1/3 1失点♪ >>