『間』

ソフトバンク対ロッテ...
昨日は久しぶりにドキドキしながら野球観戦ができました。
負けてもいい試合を見るのも楽しいけれど
やっぱり勝負にこだわる試合の方が緊張感あるわ。うん。

その試合の中で、僕が注目したのは8回表、ロッテの攻撃。
この回先頭の堀選手が中前ヒットで出塁した無死一塁の場面。
バッターは3番福浦
カウント1−0。ここでTV(スカパー)のカメラがバレンタイン監督を抜く。
なにやらサードコーチャーにサインを送っている様子…。
そしてそのサインを受け取った福浦はバントの構え。
ソフトバンクバッテリーは様子を見る為、一塁に一度牽制球。

交流戦では中日対ロッテ、ソフトバンクの試合は全てTVで見たが
それほど詳しくはないので解説の方の言葉を借りると
「今季、送りバントは一度だけの福浦ですから、何をやってくるかはわかりませんね。
しかし、ロッテは『引き分け=負け』と同じなので、ここは確実に送ってくるかもしれません。」

というようなことを言っていた。

牽制後に杉内が投げた球は高めのストレート(だったような)
福浦はバントをしにいきながらもボールと判断。バットを引き判定はボール。

そして、再度TVがバレンタイン監督を映し出す。
サインは前とは違ったもの。。。
「サインは違うけど送りバントかもしれないし、どうなるんだろ…」
そう思って福浦の構えを見ると明らかにさっきとは違うバントの構え。
「こりゃ完全にバスターだわ」僕はそう思った。
そして、牽制をした後、サインがどう変わるのか注目したかった
が、しかし、ソフトバンクバッテリーは牽制をすることなく福浦へ投じる。
結果は・・・。

解説者の方(若菜さんだったかな)も最初に述べたように
結果は「何をやってくるのかわからなかった。」
たぶん、それはソフトバンクバッテリーも予測はしていただろうし
一度牽制球を投げたことでもそれは分る。
しかし、最初は牽制したにもかかわらず、
一度バントの構えを見た後でバントだと決めつけてしまった。
いくら守っているのが城島ではなく的場だったとはいえ
この致命的なミスはどうなのだろう。

『迷ったら止まれ』野球にはこんな格言があったりもする(自分だけかな?//笑)
走塁もそうだし、打席においても、投げる時にでも
疑問を持ったら間を取ってみる事も重要という意味だ。(と思う)

今年の交流戦でいろんなキャッチャーを見たが
この間を取るのが上手いと僕が感じたのは「城島」「古田」「谷繁」の3人。
いわゆる解説者が上手いと評する3人だ。
リード、キャッチング、スローイング。
キャッチャーを評価する時によく使う言葉だが、
昨日のように、時には『間』が試合を決する時もある。

もし、キャッチャーが城島だったのなら・・・
福浦のバスターはなかったのかもしれない


素晴らしい試合だっただけに、ミスで決着が付いてしまったのは残念だった。

※いつも思うけどカメラマンは凄いですね。。
ひょっとしたら解説者よりも野球を知っているのかもしれません(苦笑)

ここでひとつ! 福浦がバントをするかしないかの見分け方。
注目する所は一点。それはバントを構えた時の左足。
バントの時は引き気味、バスターの時は普段の打撃フォームに近いところで構えます。

僕は昨日一度見ただけなので、完全か?と言われれば分りません。
しかし、疑問に思った時は間を取ってみる。
これも重要なことだなと昨日はあらためて感じされられた試合になりました。

さて、今日は斉藤VS清水。
どんな試合になるのか今から楽しみです。
[PR]

by kuunn_17 | 2005-10-13 15:47 | 酔いどれ野球論

<< 『策』 萌え上がれ アレックス >>